Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2017年 12月 04日 ( 1 )
*
*
2017年 12月 04日 *
さすがのウィーン交響楽団。完成度が高い。特にヴァイオリン協奏曲は安定感があって安心して聴いていられました。
よく見ると楽団員の年齢層が比較的高めで、その辺りも演奏に円熟味を感じさせる要因なのかも。
樫本さんのヴァイオリンは、夫は上品だと言ってたけど、わたしはむしろわかりやすいというか受け入れやすい演奏のように思えた。

指揮:フィリップ・ジョルダン
管弦楽:ウィーン交響楽団
ヴァイオリン:樫本大進

メンデルスゾーン:ヴァイオリン協奏曲ホ短調
〈ヴァイオリンアンコール〉バッハ:無伴奏パルティータ第3番より ルール
マーラー:交響曲第1番「巨人」
〈オーケストラアンコール〉シュトラウス:トリッチ・トラッチ・ポルカ
シュトラウス:雷鳴と稲妻
[PR]