Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2006年 05月 ( 40 )   > この月の画像一覧
*
*
2006年 05月 31日 *
図書館で予約していた角田光代『対岸の彼女』、順番が回ってきたので借りてきました。126人待ちでも半年はかからなかったわ。みんなさっと読んでさっと返すんですね。よし、わたしも。134人待ちの重松清『その日のまえに』ももうすぐかな?

ほかの人のブログで「図書館の本はネットで予約できるし」という記述を見かけて、便利なところもあるんだなあ、ここは遅れてるなあ、と思っていたのですが、今日久し振りに図書館に行ったら、ネットで予約できるようになってました!

ついでに、この年明けくらいに読んでた本の一部。
内田春菊『いつの日か旅に出よう』『犬の方が嫉妬深い』『あたしのこと憶えてる?』『準備だけはあるのに、旅の』
川上弘美『なんとなくな日々』『あるようなないような』『ニシノユキヒコの恋と冒険』『ゆっくりさよならをとなえる』『古道具 中野商店』
川上弘美選『感じて。息づかいを』…収録作品は、坂口安吾『桜の森の満開の下』、車谷長吉『武蔵丸』、野坂昭如『花のお遍路』、よしもとばなな『とかげ』、伊藤比呂美『山桑』、H.エリスン『少年と犬』、川上弘美『可哀相』、藤枝静男『悲しいだけ』
今回読んだ作品が、というわけではないのですが、内田春菊さんはなんとなく最近痛々しいですね。作品も本人も。周囲の話を聞いていると、昔からのファンがどんどん離れていってる感じがします。
川上弘美作品はシリーズもの(?)や長編もあって楽しめました。
川上さんの選んだ短編集はなんだか懐かしい気持ちになりました。子供の頃に近代文学やSFもよく読んでいたので、『桜の森の満開の下』の昔話風の語り口や、『武蔵丸』『花のお遍路』の感覚(年長者のタッチ)、『少年と犬』のSF世界や翻訳の感じ、などが印象的でした。作品の持つ空気に、自分が子供の頃に黙々と本を読んでいたときの気持ちが加味されて。
[PR]
2006年 05月 31日 *
f0013029_113281.jpg昨夜、傘が届きました。
もともと彼の傘は黒ばかり。防水スプレーはしたことない、と言うので勧めたらまだらになってしまい…。しかも骨がかなり錆びていることに気づきました。新しい傘に対する彼の希望は、今使っている70cm以上であること。で、デパートなどを巡ったのですが大判の傘がなかなかない!本当は実物を見て買いたいところですが、諦めてネットショップで購入しました。
f0013029_113364.jpgそれでもあんまりいいのないなー。男性用の傘ってなんかおじさんぽいのばっかりですね。でもまあとりあえず今回は妥協。
きれいなモスグリーンの傘にしたかったのですが、なんだか緑が濃いです。軽量がウリの品ですが、生地が薄くて安っぽい。ま、安いんですけどね。
2本くらいあった方がいいということで、もう1本は暗い青地の格子模様。若々しさがない。
f0013029_1134255.jpgついでにわたしの傘も1本。今使っている傘はどれもあまり気に入ってなくて。f0013029_1134742.jpg今回買ったのもすごく惹かれたわけではないのですが、消去法でこれまた妥協。でも、生地がしっかりしていて上質感は充分です。プリントではなく織り柄だし。内側は全面格子柄になってます。
昔、ELLEの傘を使っていてものすごく気に入っていたのですが、今ELLEでは傘をやってないのでしょうか。検索しても皆無でした。形も可愛くてとてもよかったのにな~。
とりあえず今ある傘はつなぎとして、また心惹かれるものに出会えるのを待ちます。
[PR]
2006年 05月 30日 *
f0013029_785536.jpg今年初めての空豆です。さやから出すとほんの少しになってしまいますね。わたしは大好きなのですが、彼は「においがくさい」と言って好みません。でも出すので食べますけどね。
わたしの実家では「初物は笑いながら食べる」というのがあって、その年初めて食卓に上る旬のものを食べるときはみんなで「あはははは!あはははは!」と言いながら(?)食べていたのですが、彼には馴染みがないそうです。同郷の友人は同じ習慣があると言っていたので、地方によるのかもしれませんね。
f0013029_7163410.jpg母がよく作ってくれた鮭ごはん。

作り方は…。鮭を焼いて骨と皮を除きほぐす。薄塩の場合は塩や醤油で味をつけて焼く。御飯に鮭とせん切りにしたシソとすり胡麻を混ぜる。

御飯1.5合に塩鮭1切れ、くらいの割合です。甘塩なら2切れでも。
後日使おうと思って買ったシーフードミックス、思いがけずほかの買い物に時間がかかり、完全に解凍してしまったので急遽スープに。これも簡単で美味しいので気に入っています。
作り方は…。にんにく、玉葱、ローリエを油で炒める。パン粉大さじ2~3を炒め合わせ、シーフードミックスを凍ったまま加えて強火でさっと炒める。白ワインをふって軽く炒め、お湯を入れて煮立ったらあくを取る。小口切りにした赤唐辛子と醤油少々を加え、塩、胡椒で調味する。あればあさつきなどをふる。
f0013029_7351334.jpgf0013029_7355469.jpgにんにく、玉葱の切り方は好みですが、にんにくはみじん、玉葱は1cm角くらいがいいと思います。もっと辛くしたければ最初に炒めるところから唐辛子を加えます。今回は丸ごとの唐辛子ではなく、最後に一味をふっています。手元に余っているので…。もちろん辛くしなくても美味しいです。
あと、ブロッコリーを茹でてあったので盛り付けるときに入れてみました。
左は便利な胡麻ミル。ダイヤル調整で粗さを変えられます。
アメリカンチェリーは双子でした。

