Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2006年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧
*
*
2006年 03月 30日 *
f0013029_2392054.jpgキャベツのせん切りが大好きです。お醤油だけで食べてもいいし、ドレッシングでもいいですね。ドレッシングはシンプルなビネグレットを常備しています。

作り方は…。ドレッシング容器に、半分に切ったにんにく1片、塩小さじ1、胡椒を入れ、酢を容量の約1/4加えてよく振り、塩を溶かす。容量の3/4までサラダ油を加える。

当然分離するので、かける直前に激しく振ります。油はオリブ油を少し足したり、サラダ油ではないものを使うこともあります。わたしは酸味が強いのが好きなので酢が1/3くらいですが、酸っぱいのが苦手な人は1/4くらいがいいでしょう。容器いっぱいに作ってしまうと振っても混ざらないので、余裕が必要です。にんにくは一度入れたら入れっぱなしで、ドレッシングがなくなるとほかの材料を注ぎ足しています。それを何度か繰り返してにんにくの風味がすっかりなくなったら新しいものにかえています。
ところで、とんかつ屋さんなどで出てくるキャベツのせん切りはたいてい美味しくないですが、どうしてでしょう?機械で切っておいてあるのでしょうか?変に薄くてぱさぱさしていて味も食感も悪いです。自分で切るときは、キャベツ丸のままではなく1枚ずつはがして重ね直してから切った方が美味しくできますね。
[PR]
2006年 03月 29日 *
f0013029_11183332.jpg春色メイクのためにシャドウを買いました。左から、スカイ、クローバー、スノウです。
「薄い色のシャドウは直接つけると色がくすむので、白を塗ってからの方がいいよ」と言われたので白を買いに行き、1色で使えてきれいに発色する薄緑と水色が欲しかったのでこれらも。

昨日水に浮かべた花々、すぐにしゃっきりしました。考えてみたら吸水スポンジのままだと可哀想だったかも。早めに水に移してあげるべきでした。
[PR]
2006年 03月 28日 *
f0013029_7461678.jpg婚礼のお花が傷んできたので、まだ元気なものだけガラスボウルに浮かべました。いただいたときは吸水スポンジにアレンジされた状態でした。
名前がわからないのですが(知りたい!)花びらが6枚ある薄紫の花がとても好きです。いつもは紫の花は好まないのですが、これは凛として可憐な姿に心惹かれます。薄紫で中央が赤紫のもののほかに、1本だけ青みがかった紫で中央が白いものがあります。どれも1本の茎から6本の茎にきれいに分かれて6つの花になっているようです。
ほかはガーベラとスイートピー。スイートピーは除いたものも合わせると、白とピンクと薄紫でした。あと、全部枯れてしまったのですが、細長い葉っぱに細かい白い花がついた野の花のような植物もありました。それと淡いピンクの薔薇の蕾。ボウルに移した緑の葉っぱはなんでしょう?
[PR]
2006年 03月 27日 *
f0013029_23193252.jpg紅茶豚をらーめんに入れました。らーめんはカタログハウスで買った旨口麺々…。終わらせるためにがんばって食べ続け、ようやく最後の1食です。もう買いません。
いつもはほうれん草を入れるのですが、今日はたまたま小松菜です。しなちくが手に入らなくて。あ、もやしがあってもよかったな~。
うちではらーめんに麩を入れるのですが、これって一般的じゃないのでしょうか。彼に指摘されて、確かによそではみたことないな、と。母がいつも入れてたのです。
[PR]
2006年 03月 26日 *
f0013029_20585917.jpg先日コストコで買ったくろぼうです。美味しいけどちょっと甘いなあ。f0013029_2059655.jpgいや、黒砂糖のお菓子ってこんなものでしたっけ?
セールスコピーがちょこっと校正不足です。

昨日のフランクフルタークランツ、なんか以前より小さくなったような…。密かにコスト削減?
[PR]
2006年 03月 25日 *
f0013029_2229498.jpgf0013029_22295531.jpgユーハイムのフランクフルタークランツ。あっさりした甘さで大好きです。ときどき無性に食べたくなります。
一番小さいものならふたりでも食べられるし、多少日持ちもします。量は充分なのに525円とコストパフォーマンスがよいのが素晴らしいですね。
ただしこれ、夏はおすすめできません。なんだか暑苦しくて、美味しく感じられないのです。蒸し暑い日本の夏には向いてないと思います。

ドイツのビール、クルンバッハ・エーデルヘルプです。すっきりしてるけど味があってなかなか美味しい。
[PR]
2006年 03月 24日 *
f0013029_7101073.jpgまだ湯気がほかほか~。ラーメンの具にぴったりです。
作り方は人によって実にさまざまなようですが、わたしがたどりついたやり方は…。豚のかたまり肉約500gを熱湯に入れ、表面がしっかり白くなるまで茹でる。いったん湯を捨て、肉がかぶるくらいの量の湯に紅茶のティーバッグ2つを入れて沸騰させ、肉を入れる。煮立ったら弱火にして20分、上下を返してさらに20分。茹で汁を捨て、鍋に酢25cc、酒50cc、みりん50cc、醤油100ccを合わせる。肉を入れて3分煮て、上下を返してさらに3分煮てから火を止める。粗熱が取れたらビニール袋に肉とたれを移し、空気を抜いてよく浸るようにする。この状態で一晩おく。
好みで赤ワインや砂糖を入れたり、逆に酒・醤油だけですっきりと、という人もいるようですね。たれは繰り返し使えます。わたしが今使っているたれには、唐辛子と梅干を入れてます。酸味はとぶので、繰り返し使うときは酢を加えるといいですね。

