Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
『コジ・ファン・トゥッテ』
2014年 07月 23日 *
久し振りのオペラ鑑賞はモーツァルトの楽しい楽曲。
全般にアンサンブルのバランスも良かったし、フォルディリージのコロラトゥーラは素晴らしかった。
イタリアの工房で製作されたという美しい衣裳にも満足。


指揮:佐渡裕
演出:デヴィッド・ニース

兵庫芸術文化センター管弦楽団
ひょうごプロデュースオペラ合唱団

フィオルディリージ:スザンナ・フィリップス
ドラベッラ:サンドラ・ピケス・エディ
グリエルモ:ジョン・ムーア
フェルランド:チャド・シェルトン
デスピーナ:リュボフ・ペトロヴァ
ドン・アルフォンソ:ロッド・ギルフリー
[PR]
by pilsnerglass39 | 2014-07-23 06:33 | 展覧会・演奏会・演劇など | Trackback(1) | Comments(0) *
トラックバックURL : http://pilsner.exblog.jp/tb/22596122
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from dezire_photo.. at 2014-07-26 23:29
タイトル : 薄命の天才作曲家・ベッリーニの最後の傑作オペラ
ベッリーニ『清教徒』 Vincenzo Bellini.” I puritani”  オペラ『清教徒』は傑作『ノルマ』が完成の4年後、33歳の若さで亡くなったベッリーニの最後の作品です。時代は17世紀英国クロムウェルの清教徒革命の時代での内乱を背景に、国王派の騎士アルトゥーロと議会派の貴族の娘エルヴィラが愛し合います。ベッリーニは自然でショパンやワグナーたちも魅了した美しい旋律が特色ですが、その中でも『清教徒』は高貴で美しい楽想に充ちた作品で、ソプラノが超絶技巧を駆使する「狂乱の場」、テノール...... more