Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2006年 12月 ( 26 )   > この月の画像一覧
*
*
2006年 12月 31日 *
今から帰省します。
[PR]
2006年 12月 30日 *
湿疹の症状が出ているなど痒い部分は、日中は我慢できても眠っている間にひどく掻いてしまいます。
やはり掻き壊すと治りが遅くなったり悪化したりするみたい。掻かないようにすることは、症状の改善にかなり有効なようです。
調べてみると、かきむしり防止手袋というものがあることがわかりました。
まずは手近にあるもので代用。
薄手の綿の手袋をはめて寝てみました。
1晩めは緊張感があったらしくおとなしくはめたまま目覚めましたが、次回からは効果なし。眠ったままはずしてしまいます。
ヘアゴムで留めてみましたが、これも効果なし。簡単につけられるものは簡単にはずせるということですよね。
f0013029_164465.jpg調べて得た手袋使用法の中に「サージカルテープで手首を固定する」というのがあったので、セロハンテープを巻いてみました。
これは有効です!さすがに眠ったままでテープまではがしてしまうことはないようです。
この時点で満足しているのですが、試しに専用の手袋を買ってみることにしました。
一番気になるのが「ドクターミトンかゆいっこ」。薄手の布手袋の上につるつるする素材の袋がかぶさった二重構造で、掻こうとしてもすべって掻けないようになっているそうです。これは1組2625円。洗い換えも欲しいので2625円×2+送料。効果が実感できればたいした値段ではないですが、これで今持ってる布手袋と変わらなかったら無駄遣いかも…と、もう少し調べてみました。
そこでみつけたのが「アトピガードスキンケア手袋」。これなら1組399円。
f0013029_16442280.jpgさっそく注文して、嬉しいことに年内に届きました。
2つ申し込んだら、なぜかそれぞれ包装の仕様が違います。ちょうど切り替わるところだったのでしょう。
キトポリィという肌触りがよくて保湿性のある生地でできているそうです。ドクターミトンの内袋も同じ素材です。ややガーゼのような感触で通気性がよさそう。
f0013029_16443152.jpg全長28cmと長めでぴったりしているので脱げにくい、ということですが、う~ん…。ぴったりといってもそれほどぴっちりしているわけでもないので、眠っている間にとってしまうかもしれません。そしたらまたテープ留めですね。
とにかく使ってみましょう。

**後日追記:スキンケア手袋、有効でした。眠ったまま簡単に脱いでしまいそうですが、朝までちゃんとはめています。
どうやら手袋をしたまま掻いているようですが、爪で直接掻きむしるのとは違って傷にならないので、症状もだいぶよくなってきました。
毎回テープで留めなくていいので楽だし無駄にならないし、買ってよかった。
人によっては眠ったままはずしてしまうかもしれませんが、わたしには効果ありでした。
一度、眠ったまま脱いで掻いてしまい、目が覚めたことがあったので、もしかしたら今後ははずしてしまうことが増えるかもしれませんが…。

さらに追記:予期したとおり、10日目くらいで眠ったままはずすようになってしまいました。
細かいことをいうと、無意識に脱ぎ捨てているのではなく、寝惚けながら「ちょっとはずそう」と考えて脱いできちんと枕元に揃えて置く、といった始末。
仕方ないので手首をテープで巻いています。
でも薄くて通気性が良く、圧迫感もないので普通の綿の手袋よりずっと快適です。
注釈を入れておくと、圧迫感がないのは緩いからです。わたしの手は小さい方なので、手が大きいともっとぴっちりした感じになるかもしれません。**

