Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
カテゴリ:料理( 365 )
*
*
2017年 05月 22日 *
f0013029_07094256.jpg
『北京小麦粉料理』からとりあえず作ってみたいものが3つあり、ガーダスープの次はメンピェン。
薄く伸ばした生地をビリビリと引き裂いてスープに入れる。
これも簡単!おいしい!
本の通りの割合だとスープがしょっぱかったので、味はもっと薄くしよう。というか、どんなスープでもいいと思う。うどん代わりに鍋料理に入れるとかね。
[PR]
2017年 04月 25日 *
f0013029_06053969.jpg
北京小麦粉料理』よりガーダスープ。
今まで作らなかったのが悔やまれるほど簡単。
今回は半量で本に忠実に作りましたが、次からは水を少なめにして具だくさんな汁麺にしよう。
このガーダは細かくてふわふわしたすいとんがとろみのあるスープに入ったものができるので、トマトと卵以外にも応用が利きそう。
この後つみれと葱のスープに入れてみたらおいしかった。
[PR]
2017年 02月 15日 *
f0013029_18251593.jpg
昨シーズン好評だったので再び干柿を製造。
が、今回はちょっぴり難あり。
もむ回数が足りなかったみたいで、年が明けても少し渋が残ってるものがあった。
もむのが重要なんですね。次はしっかりやろう。
[PR]
2017年 01月 14日 *
f0013029_1911115.jpg
バナナブレッドにはいつもクルミを入れるけど、思いついてそれぞれアーモンド、カシューナッツを入れたのと3種類焼いてみた。
アーモンドを丸ごと入れたのは明らかに失敗。
かたいので生地のやわらかさとマッチせず、切り分ける際にも包丁が引っ掛かって本体がつぶれてしまった。
食べていてもアーモンドが唐突な感じ。
カシューナッツは逆にやわらかすぎてやや物足りない。
風味・食感ともにクルミが最適ということがわかりました。
f0013029_1913561.jpg
試しにクルミ、アーモンド、カシューナッツすべてを入れたものも焼いてみた。
アーモンドはスライスを使用。
これはこれで悪くないけど、とにかくクルミが一番だな。
[PR]
2017年 01月 12日 *
f0013029_18103490.jpg
細く切ったじゃがいもと玉葱を、卵と少量の小麦粉でまとめて油で焼くだけ。
なんだけど、うまくいかなくて数回試行錯誤し、ようやくイメージ通りのものが完成。
最初はつなぎが少なすぎるのかと思ったけど、それは関係なくて、芋の種類と切り方が重要みたいです。
メークインのようなツルッとした質のは不向き。ほっくりと煮崩れやすいもので。
切り方は細めに。というか、欧州ではチーズ卸しで削るようなので、ある程度薄さが必要。
なぜかというとタネを作ったとき芋がしんなりしないと、焼いたときにまとまらないから。
味つけは塩のみ。
切った芋に塩して出てきた水分を拭き取ったら、いい具合にしなっとなりました。
[PR]
2016年 11月 14日 *
f0013029_19495695.jpg
前々から試してみたかったことをようやく実行。
チーズのクッキー、チーズナッツボールにたっぷりと黒胡椒を投入。
おいしい!大当たり。
妹にも好評。
[PR]
2016年 11月 12日 *
f0013029_17174093.jpg
夫のリクエストでバナナブレッドを製造。
リクエストは夏だったけど、彼自身が増量してたので「ベスト体重に戻ったらね」ということになり、達成したのでご褒美。
[PR]
2016年 11月 07日 *
f0013029_6123190.jpg
クリームパンを作ったら、まったく違うものができあがった。
これはこれでおいしかったんですけどね。普通のふんわりしたクリームパンではなくてプレッツェルのような焼きピロシキのような生地になってしまった。
メロンパンのときも膨らみが悪いのが気になったのですが、どうやらほとんど膨らまなかったようで。
ちょっとスイートロール生地の研究の必要あり。
[PR]
2016年 10月 26日 *
f0013029_625087.jpg
ここのところずっとメインで使ってるギリシャのオリーブ油。
イスティオンと同じところのだと思うんだけど、ラベルや何かが変わっただけなのか、中身も違うのかはよくわからない。
[PR]
2016年 09月 23日 *
f0013029_11231321.jpg
甘いパンは後回しにしてたのだけど、久々に『おいしい手作りパンの基本』から新しいものを。
メロンパンです。小ぶりだな。
表面の砂糖は好きじゃないのでなしで。
真夏に作業したらクッキー生地がべたべたしがちだった。
気温が低いともう少し楽かも。夏はよく冷やした方がいいな。
あと、網目がはっきりしなかったので、もっと深く切り込んだ方がいいみたい。
[PR]