f0013029_7362195.jpgジャージに続いて、中に着るウェアを買ってきました。水色に白い線が入ったものと、白にピンクの線が入ったもの。線の部分がほんの少しきらきらしていてかわいいの。
これからの季節なら、上はこれだけでいいですね。
[PR]
2006年 05月 29日 *
f0013029_76104.jpgf0013029_762956.jpg彼の果樹園です。鉢の中にりんご、ぶどう、すいかと思われる芽がたくさんでて混みあっています。
このままでは可哀想なので大きめの木製フラワーポットを買ってきました。
しかし、ぶどうのツルが伸びたり、りんごが木になってきたりしたらどうしましょう。鉢で育てればそんなに大きくならないのかな。盆栽風?

f0013029_763684.jpg普段、できるだけよく歩くようにはしてるのですが、運動らしい運動をしてないのが気になっていました。ジムに通っていたこともあるのですが、今は気乗りしない感じ。
手軽にできること、というわけでジョギングをすることにします。黙々と走るのってけっこう好きなんですよ。
まずはジャージを用意しました。グレイにピンクの線が入ったものとベージュにオレンジの線が入ったもの。ピンクの方はお店にサイズがなかったので上だけ買って下は取り寄せ中です。
ちょっと地味?上下着て「老人ホーム」とつぶやいてみたら、彼に大笑いされてしまいました。そんなにウケなくても…。
問題はどこを走るかです。すぐそばの川沿いを走りたいのですが、川原だと足元が不安定でくじきそうな気がするし、その上のアスファルト道路は狭いのに車が多くて危ないんですよね。運動公園が近ければいいのですが、歩いて行くにはちょっと時間がかかりすぎるし…。
まあ、始めてみてルートを模索します。続くかわからないしね。←ジャージの洗い替えまで買っておいて…(笑)。
[PR]
2006年 05月 28日 *
f0013029_13144283.jpgf0013029_13145174.jpg
一番伸びているゴーヤーの1本、本葉が増えてきたので親ヅルを摘心しました。本葉6枚目のところではさみで主枝を切ります。
親ヅルには雌花がつきにくいので切ってしまって、花がつきやすい子ヅルを伸びやすくするのだそうです。
といってもどのツルもどんどん伸びてどんどん花をつけるようなのでこの作業はさほど重要ではなく、ほっといてもいいそうです。
特に、種の袋の説明で摘心に触れていなければ行わなくていいようです。
手持ちの袋には摘心するよう書いてあったので、一応行っておきました。
f0013029_13145934.jpg
[PR]
2006年 05月 26日 *
f0013029_2284585.jpgバジル、パセリに遅れてようやくシソの芽が出ました。これまた小さい。
今のところ、バジルの芽が2つ、シソが1つ、パセリが2鉢で3つ。りんごだかすいかだかぶどうだかは鉢の中でひしめき合っています。もう知らん。といっても可哀想だし、どうしたものか。
ルッコラは10本以上芽が出て順調に育っていますが、一番伸びていたものに花がついてしまいました。調べてみると、「ルッコラは花がついたら終わり」と言われているようですね。ひょろひょろ伸びて葉が育たず、花ばかり咲く状態を「薹(とう)が立った」状態と言うそうです。なるほどね。母がよく使う言葉です。例えば女優を見て「この人、学生の役をやるにはちょっと薹が立ってるんじゃない?」とか。
葉を育てるにはこまめに花を摘まなくてはならないようですが、うまくいくかな?花をそのままにしておくと種が採れるそうなので、1本は試してみたいです。
困っているのが水遣り。羽虫がわいて困っているのでなるべく乾燥させたいのですが、バジルもシソもパセリもたっぷりと水遣りが必要なようです。しかも芽だしね。ルッコラは週1回くらいでいいようですが。しかたない、今のところ諦めて虫は「ないこと」にするしかないか…。
それから、液肥を薄めて与えた方がいいようです。
[PR]
2006年 05月 25日 *
f0013029_22502251.jpg瓶のジェノヴァペーストを使った省略形ですが…。今週は彼の帰りがさらに遅く、毎日早くても11時過ぎなので、晩御飯はなるべく手早く。
ジェノヴァペーストにオリブ油と塩とスパゲティの茹で汁を加えるだけです。オリブ油は少しでいい、と思いました。油っぽかった。こういうシンプルな料理の場合、しっかり塩味をつけないと飽きる味になります。シンプルなものにはもちろんゲランドの塩です!
[PR]
2006年 05月 23日 *
f0013029_1757195.jpg小さな小さなパセリの芽が出ました。双葉の上のほうにもう1つ芽を出そうとしています。
[PR]
2006年 05月 22日 *
f0013029_737387.jpgTVとDVDデッキがやってきました。
TVは東芝のREGZA 32C1000、DVDデッキも東芝でRD-XD71です。
まず、32インチと37インチでかなり迷いました。ソファとTVの距離はわりと近いのでそんなに画面が大きい必要はないのですが、今後ダイニングセットを置く予定の位置からだと少し離れているので。悩んだ末、あまり大きな物を置きたくない、という理由で小ぶりな32インチに決めました。37にするとTV台がぐっと大きくなるのでかなり場所をとるのです。32にしたら、置き場所への収まりもよくて正解でした。画面の大きさも、さほど広くない我が家には充分なようです。
ソファとダイニングの向きが90度以上違うので、キャスター付きの台にしました。キャスターはフローリングに傷がつくことが心配だったのですが、どうやら大丈夫なようです。
一番迷ったのはどこのメーカーにするかでした。ジョーシンのおじさんは「液晶といえばAQUOSですから!」と強調していました。といってもまだまだ人気はAQUOSが一番のようですが、今は他社が追随してきているのでそうともいえないようです。調べたところによると。ヨドバシのおにいさんは「今画像の良さでトップはソニー」と言っていました。あと、「A社のTVのパネルはB社と同じもの」ということも多いんですね。REGZAの液晶パネルはシャープと同じものなのだそうです。
売場で画像の良さを見比べるのもなかなか難しいですね。比べたいものに同じ画像が映ってなかったり。風景などの大雑把なものだとわかりにくいですし。画面が暗いと思っても、単なる設定の調整不足かもしれないし。
きりがないので問題なくきれいに見えた東芝にしました。ほかよりかなり安価だったのも決め手です。高価な価格設定で人気がなかったため、最近大幅に値下げしたらしいです。
DVDデッキは初めてなので適当にほどほどのものを選びました。あまり関係ないかもしれませんが、無難に東芝で揃えておきました。
難点は番組表が見づらいこと。新型が出ていてRD-XD71は少し古いためと思われます。TVの番組表を参照して録画できるよう設定する必要がありそうです。TVもDVDデッキもまだ機能をほとんど把握できてないのですが、なんとか使いこなしていきます。
なんといっても今までつなぎでシケシケのTVだったので、ギャップがすごいです。映像がきれい~!音がいい~!
ただ、地上デジタル放送がきれいなのは当たり前ですが、アナログ放送に切り替えると今までのTV以上に粗いのはどういうわけでしょう?地デジのありがたさを実感させるためにわざと汚くしてるとか??