カフェ・ザ・テラス行きました
[PR]
2006年 12月 29日 *
自分達のものに一生懸命になって中断していたミニマフラーを再開しました。
まずは途中まで進んでいた青が完成。
幅は細いですが、二つ折りにして垂らして約70cmあるので長さは充分。
f0013029_1464796.jpg続いてピンク、緑と完成させました。
1玉の重量からして緑は糸が少なそうだったので長さを確保するために幅を減らそうかとも思いましたが、青もピンクも意外と長さのあるできあがりになったので多少短く仕上がっても使えるだろうと同じく12目で編みました。
f0013029_1465853.jpg端を持って長さを比べるとこんな感じ。
二つ折りにして垂らすとピンクは約67cm、緑は約60cmでした。
しかしこの糸、けっこう曲者です。アニマルたっち!より編みづらいかも。へんなところを拾って目を増やしたり、うっかり目を落としたりしてしまうのです。12目なので数えながら進められましたが、もっと幅の広い大物だったらどうしましょう。目が増えてしまったときは慎重に1段ほどけばすぐ解決しますが、落としてしまった目をもじゃもじゃの中から探し出すのには難儀しました。
あと、遊び毛が多いです。その点アニマルたっち!は意外と問題なく、抜け出る毛はほどいたときに切れたものくらいでしたが、スキー ベリーソフト ファーはもう大変。編地の表面を軽くつまむと、際限なく綿ぼこりが作れます。
色の濃い服だと目立ちそう…。クレーム覚悟です。笑
これで、シュマロンマルチと合わせて甥姪用のミニマフラー6本が完成です。喜んでもらえるでしょうか。

糸:スキー ベリーソフト ファー ナイロン100% 40g58m 色603(ピンク)、605(青)、606(緑) マフラー1本につき1玉
針:10mm棒針
パターン:12目で糸を使い切るまでガーター編み後、伏せ止め
サイズ:幅約7cm×長さ約125cm~110cm(平置き)
f0013029_1471018.jpg


**

スキー ベリーソフト ファー、意外にチクチクするので肌の弱い人は要注意です。
わたしはダメでした…。
[PR]
2006年 12月 28日 *
通気性が良いため、我が家はかなり乾燥する方です。それでも今までは特に問題なかったのですが、最近体調を崩してから乾燥が肌に負担になるようになりました。漢方の先生の勧めも「できること(対策)はなんでもやった方がいい」とおっしゃっていたので加湿器を導入することにしました。
いろいろ調べてハイブリッド式にしぼり、ダイニチ工業のHD-5004に決定。
定期的な洗浄など手入れの楽さはスチーム式が一番のようですが、気化式なら多少手間がかかるのはどれも同じみたい。
加湿器はものによってけっこう大きな音がするようですが、この機種は静かさがウリで評判もいいようです。
ダイニチという社名には馴染みがありませんでしたが、業務用を主にやっているらしいです。
大型電器店を3店回りましたが置いてない…。「取り寄せになる」「扱っていない」と言われました。小型のHD-3002は売ってたんですけどね。
f0013029_8341484.jpgそんなわけでネット通販で入手。
まだ一晩しか使っていませんが、唇や顔のかさかさ感が軽減されたように思います。
静かさより加湿効果を優先したいので、まずは静音運転ではなく潤いを守る湿度を保つ設定にしてみましたが、充分に静かでした。
最初に室内を一定の湿度にするまでは音がしますが、その後、湿度を保つ状態になるとほとんど音が聞こえません。てっきり、タンクの水が空になって運転停止したのかと思ってしまったほどです。
朝には4リットルのタンクが1/4くらい減っていました。
我が家は24時間換気なので結露しにくいとは思うのですが、寝室の窓は少し曇っていました。
日中は居間で、就寝時は寝室に移動して使いますが、上部に取っ手がついているので持ち運びも楽です。タンクが片側に入っているので、意識して持たないと傾きますけどね。
あとは手入れが負担にならないといいな。
毎日するのはタンクの水換えと振り洗いくらいでいいみたい。
あとは、週に1回吸気口に掃除機をかけることと、2週間に1回、フィルターの水洗いなど全体をきれいにすること。
とにかく、使い続けての効果に期待!

