Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2007年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
*
*
2007年 07月 31日 *
反物を引っ張り出してから2ヶ月も経ってしまった…。
6月中に仕上げて7月に着るのが理想的でしたが、しょせん無理でした。
いずれにせよ何年も寝かせていた生地なので、今さら急ぎません。来年着られればいい、くらいのつもりでゆっくり作ります。
f0013029_22102721.jpg柄合わせと裁断まですみました。
反物の全長を計って要尺が足りるか確かめたり、柄の繰り返しを確認したり、どれも久し振りでやけに時間がかかってしまいます。
左胸に大きな柄が出るようにして、あとは後ろ姿を決めたのがこんな感じ。→
左右の身頃で流れが揃ってしまいましたが、柄の繰り返しがずれているため朝顔の配置のバランスがいいのでこれで決めました。
肩線のすぐ下では、左袖が下向き、左身頃が上向き、右身頃が下向き、右袖が上向き、と交互にしています。
袖の柄は身頃との間に紺の空白部分が多いと間が抜けて見えるので、袖付けに朝顔、袖口に紺の部分が多く出るようにしています。
左の細長いのが衽と襟。裾の辺りに並べたのが右から居敷当、肩当、三つ襟芯です。
居敷当は見ての通り余り布ですが、肩当はなぜか手元にあった無地の木綿の反物から取りました。
この反物、あるのはわかっていたのですが、使った覚えがないのです。何だろう。
前に浴衣を縫ったときの肩当などは晒しを使ったし…。
そんなに使う予定があるわけでもなくどうせまたしまいこんでおくだけなのですが、この反物から三つ襟芯を縦に取るのはもったいない気がして、手元にあった天竺木綿を切りました。
次はしるしつけです。が、問題はどこでやるか。場所はあるのですが、ヘラで押し付けるなら下に何を敷くか。
切りびつけまでやる気はないのでチャコペーパーを使っちゃおうかなあ。
早めにカッティングマットを買っておけばよかったかも。
[PR]
2007年 07月 30日 *
f0013029_725421.jpgf0013029_7255020.jpg
今朝はいくつもの雄花が咲きました。
雌花も1つ咲きました。
右上が雌花です。
ようやく次々雌花が咲いていきそうです。

f0013029_17175012.jpg
3本のオクラのうち一番か弱そうな左の1本が倒れてしまいました。
オクラって支柱はいるんでしたっけ?とりあえず支えで立てておきました。
倒れた状態で葉がすべて上を向いていたので、支柱を添えて立てたらすべて裏返って見えます。
そして、中央に聳え立っているのが本日収穫の島オクラ。
f0013029_17205667.jpgようやくオクラらしいオクラがとれました!
開花後6日で長さ10cmです。

**

近所の床屋さんの店先でオクラの鉢をみかけましたが、支柱が添えられていました。
やっぱり倒れないように支えることもあるんですね。
どれも立派な株で、大きな花が咲いていて、実もたくさんついていて、ちょっと羨ましかった。
[PR]
2007年 07月 29日 *
f0013029_2282331.jpgf0013029_2283042.jpg雄花ばかり咲き誇っていたゴーヤー
今朝よく見ると雌花が!雌花が2つも!
ツルを刈り込んだ甲斐がありました。
しかし、雄花が咲いてない…。
これから咲きそうな雌花の蕾がまだほかにもあるので、明日以降に期待。
[PR]
2007年 07月 28日 *
角出しを習いました。

手先は、背中心から引き出して帯の幅より左右各4cm出せるくらいの長さが必要。それを踏まえて手先から2巻きする。
背中で垂れを内側へ斜めに折り上げる。手先は外側へ折り上げて二つ折りにする。
背中から30cmくらい離した位置で手先と垂れ先をつかみ、手先を下からくぐらせ結ぶ。
十字に戻してから、手先・垂れ先それぞれを広げて形を整える。垂れ先は完全に広げるが、手先は二つ折り状態。
手先を、背中心→左→右の形に整えて仮紐で押さえて前で結ぶ。
垂れ先の表、端から10cmくらいの位置に帯揚げを当て、手先の上にかぶせる。手先は少し下げて上から見えないようにし、垂れ先で覆って帯揚げを前で結び、帯板の中に押し込む。
仮紐は外す。
垂れを内側に折り上げて帯締めを挟み、結び目の下に押し込むようにして折り上げる。折り上げた部分をさらに内側に折り上げて帯締めを結ぶ。
ふくらみ部分は下に下がったくの字を描くように、少し長めに突き出ているのがかっこいい。垂れは短めに。
帯枕代わりに小さめのおしぼり程度を入れてもいい。
名古屋帯の場合は、垂れ先を帯揚げで上げるところがすべて二重にならず1枚で仕上がる。

まず、人の背中を借りて2回練習。1回目で角の長さがちょうどよくなるよう長さを把握して、2回目で完成させました。
2人交代で練習した後、自分で練習。
帯枕も要らないし、簡単でいいですね。
ただ、この日わたしが使った帯は長さが足りなくてほとんど角が出ませんでした…。

次回は最後のセミナーです。
[PR]
2007年 07月 27日 *
f0013029_21454688.jpg支柱より背が高くなってしまったアイコ
わたしを越え、彼を越え、先端の重みでとうとうこんな姿になってしまいました。→
おじぎをしている部分にも実がなっています。
支えを越えた時点で先を切ってしまおうかと思ったのですが、せっかく育っているのにもったいないし、下の方が茂ってくる気配もないし。
f0013029_21452263.jpg螺旋を描かせる、なども考えましたが今さら手遅れな気がして、結局なりゆきに任せることに。
こんなに伸びるならわき芽は取らずに下の方から茂らせるべきでした。次回はそうしよう。

