Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
挽肉と野菜のピリ辛炒め煮
2006年 12月 09日 *
f0013029_205782.jpgいろいろな食べ方ができるおかずです。

作り方は…。いんげん50gは筋を取り、熱湯でさっと茹でて1cm長さに切る。中華鍋(フライパン)に多めの油を熱し、1cm角に切ったなす2本を炒める。なすがしんなりしてきたら片側に寄せ、空いたところでにんにくみじん切り1片と玉葱みじん切り1個を炒める。透き通ってきたらなすと合わせてひと混ぜする。なすと玉葱を片側に寄せ、空いたところに合挽肉200gと7mm角に切ったにんじん1/2本を入れて、肉の色が変わるまで炒める。全体を混ぜ合わせ、小口切りにした赤唐辛子1本、ケチャップ大さじ3、唐辛子ソース(タバスコ)小さじ1、水3/4カップを加え、静かに混ぜながら中火で5くらい煮る。いんげんを加え、塩・胡椒で味を調える。汁気がなくなるまで混ぜながら煮詰める。

材料の分量は適当で大丈夫です。
いんげんをオクラなどで代用してもいいし、ほかにも好きな野菜を入れていいと思います。
唐辛子がなければ一味を振ればいいし、タバスコがなければ酢を少し振ってもいいです。
薄切りのパンにのせて食べるのが簡単で定番ですが、時間に余裕があれば春巻の皮をさっと蒸してサニーレタスを重ねて具を包んで食べるのがおすすめです。
わたしは好まないのですが、御飯のおかずにもなるようです。
[PR]
by pilsnerglass39 | 2006-12-09 20:06 | 料理 | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : http://pilsner.exblog.jp/tb/4009205
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。