**後日追記:わたしの体調が悪すぎて自分の肌への効果がよくわかりません。唇などがひどく荒れたときは加湿器だけでは弱いようですが、それなりに保護されているのだろうとは思います。
でも、意外なところで効果を実感しました。
いつも醤油差しの口に醤油が固まってしまうのですが、それがなくなったのです。それと、彼の肌が潤っているようです。冬になるとお風呂上りなどには乾燥で顔が白っぽくなっていましたが、それがなくなりました。
就寝時でも音は本当に静か。たまに水を吸い込むときに空気が抜けるコポコポ音が響き渡って聞こえるほど作動音は小さいです。ただ、音の気になり方は個人差が大きいですし、部屋の広さやどれくらい離れたところに置くかにもよりますけどね。実際、ふと目覚めたときなどに、「外で何か音がしてるけど何だろう?」と思ってしまうこともあり、これは音が微かなためにかえって気になるところかもしれません。旅先で冷蔵庫の音などが気になる方は、この加湿器でも気になるかもしれませんね。
手入れについては、1日1回は給水するのでそのついでにタンクの水洗いをすればいいだけ。吸気口は、部屋に掃除機をかけるついでにこまめに掃除しています。あとは水洗いですが、これも簡単です。フィルターをよくすすいで、トレイの水が溜まる部分をスポンジでこすり洗いするだけ。これは隔週でいいということですが、先週洗ったか思い出そうとする以前に、週末ごとに洗うことにしています。
説明書には書いてないようですが、タンク内も定期的なこすり洗いが必要です。タンクは蓋を閉めて逆さにしてセットするので、蓋の裏や口のあたりですね。振り洗いだけだと、常に水が溜まっている部分の洗浄には不足なので。
[PR]
2006年 12月 27日 *
f0013029_19531498.jpgヤマブシダケマフラーチェシャ猫マフラー同様16目で編み直しました。
帽子も何度か使ってみたのですが、気持ち浅いので編み足すことにしました。
目数を減らしてゴム編みしたらぴったりするかと思い、36目から24目拾って1目ゴム編みをしたのですが、最後伏せ止めにしたら頭が入らなかった…。そりゃそうだ。ゴム編み止めにすればいいのかもしれませんが、マフラーをほどいて帽子を編み足しているのであまり糸を消費したくない。
というわけで、36目拾って編地がそのまま続くようにメリヤス編みすることにしました。
まず手間取ったのがきちんと36目拾うこと。
f0013029_19533295.jpgよく見て数えていくだけなら数が合うのですが、実際に針で拾っていくと拾いすぎるらしく、どうしても増えてしまいます。そこで予めマーカーをつけておいて、そこを拾うことにしました。これなら大丈夫。マーカーはカラーゼムクリップを使っています。
眉が隠れるか隠れないか、くらいに目深にかぶりたいので、目分量で見当をつけて3段編んで伏せ止め。
f0013029_19541454.jpg最初はきつく引き締めすぎてかぶれませんでした。いったん、ほどいてなるべく緩く伏せ止めして、今度はぴったり。頭周りも深さもイメージどおりのドングリ状ヤマブシダケ(笑)が完成です。後ろの深さもこれくらいの方がいいですね。
普通の編地なら継ぎ目をきれいに編み足すのに技術が必要ですが、なにしろ毛足が長くて目がわからない状態なので、まったく問題ありません。
f0013029_19542497.jpgマフラーはさらに短くなりました。巻き付けて後ろで結ぶとこんなに短いですが、白くてふわふわでボリュームたっぷりな印象なので長さがなくてもかわいらしくてまたよし。
何度か使って伸びた状態で二つ折りにして垂らすと、チェシャ猫マフラーもヤマブシダケも約80cmでした。

