Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
長呂木と昆布巻
2015年 01月 06日 *
f0013029_1819123.jpg
関西に来てから年末になるたびにチョロギの酢漬けを探すんだけど、売ってない。
関西ではチョロギは食べないのかなあ…とすっかり諦めていたところ、クワイを買いに行ったら生のチョロギを発見!
自分で酢漬けにしてみました。


チョロギは汚れていたらよく洗い、傷んだ部分は除く。
5%の塩水に2日漬け、水洗い。
再度5%の塩水に一晩漬け、水洗いした後、2時間水に晒す。
2~3日梅酢に漬ける。


最後に使った梅酢が濃くなったもので塩気が強かったので、うまく漬からなかった。
次回からは色は諦めて酢漬けにするか、別の梅酢を使ってみよう。
f0013029_18191520.jpg
今回は昆布巻にも挑戦しました。


身欠きニシン 3~5本
日高昆布 長さ30cm4~10枚
かんぴょう 30~50g
※細く巻いて長く切るなら昆布2枚で昆布巻3本分くらい。太く巻いて輪切りにするなら昆布1枚で昆布巻1本分
※ニシンの身1本で昆布巻2本分以上の芯になる

昆布の戻し汁 800cc
酒 200cc
酢 大さじ1

醤油 大さじ4
みりん 大さじ3
砂糖 大さじ6

みりん 大さじ2
砂糖 大さじ2

ニシンは米のとぎ汁に1日浸けて戻す。とぎ汁がなければ水に米一握りを加えればよい
とぎ汁ごと10分茹で、エラ・ヒレ・骨など硬い部分を除き、中骨部分で縦半分に裂く
昆布は30分水に浸けて戻す。戻し汁はとっておく
かんぴょうは水洗いし、塩でもんでからさっと茹でる
ニシンを昆布にのせ、昆布の幅に合わせてニシンの長さを切り、ニシンを芯にして昆布をきつく巻く
細く作るなら2巻きくらい。太く作るなら芯1本を昆布1枚で巻く
2~3か所かんぴょうで結ぶ
鍋に並べ、Aを入れて火にかけ、煮立ったら落し蓋をして弱火30分
Bを加え弱火30分
Cを加え10分
煮汁に浸したまま一晩おく


ニシンを下茹でして昆布で巻いて煮るだけでしょ、と手の空いたときに気軽に始めたら、中骨を取り除くのにけっこう時間がかかった…。
そしてふたり暮らしに身欠きニシン5本分の昆布巻は多すぎ。
実家に大量に送りつけました。
ニシンに触るとほかのものに触れないので段取りがちょっと面倒ですが、おいしくできて満足。
[PR]
by pilsnerglass39 | 2015-01-06 18:19 | 料理 | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : http://pilsner.exblog.jp/tb/23521799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。