Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
袋入り白神こだま酵母
2009年 07月 21日 *
f0013029_628080.jpg50gの箱入りで買っていた白神こだま酵母、どんどん使うので200gの袋入りを買うようになりました。
溶かすときの温度は40℃を超えないように…と思っていましたが、35℃程度でいいらしいです。
ということは、指で確認するときに温かく感じるほどではなく、「ぬるい」「冷たくない」くらいでいいってことね。

どういうときに膨らみが悪いかというのもわかってきました。
チーズやクリーム、あんこなど中に何かを包み込むとうまくいかないみたいです。
一次醗酵→ベンチタイム→平らにのして具を包む、とすると、とたんに生地がへたってしまいます。
タイミングが間違っているのかなあ。どうしたものか。

話変わって、ちょっと調べてみたら冷蔵醗酵や冷凍保存という方法があることがわかったのですが、これは便利!!
今までは粉100g分の生地を毎日調合から始めてパンを焼いていたのですが、冷凍保存できることがわかったので粉300g分の生地を機械で一次醗酵まで済ませ、小分けにして冷凍。あとは焼きたい時間に合わせて冷凍→冷蔵→室温の順に解凍し、普通に焼くだけ。
休日に起きたらパンを焼きたいときも前日に生地を冷蔵庫に移しておけば、調合やこねから始めなくても常温に戻して焼くだけ。
違う種類の生地のパンを同時に焼くこともできるようになりました♪
f0013029_6282559.jpg

[PR]
by pilsnerglass39 | 2009-07-21 06:30 | 料理 | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : http://pilsner.exblog.jp/tb/11567021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。