【マフラー】
糸:NEOINGS アニマルたっち! ナイロン87% アクリル13% 40g30m 色1 3玉
針:10mm棒針
パターン:16目で糸を使い切るまでガーター編み後、伏せ止め
【帽子】
糸:NEOINGS アニマルたっち! ナイロン87% アクリル13% 40g30m 色1 1玉+少し
針:10mm40cm輪針
パターン:36目で21段メリヤス編み
6目につき1目減らす。36目→30目
減らし目なしで2段編む
5目につき1目減らす。30目→24目
減らし目なしで1段編む
4目につき1目減らす。24目→18目
減らし目なしで1段編む
3目につき1目減らす。18目→12目
2目につき1目減らす。12目→6目
目をすくい、絞って止める
※減らし目は左上2目一度
※実際は最初に18段で編んで、後から3段編み足しました
[PR]
2006年 12月 26日 *
f0013029_1511546.jpg

f0013029_1511428.jpgテーブルクロスやランチョンマットの類を使うのは好きではないのですが、無垢のテーブル表面は最初のうちは汚れを吸うので、馴染んで汚れにくくなるまで、食事の際は保護のためにランチョンマットを敷くことにしています。
一番気に入っているのが友人が贈ってくれた白い麻のランチョンマット。
ブラックウォルナットの深い色合いを引き立てます。
テーブルとコントラストをなして相性抜群。
リトアニア製で美しい織り柄が入っています。

f0013029_15122711.jpgクリスマスのときだけ使うテーブルクロスはいとこからの贈り物。
クリスマスディナーは例年25日に設けるのですが、今年は月曜より日曜ということでイブにしました。
子供の頃からのお決まりで、鶏のパプリカ焼きをメインにした晩餐。
f0013029_15142840.jpg体調を崩して以来わたしはあまりアルコールを摂取できないので、シャンパンもハーフボトルで我慢。
ケーキはPowderのもの。
左がその名もノエル。右はティラミスです。
飾りがちょっと子供っぽいですが、ほどよい甘さと舌触りのよさは絶品です。
あと、チーズケーキのスティックも。
彼がテーブルを眺めて「派手だな…」とつぶやいていました。
確かに、自分では選ばない原色の赤と緑。
部屋の中で目にまぶしいです。
[PR]
2006年 12月 22日 *
f0013029_22505528.jpgきつめに編んで、長さもちょうどいいと思ったヤマブシダケマフラーですが、やはり自重で伸びました。
左は、あえてぎゅっと伸ばした様子です。
それでも長さは問題ないのですが、張りのないくたっとした編地なのでやや首が絞められる感じになります。
f0013029_2251292.jpgもう少し幅を広くしたほうがよかろう、というわけでチェシャ猫マフラーの編み直しは16目に増やしました。
結果はたいへんよろしいです。
少し短めになりましたが、重心が高く、幅が広くなった分、首への負担が軽減されました。
使ってみて伸びた様子も確認できたので、間違いありません。
ようやくこれで本当の完成です。
ヤマブシダケも同様に編み直すことにします。
そうそう、アニマルたっち!だと目数が増えてしまう原因ですが、余計なところをすくってしまうこと以外にもありました。ところどころ糸が割れたようになってしまうのです。もじゃもじゃでどれが1本かわかりにくいので、割れた糸を2回に分けて拾ってしまうんですね。

糸:NEOINGS アニマルたっち! ナイロン87% アクリル13% 40g30m 色4 3玉
針:10mm棒針
パターン:16目で3玉を使い切るまでガーター編み後、伏せ止め
[PR]
2006年 12月 21日 *
f0013029_2221169.jpg昔はクリームソースなどクリーミーなものが苦手でした。卵は今もあまり好きではありません。なので、お店でカルボナーラを注文することはなかったし、ましてや自分で作ろうなんて思いもしませんでした。
でも、クリームの料理でも美味しいもので慣れるうちに受け入れられるようになりました。今では、たまにカルボナーラが食べたくなって作ることもあります。

作り方は…。深めの大きな鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩・油各大さじ3を入れ、沸騰したらスパゲティ150~200gを茹で始める。別の鍋(フライパンなど)にオリブ油少々を熱し、1cm幅に切ったスライスベーコン150gを入れてカリカリになるまで炒める。白ワイン大さじ2を加えて少し煮詰め、火を止める。生クリーム1/2カップと塩小さじ1/4~1/2、あればおろしたパルメザンチーズか粉チーズ60gを加えて弱火にかけ、フツフツしてきたところに茹でたてのスパゲティを加えて和える。火を止めて卵黄2個を手早く絡ませ、すぐに器に盛る。好みで胡椒を振る。