本日の収穫はアイコ6つ。
一昨日はまだ青かったのに、昨日一日で急速に色づきました。
紐で固定しているのは、先日の台風対策です。
f0013029_22143791.jpgこれがなければプランターごと倒れていたことでしょう。

それにしても、トゥインクルはこんなに伸びないなあ。
最近、新しい実もつかないし。

**

生トマトスパゲティに添えました。
[PR]
2007年 07月 27日 *
f0013029_17351864.jpg光の加減でグレイっぽくなってますが、先日のココア色の麻の生地です。
水通しして干し、端の始末をするだけなのですぐ完成。耳はそのままです。
水通しの時点でかなり縮みました。
シーツと枕カバーを作ったときは、なぜか長さの縮みしか気にせず、そんなに縮まないと思っていました。が、今回幅を計ってみると水通し前に109.5cmあったものが水通し後には105cmに!長さは1%も縮まなかったのに、幅は4%も縮んでいます。
ピンと張って織られる縦糸より、縦糸の間をうねっている横糸の方が縮むのか…。
まあ、今回の場合はサイズはあまり関係ないですけどね。
そろそろタオルケットでは寝苦しくなりそうなので、涼しい掛け布が間に合って嬉しい。
[PR]
2007年 07月 26日 *
オクラの様子をみていて、何気なく大きな葉をめくってみたら…。
f0013029_1912919.jpg

葉陰で開花していました。1本だけ伸びためしべが不思議。
すぐに授粉しておきました。
一昨日咲いた立派な花は見事結実。
f0013029_1913871.jpg
花びらが落ちた後はとても小さかったので少々不安でしたが、1日でぐんと大きくなっています。

f0013029_19266.jpgルッコラはどんどん食べてしまうし、パセリは花が咲いてもう終わりそうだし、シソとバジルももう少し量があってもいいかと、それぞれ種を蒔きました。ハーブはいつもそうですが、季節は無視。
パセリとシソとバジルは何の変化もありませんが、ルッコラは3日ほどで芽が出て育ってきています。
f0013029_1921938.jpg嬉しいので、すでに生えている鉢に追加で蒔いたほかに、もう1鉢蒔いてたくさん育てることにしました。

f0013029_1923438.jpg問題はシソです。
たくさん虫がつき、糸を出して繭になりかかっていたので、茎や葉ごと駆除したらほとんど何も残ってません…。
かろうじて左の小さな株は葉を残せましたが、右の2本の見た目は枯木です。もうだめかも。
夏はきゅうりもみにおそうめんと、シソをたくさん使うんだけどなあ。

雄花ばかりのゴーヤーはツルの先端を切りました。
f0013029_1924491.jpgすぐに子ヅルがたくさん伸びてきたので、それらもほとんど刈り込んでおきました。
ようやく小さな小さな雌花のもとがつくようになってきましたよ。

本日の収穫はトゥインクル3つ。
なるべく赤みが濃くなってからとるようにしていますが、もしかしたらとるのが遅いと皮が硬くなるのかも。
ここのところ暑くて天気がいいので、トゥインクルもアイコも日中の数時間で驚くほど色づきが進んでいきます。
[PR]
2007年 07月 25日 *
f0013029_2212527.jpgシーツと枕カバーを縫ったものと同じ生地を追加注文しました。
これで夏用の掛け布を作ります。
真夏は、実家に倣ってシーツを掛けて寝ています。
以前、ガーゼのケットの評判を知り、友人もいいと言うのでダブルガーゼを2枚縫い合わせたものを作ってみました。
でも…。わたしには暑かった。
層になっているので空気を含んで保温するうえ、ガーゼのくたっとしたまとわりつくような肌触りがよけい暑いのです。
ということで、暑がりの人にはシャリ感のある生地のさらっとした掛け布の方が合っているようです。
[PR]
2007年 07月 24日 *
f0013029_19374044.jpgまたキノコです…。今度は月桂樹の根元。
画像の手前と左奥に立っていますが、白っぽい土に混ざって次々と頭を出していました。
ミョウガ茸ではなくゲッケイジュ茸だったのか…。
それにしてもなぜこの鉢からキノコが涌いてきたのかちょっと不思議なのです。
だって、先日キノコが生えてきた土を置いてあるのとは別のバルコニーだし、月桂樹の土はずっといじってないので、胞子のついたシャベルや移植鏝が触れたわけでもないのです。
それにしてもキノコもあっという間に増えますね。
この月桂樹の鉢からいったんすべて取り除いたつもりだったのに、数時間後に見たら、もう新しい頭がいくつか出ていました。

f0013029_19374720.jpgオクラは今までで一番立派な花が咲きました。
満開にはならなかった気がしますが。
f0013029_1938586.jpgこれも結実しないと淋しいので、人工授粉しておきました。

本日の収穫はアイコ2つ。
同じ房に青い実と赤い実。
同じくらい大きくなっている実でも、こんなに色づきが違うんですね。
[PR]
2007年 07月 23日 *
f0013029_20155382.jpg以前のお稽古時に先生にお借りしたガーゼの補整がよさそうだったので、ガーゼを買ってきて縫いました。
くるくる巻いて大きな針目で縫うだけです。
きっちり折りたたまずに、断面が渦巻状になるイメージで、中央に厚みがあって端はなだらかに薄くなるようにします。中央がふっくらしていて端が薄いのがわかるでしょうか。
鎖骨のあたりや肩が薄いので上のほうまでカバーできるよう、切込みを入れました。
これで襟を合わせた間から見えずに肩まで覆うことができます。
和装ブラ(わたしはスポーツブラですが)の内側に挟むようにして収めます。
[PR]