Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2007年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧
*
*
2007年 08月 31日 *
実家に帰省した際、妹とお互いに習った着付を比べ合いました。
帯を結ばず折り上げて仕上げる方法など、基本的な手順はだいたい同じだったのですが、使う小物やそれによる細かいコツなどが全然違ってびっくり。

まずは長襦袢を整えるまで。
わたしは、スポーツブラ→和装スリップ→タオル補整→腰パッドで固定、ですが、妹はノーブラ→タオル補整→和装スリップ。
妹の先生は腰パッドが嫌いなんだそうです。
襟芯の向きも違いました。これはどちらかが間違っているはずですが、どちらが正しいのでしょう?わたしは確かカーブが山になるようにと言われたように記憶しているのですが、妹は逆だと言うのです。間違っていると形がおかしくなってしまうはず。
ちょっと調べたのですが、なかなか正解がみつかりません。そもそもカーブのついた襟芯は初心者用で、本来カーブは必要ないそうです。プラスチック素材は不評のようで、一考の余地あり。
長襦袢は、わたしは衣紋抜きに通したコーリンベルトで固定します。妹は衣紋抜きには紐を通しておき、それとは別にコーリンベルトを使って襟元を固定します。

着物の裾合わせはだいたい同じ。
腰紐は妹もゴムベルトですが、滑り止めの付いたものを推奨されたそうです。滑り止めの位置は最初に押さえる右脇で固定。
腰紐の高さは、妹は腰より少し上で、わたしが習ったより低いようです。
着物の合わせを固定するのは、わたしはコーリン和装締め、妹はコーリンベルト。和装締めだと半周多くなりますよね。この違いはなんだろう。和装締めの方がしっかり固定できるということなのでしょうか。
おはしょりの二重になっている内側を引き上げる処理は同じでした。コーリンベルトの方が前を押さえてないぶん、やりやすいですね。

帯結びの始めの手先は、わたしは肩に掛ける方法と中に折り込む方法の両方からやりやすい方を選ぶよう習いましたが、妹の先生は中に折り込む派だそうです。
一番驚いたのが、まず始めに二つ折りにした帯締めを輪を上にして伊達締めの中に縦に通し、挟んでおくのです。
クリップは使わず、小物としてゴム紐を用意。パジャマのウエストゴムくらいの太いものを縫って、結んでいる帯の上に二重に巻きつくようにします。これが帯結びの最中に固定するものになるようです。
わたしの方法は事前に帯揚げを帯枕に固定しておきますが、妹は帯枕だけをガーゼで装着し、帯揚げは後からつける方法。
帯枕でお太鼓を上げる動きなどはほぼ同じですが、帯枕のガーゼを結んだ時点で、最初に挟んでおいた帯締めが活躍します。
ガーゼの結び目を帯締めの輪に通し、そのまま帯締めを下から抜き取ります。これによって、ガーゼが帯の内側に入り込み、帯枕がしっかり固定されるというわけ。
最初は縦に挟んだ帯締めを「ヘンなのー」と思いましたが、試してみると帯枕の固定にはけっこうよさそう。

お互い、全然やり方が違うことが新鮮で盛り上がりました。
関東と関西では手先と垂れ先の向きが逆になる、という話も聞きましたが、それは一緒でした。
最後に角出しを習わなかった妹にやって見せたのですが、わたしもうろ覚えだったので伝わったかどうか…。

わたしの江戸小紋ですが、予想通り母は「地味だねー」の一点張りでした。若旦那みたいって…。
妹はもともと自分に江戸小紋は似合わないと言っていましたが、予想以上に地味だったらしいです。
ふたりとも肌襦袢の方に興味がいったようで、「これが着物だったらいいのにねー」などと言ってました。
普段着だからいいんだもーん。
[PR]
2007年 08月 30日 *
f0013029_14345450.jpg
今年の第一次の実はすべてとったと思っていたら、葉陰に1つ発見しました。
長さ約13cm、直径約3cm。
全体にやや黄味がかっていますが、まだ食べられそう。

ゴーヤー全体の勢いが盛り返してきて、雌花がたくさん咲くようになってきました。
雄花も追いついてきたので、今朝は久々に受粉。
[PR]
2007年 08月 29日 *
気軽なイタリアン、トレでランチ。
いつもそうなのか、たまたまだったのか、ランチタイムはそうなのか、シェフが独りで切り盛りしてました。
手が回りきらないのか、椅子にパンくずが残っていたり、卓上の紙ナプキンにワインが染みていたり、前の汚れがあるのが気になるところ。
某サイトによると「お客様との対話を大切にしたい」とのことですが、彼が「こんなパスタが食べたい」と言っても無反応でした。
前菜盛合せは魚がいろいろで嬉しかったけど、乾き気味のパンや、コーンののったサラダが安っぽい…。
アラビアータはかなり辛め。これ、ちょっと唐辛子利かせすぎじゃないのかなあ。辛いもの苦手な人が知らずに頼んだら、けっこうつらいと思います。
生パスタのようでしたが、上手かどうかは「?」。
単にわたしが乾麺に慣れすぎているからかもしれませんが、美味しい生パスタにはなかなか巡り合えません。
デザートはぶどうとカシスの混ざったシャーベットでした。これは美味しかった。
まあ、値段が安いですからね…。