**

圧力鍋を手に入れてからは、20分+20分煮るところが加圧して20分で済んでいます。
梅干の酸味はやっぱり合わない気がしてきて、酢に変えています。
味の濃さは最後にたれに浸しておく時間で調整します。
ティーバッグではなく紅茶の茶葉でもできます。あまり飲まないうちに古くなってしまった紅茶があるときは、だしパックに茶葉を入れて煮出しています。
[PR]
2006年 03月 23日 *
f0013029_14212136.jpg何度も言うようですが、種が古いんですよ。
秋、いや初冬にバルコニーの鉢に蒔いた種はいっこうに芽を出しません。冬だったので当然といえば当然なのですが、種が数年前のものなのでもう生きてないのかも…。マグカップに蒔いたのも出てきません。バルコニーの鉢は土が固まってしまったのでほぐして、懲りずに残りの種を蒔いてみました。左からバジル、シソ、パセリ、かすみ草です。バジルとかすみ草は残りわずかだったので全部蒔いてとりあえず袋を挿してあります。実は初冬に蒔いたのはどれがどれか忘れてしまって。もしいっせいに芽が出たら、1つの鉢に2種類ずつになってしまうかもしれません。鉢の直径は25cm余りです。
[PR]
2006年 03月 22日 *
f0013029_2023336.jpg前にも書きましたが、今バルコニーで青々としているブルーエンジェルの隣に去年枯らしてしまったユニペルスウィチタブルーの鉢があります。完全に死んでしまったかわからないので春まで待っていたのですが、彼がゴーヤーを這わせる支えにすることを提案しました。うまくいくかわからないけどやってみます。根元にゴーヤーの種を2粒蒔いて土を足しました。発芽温度は30℃ということで、ビニールで覆って温度を上げたりするようですが、とりあえずほったらかして様子をみます。
f0013029_2024873.jpg
サイズがなくて取り寄せを頼んでいた靴を買ってきました。こげ茶色のパンプスです。愛用していた茶色いパンプスがかなりくたびれてきてしまったのでその後釜です。それと、先日の白いメッシュの靴がとても履き心地がよくて気に入ったので色違いで黒も買いました。ヴァンテーヌに掲載されたため、飛ぶように売れているようですよ。おまけで靴に入れる消臭袋のようなものをもらいました。ハーブの香りがします。
このひと月余りの間に靴を6足も買ってしまいました。さすがにこれで一段落です。とうぶん靴を買うことはないでしょう。…と思いたい。
[PR]
2006年 03月 21日 *
f0013029_2231612.jpg先月観覧券を手に入れてから楽しみにしていたお相撲をみてきました。
まずは体育館の前で上位力士の到着を待つ人々に混じって、岩木山・稀勢の里・玉の島・白露山・露鵬・北桜…と迎えてから中へ。時刻は2時半でちょうど十枚目の土俵入りが始まるところでした。
大相撲を直にみるのは初めてだったのですが、場内の盛り上がりが楽しいですね。特に中入後ともなると力士への掛け声もますます盛んになってきます。観客は予想通り年配の方が多いです。それから、これは予想外だったのですが外国人がとても多いです。すぐ前はドイツ語で会話する白人親子5人で、後ろは白人男女と日本人女性でした。後ろの人達は女性同士が英語で質問したり説明したりしていて、聞いていて面白かったです。「力士の名前はボスの名前の一部を取ってつけるのよ」とか。
今回は土俵からは遠いけど正面から見られる席にしました。すぐ隣にNHKの中継用の解説席が壁で仕切られていて、隙間から中が見えるので気になってときどきのぞいてました。そうそう、遠くから見ていても高見盛はとても面白かったですよ。
f0013029_2232857.jpgこれぞ本物の「幕の内」弁当です。でも味は普通のその辺で売ってるお弁当です。量もあまり入ってないし、これで2500円は高すぎですよねえ。
この頃視力が落ちているうえに疲れ目なのに、一生懸命みていたのでとても目が疲れました。とにかくこれで「一度お相撲をみてみたい」という欲求は満たされたので、わざわざ券を買ってみに行くことは当分ないと思いますが、もしまた機会があれば次はもっと土俵に近い桝席にしたいなあ。

最近ちょっと気になっていたゴディバのショコリキサーを味わいました。なかなか美味しくてさすがです。ビター味のダーク・チョコレート・デカダンスにしましたが、甘~いものが苦手なわたしには甘さ充分でした。ほかの味だと甘すぎるかも。といいつつ、ホワイトチョコとラズベリーが好きなので、ホワイト・チョコレート・ラズベリーも気になっています。ミルク・チョコレート・ラテもコーヒー風味ってところが美味しそうだわ。
[PR]