Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
パーヴォ・ヤルヴィ指揮 シンシナティ交響楽団
2009年 10月 31日 *
パーヴォ・ヤルヴィ氏が振るシンシナティ響のコンサートを聴いてきました。
お目当てはツィマーマン。
彼のピアノを生で聴くのは初めてでちょっと興奮ぎみでしたが、期待を裏切らない素晴らしい演奏でとびきり素敵でした。
CDで音だけ聴いてるのとはちょっとイメージが違って、意外と情熱的でした。
見た目のアクションがちょっと派手な感じだったせいかもしれないけど…。
最初のほうなんか、なんだか酔っ払い!?って感じで。
でも決して悪い意味ではなくて(表現が悪いですよね。すいません)、人一倍のテクニックに心が入っているのが伝わってきて素敵でした。
ヤルヴィ氏の指揮も面白かった。
なんかテンポが独特で、キャンディード序曲やラプソディ・イン・ブルーはノリよくどんどん進む感じ。
でもためるところは目いっぱいためて、無音から次の音に移るところなんかはものすごくメリハリが利いてます。
この人のベートーベンの交響曲などを聴いてみたいものだと思わされました。
今回ツィマーマンはラプソディ・イン・ブルー(とアンコール)だけでしたが、次の機会にはぜひピアノリサイタルに行きたいものです。

ふと、指揮者はパーヴォ君かあ、と思ったら、確か警視庁のマスコットキャラクターもそんな名だったと連想されたので調べてみたら、ピーポくんでした…。

指揮:Paavo Järvi
ピアノ:Krystian Zimerman

バーンスタイン 「キャンディード」序曲
バーンスタイン ディヴェルティメント
ガーシュウィン ラプソディ・イン・ブルー
アンコール:ガーシュウィン 3つの前奏曲より第3番
ドヴォルザーク 交響曲第9番ホ短調op.95「新世界より」
アンコール:ブラームス ハンガリー舞曲代5番
アンコール:シベリウス 悲しみのワルツ
[PR]
by pilsnerglass39 | 2009-10-31 23:20 | 展覧会・演奏会・演劇など | Trackback(3) | Comments(0) *
トラックバックURL : http://pilsner.exblog.jp/tb/12230452
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Tany&wife's .. at 2009-11-01 02:31
タイトル : パーヴォ・ヤルヴィ指揮シンシナティ交響楽団
シンシナティ交響楽団... more
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2009-11-02 03:49
タイトル : ワルターのドヴォルザーク:交響曲第8番・第9番「新世界より」
やはりワルターは19世紀の雰囲気を身につけている。 ... more
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2009-11-05 03:21
タイトル : スメタナSQのドヴォルザーク:「アメリカ」(最新録音盤)
どの音もどの表情も、メンバーの血となり、肉となっている。 ... more