**

閉店したようです。
[PR]
2007年 08月 28日 *
f0013029_22231486.jpg以前からちょっと気になっていたオーアンドコーのオリブ油。
シンプルなパスタやサラダに向くものを3種類試食して、一番使いやすそうなものを選びました。
青臭さが強いものとか、ほかのも風味が良くて惹かれましたが、まずは一番無難そうな選択に。
次はもっと個性のあるスペイン産などを選んで、パンにつける用にしようかな。

アツィエンダ アグリコラ ディジザ 2007
エクストラヴァージンオリーブオイル
原産地:シチリア
生産者:ルナート・ディ・ロレンツォ
タイプ:ベジタル
オリーブの品種:セラスオーラ100%
生産量:20000本
[PR]
2007年 08月 28日 *
f0013029_16541584.jpg長さ約17cm、太さ約3cmなので、大きさは先日とほぼ同じ

黄色く完熟した実はまだ爆発していませんが、取ってしまいました。
雨が入ったのか、中が液状になっていた。
中身は完全に赤くなっていたけれど、種自体は意外と色づいていませんでした。
熟れてそうな種だけ保管。
今年は不作でしたが、次回この種でいいものか…。
古くてももともと買った種の方が性質がいいかな。
両方蒔いて選抜するか。
[PR]
2007年 08月 27日 *
数年前にTVで見かけて気になったニュース。
大阪城のお堀を納豆菌の力できれいにする、というものでした。
続報を聞かないのですが、うまくいったのでしょうか?
ちょっと調べてみましたが、その後は不明です。

その代わり、いいものをみつけました。
水回りのぬめりとり、えひめAI-2
排水口などの雑菌を分解する液を自分で作れるのです。
環境にも人体にも安全というところがすごくいいですね。
これを知ったのは冬だったのですが、常温で作れる夏まで待っていました。
ドライイーストを買いそびれてなかなか手がつけられなかったけど、ようやく着手。
すべての材料をペットボトルに入れて振り混ぜ、バルコニーに置いて日に当てています。
f0013029_194792.jpg一晩おいたもの。最初は沈んでいた納豆が浮いています。→
どんどんガスが出るので、蓋は緩めるというよりのせてあるだけの状態。
酒饅頭のような醗酵臭がして順調な感じ。
うまくできるといいな。
これで利用価値があるなら、ビーエヌクリーンなんて買う必要ないですよね。
[PR]
2007年 08月 26日 *
f0013029_21142063.jpg
まだ少し色が浅めのものも取ってしまいました。
外で見ると鮮やかに見えるので気をつけないと。

ゴーヤーは3つも雌花が咲いたのに、予測通り雄花がなくて受粉は無理でした。
[PR]
2007年 08月 25日 *
我が家のバルコニーでよく見かける虫がいます。
ゲジゲジのような節足類ですが、もう少し芋虫のようにふっくらしていて、よく丸まっています。
植木鉢を動かすと底の穴のところにいます。
たまにバルコニーの床の上で干からびています。
特に害はないようなので放っていたのですが、最近バジルの鉢の中で大発生しました。
これはちょっと気持ち悪いかも…。
彼が調べてくれたところによると、どうやらこれはヤスデの仲間のようです。
植物を荒らしたりする害はなく、不快害虫とみなされるそうです。
ミミズのように土を耕してやわらかくしてくれると考えると益虫なのかな。
f0013029_17541672.jpgうじゃうじゃいるのはあまり嬉しくないけれど、今のところ実害はないのでこのままにしておきます。
それにしても、不快害虫ってちょっと可哀想な呼称ですね。

本日の収穫はゴーヤー1本。
長さは17cmありますが、一番太いところで3cmくらいしかなく、小さなきゅうりほどのささやかさです。
こんな小さな実があと2つなっています。
そろそろ咲きそうな雌花があるのですが、雄花がついてなさそうなので結実できるかどうか…。

虫画像です
[PR]
2007年 08月 24日 *
f0013029_204732100.jpgまだ小さめですが、黄色がかってきたので収穫しました。
あ、大きさを計らずに食べてしまった。
10cmくらいかな。
f0013029_20474167.jpg手の上にのる小ささです。

蕾がすべて落ちてしまっていたのですが、久し振りにかなり小振りな雄花が咲きました。
この調子でもうしばらくは受粉の機会があるかな。
[PR]
2007年 08月 23日 *
ミエルは健康志向の南仏料理店、だそうです。
確かに野菜多め。前菜にもメイン料理にもいろいろな野菜が少しずつ使われていて嬉しい。
味もあっさりめでわりと美味しかった。盛り付けもきれいです。
値段はお手頃ですが、一皿は少なめです。
デザートはタルトが自慢のようですが、普通に美味しいという感じでまあまあでした。
シャンパンはなかなかいい味のものを置いてました。
全体としては悪くはないです。「ぜひまた行こう!」ってほどではないけど、ついでがあったらお店候補になりそう。

**

2度目は友人と行ったら、お店の女の子が何から何までびっくりするほど接客態度悪かった。
足が遠のくなあ。
[PR]