Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
『船弁慶』
2010年 08月 04日 *
能と歌舞伎による『船弁慶』を観てきました。
前半が能、後半が歌舞伎で演じられます。
能は初めてだったこともあって興味深く鑑賞できました。
続けて観るとことさら歌舞伎は派手で、静の能、動の歌舞伎ということが肌で感じられました。
今回はお芝居用の劇場でしたが、能舞台でも観てみたいなあ、能。

司会進行があるとは知らなかったので、まず最初にNHKの葛西さんが登場してびっくり。
第二部の座談会もそつなくまとめてました。
大槻文藏さんと坂東竹三郎さんが並ぶとそれぞれの雰囲気が違いすぎてちょっと面白かった。
能の人はキリッとしていて厳しい空気をまとってますね。
歌舞伎は芸能人って感じ。現代にも応えるエンターテイナーなのです。


第一部

前半 「船弁慶」
源義経:武富晶太郎
静御前:大槻文藏
武蔵坊弁慶:福王和幸
大鼓:山本哲也
小鼓:成田達志
笛:藤田六郎兵衛
地頭:上野雄三

後半 「船弁慶」長唄囃子連中
振付:藤間勘十郎
平知盛:坂東薪車

第二部 鼎談「船弁慶」をめぐる

能:大槻文藏
歌舞伎:坂東竹三郎、坂東薪車
司会:葛西聖司
[PR]
by pilsnerglass39 | 2010-08-04 06:48 | 展覧会・演奏会・演劇など | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : http://pilsner.exblog.jp/tb/14328939
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。