卵に火が通り過ぎないようにするのがコツです。
鍋肌に触れて硬くなることもあるので、そうなりがちな場合は全体に混ぜずに卵は中心部分だけに和えて盛り付けてしまっていいと思います。
[PR]
2006年 12月 20日 *
f0013029_2317110.jpgぱっつりしたボブにしたらシャープすぎてなんだかかわいくなかったので、また切ってきました。
今度は全体に丸みをつけて、やわらかい感じにしてもらいました。満足。

f0013029_23171662.jpgヤマブシダケマフラーは14目で編み直しました。
1玉終わった時点でそんなに重みで伸びる感じではなかったので短くなるのではと心配だったのですが、完成してみるとけっこう伸びます。ちょうどいい長さに仕上がりました。
チェシャ猫マフラーの編み直しも同じでよさそう。まずはほどかなくては。
それにしても、このふんわりやわらかい肌触りは最高です!どんなに肌の弱い人でも大丈夫と思われます。

糸:NEOINGS アニマルたっち! ナイロン87% アクリル13% 色1 3玉+α(帽子の残り)
針:10mm棒針
パターン:14目で糸を使い切るまでガーター編み後、伏せ止め

**後日追記:やっぱり重みで細くなるので、チェシャ猫マフラー同様編み直しました
[PR]
2006年 12月 19日 *
f0013029_802516.jpg1玉終わったところです。
平置きで幅17.5cm、長さ37cm。ぎゅっと伸ばしてから置くと長さ44cm。
ちょっと幅広くしすぎたかな。短すぎるほどではない気もするけど編み直した方がいいか…。
彼のチェシャ猫マフラーの編み直しは、もう少し幅狭めにします。
チェシャ猫はフランス式でかなり緩めに編みましたが、今度はフランス式・きつめで編んでます。
チェシャ猫と比べてみると、編み方で密度が全然違うのがわかりますね。
持った感じも、チェシャ猫のようにだらーんとならず、しっかりしています。
いくら緩めを心掛けたとはいえ、緩すぎたかも。もしかしたらチェシャ猫と同じ12目のまま、手をきつくするだけで改善できたかもしれません。
ちょっと計算してみましょう。
今のまま18目きつめで3玉編むと完成時の長さは、平置きで37×3=111cm、伸ばすと44×3=132cm。
f0013029_803789.jpg1玉で45段くらいなので3玉で135段。
18×45×3=18×135=2430 
ということは
16目にすると平置き125cm、伸ばすと149cm
14目にすると平置き143cm、伸ばすと170cm
12目にすると平置き167cm、伸ばすと198cm
ま、計算上ですけどね。
伸び具合を見てみないとなんともいえません。編地の感じは引っ張るとかなり伸びそうですが、巻きつけたときの自重での伸びはそれほどでもなさそう。
14目で編み直す方向に心が動いています。
左は編地のアップ。
マフラーはガーター編みです。
帽子と比べてみましょう。


f0013029_805151.jpg帽子のメリヤス編み。
裏から手で少し広げています。

f0013029_81158.jpgその裏側。
つまり裏メリヤス編み。
もこもこふわふわですが、表裏で編地の違いがわかります。

f0013029_837183.jpg豆腐も本も見かけるし話にも聞くので試しに買ってみました。
というより、売場で彼が手にとってしげしげと眺めていたので買ってみた、というのが正確なところですが。
左は形になった豆腐ですが、右は容器に充填されているタイプでスプーンですくいます。
味も食感もクリームチーズみたいで面白い!
豆腐らしい形の方は、絹と木綿の中間のような舌触りですが、味は濃厚です。
どちらもしっかり豆の味がするので、何も味をつけなくてもそのまま食べられます。
[PR]