Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
カテゴリ:縫い物( 29 )
*
*
2017年 03月 17日 *
f0013029_1933476.jpg
起床時に合わせて寝室を温めるために購入したディンプレックスのハイブリッドヒーター、タイマーが壊れてそこだけ交換したりしてたのですが、いつしか使わなくなりました。まあなんとか布団から出られるし。
数年しまいっぱなしになっていて、ぼんやりと処分も考えていたのですが、なんかこの冬はやけに冷える?
寝室がけっこう冷え込むので、就寝前に少しだけ温めよう…と久々にヒーターを引っ張り出しました。
それで気になったのがホコリ除け。
ビニール袋をかぶせていたけれど外側はホコリを寄せつけるので、カバーを縫いました。
台形のマチがうまく収まるか心配だったけど、意外とうまくいった。
使うのはシーズンオフなので、さっそく活用してます。
[PR]
2012年 11月 09日 *
f0013029_19373077.jpg
夫の残業食を包む布。
2枚を交互に使っていて、常々もう少し洗い替えが欲しいと思っていたので、ありあわせの生地でパッチワークしてみました。
パッチワークといってもミシンで縫い合わせただけですが。
[PR]
2012年 11月 07日 *
f0013029_1964459.jpg
トレーニングシューズを入れている袋が傷んできたので、ありあわせの布で作成。
ちゃちゃっと縫ったので、角がきれいに出てないとかあるけど。
紐もありあわせで長さが足りそうなのを使ったら、ちょっと滑りが悪かった。
[PR]
2011年 07月 19日 *
f0013029_19175732.jpg
だいぶ前に改造した母の服
着ないものは処分しましたが、生地が気に入った2枚のスカートはとってありました。
でも着ない。
最近、目に留まってなぜだろうと考えたのですが、どうも丈が半端だよなあ。
なんとなくあまり大きく手を加えたくない気がして控えめに裾上げしたけれど、着ないんじゃ意味ないよ。
というわけで膝上になるようさらに裾上げしてみました。
バランスよくなったので、今度は気に入って穿いてます。
[PR]
2009年 02月 19日 *
f0013029_628060.jpg
ようやくそれぞれ1枚の生地になったものに芯を縫い付けました。
芯と重なる部分はある程度速度を出してミシンをかけられるので、この作業はけっこうすぐに終わりました。
[PR]
2009年 02月 16日 *
f0013029_6231958.jpg
秋に縫い始めたレースのカーテン、決して放置していたわけではありません。
時間を作って少しずつ縫っていますが、材質上一気に縫い進められないのでミシンをかけるだけで時間がかかってしまいます。
ようやくはぎ合わせと左右の端の始末が終わりました。
ほつれやすい生地なのではぎ合わせは袋縫い。
[PR]
2008年 10月 09日 *
レースのカーテンを縫い始めたけど、生地が薄くて押さえを一番弱くしていても縫い目がつれてしまう。
ミシン針を替えるのを忘れていたことに気づいて11号から9号に替えてみたけど、やっぱりだめ。
f0013029_1245050.jpg←そんなときはトレーシングペーパーを重ねて縫います。
ミシンをかけてはピリピリとペーパーを破り取るわけです。
これだと紙がずれないようゆっくり進めざるを得ないのでそれも効果的。
ダーッと勢いよく縫うとますますつれますからね。
f0013029_12451883.jpg上が布だけで縫った縫い目で、下がトレーシングペーパーと一緒に縫った縫い目。→
この画像だと違いがわかりませんね。
むしろ下の方が波打ってるように見えるかも。
でも生地を手に持って縫い目を垂直に垂らすと、やはり布単独で縫った方がひどくつれているのがわかります。
そんなわけで布端と縫い合わせの直線部分にはトレーシングペーパーを採用。
と思ったら薄地用の生成り糸を使いきってしまったので買ってきます。
[PR]
2008年 10月 08日 *
f0013029_11234443.jpgレースのカーテン用資材、ウエイトテープが届きました。
いろいろと探してみましたが、大規模手芸店を回っても扱ってなく、入手できるところがほとんどみつかりませんでした。
手芸店で「適当な手芸用のチェーンで代用したらどうでしょう?」と聞いてみると、錆びが心配と言われました。なるほど。
なんとかみつけたのがあこ・はんず
ほかに東急ハンズでも取り寄せ可能とのことでしたが、送料を入れてもあこ・はんずの方が安価でした。
さて、まずは本体を作らなくては。
[PR]
2008年 10月 07日 *
f0013029_6291876.jpg
居間のレースのカーテンを縫おうと用意した生地。
4年くらい寝かせてしまった…。
念のため再度要尺を確認してみたら、ぎりぎりの長さで切ればもう1室分作れそう。
と思ったのに、布を広げてみると中途半端に裁断し始めてる…。
でもひだの間隔を調整して再計算したところ、うまくもう1室分とれそうです。
とにかく、いい加減完成させなくては。
[PR]
2008年 08月 13日 *
枕は低反発のものにもともとニットのカバーがついていますが、さらにその上に自分で縫ったカバーを二重にかけています。
外側のカバーは比較的新しいですが、内側のが傷んできたので新しく縫うことにしました。
まずは生地探し。
f0013029_7202294.jpg何年も前に縫ったサーキュラースカートからぎりぎり2つ分とれそう。
綾織の綿のプリント生地です。
裏地を取り除いた状態。→
内カバーなので目指す完成形は単なる片側だけ閉じた袋状。
枕の幅より15cmほど長めにして折り返します。
1つだけ生地の面積が足りなくて少し継ぎ足しましたが、折り返し部分なので問題なし。
ベッドリネンは焦げ茶色で統一しているのですが、ベージュにモスグリーンの花柄も似合いそう。
たまにこちらを外側にしようかな。
f0013029_7204534.jpg

[PR]