f0013029_8355686.jpg昨日は眼鏡の受け取りもありました。青みがかったグレイの細身の金属フレームで、つるの部分だけセルになってます。今よく使ってるものがかなり見えなくなってしまったのでとりあえず作ったのですが、レンズの形が細長くとがった感じなので、やっぱりもっと楕円の方が可愛かったかな…と思っています。
久し振りに視力測定したら0.04でした…。
f0013029_8394973.jpg一番愛用しているのがこれ。きれいな水色のセルフレームです。この眼鏡を作ったとき、赤いフレームを目的にお店に行ったのですが、似合わなかった…。真っ赤な眼鏡、可愛いと思うんですけどね~。なんだか顔色に合わないようです。そこで色に惹かれて薄水色を試着してみたら、これがぴったり。普段の服装にも意外と合うものが多いので活用しています。
どうやら水色の眼鏡をしている人はあまりいないらしく、たまに周りの人から「きれいな青だねー」などと言われます。
f0013029_8465487.jpgコンタクトの日も多いわたしですが、ほかにも眼鏡はいくつかあります。服装を選ばず無難な、こんな金縁もよく使います。

f0013029_13281835.jpg今回の眼鏡購入は彼が主で、ビジネスにも使える普段用と、運転用の度の入ったサングラスを作りました。仕事用はイッセイ・ミヤケのinsectシリーズのもの。その名の通りツルが虫の脚を思わせる形で、顔を挟み込むようなタイプです。本人は「軽くてラク」と言ってます。
f0013029_1331452.jpg実は、これの前に使っていたのもイッセイ・ミヤケ。変わり映えしてません…。でもイッセイ・ミヤケのデザインはなかなか好きです。すっきりとシンプルだけどちょっと凝っていて。
古いほうはブロンズがかっていたので、新しいものが白っぽく見えます。
f0013029_13313374.jpg普段はこんな青いセルフレームも使ってます。
[PR]
2006年 05月 21日 *
f0013029_21301530.jpg先月食べ比べた5種類の蜂蜜と同シリーズのミントの花の蜜を買いました。
ミントらしくスーッとするのかと思いきや、意外と濃厚です。フルーティで蜂蜜独特のむせるような風味を強く感じました。そして色も濃いのです。

今日は大きな買い物も届いたのですが、また改めて。
[PR]