Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2007年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧
*
*
2007年 10月 31日 *
f0013029_1472564.jpgナノケアEH5442を買いました。
白と迷いましたが、ゴールドにしました。色が剥げないといいけど。
前に使ってたのはイオニティだったので、かなり前のモデルです。
マイナスイオンというだけでも胡散臭いのに今度はナノイーですか。…とマイナスイオン云々の科学的説明には首を傾げているくせに、実際マイナスイオンドライヤーだとさらさらになるので使ってます。節操ないです。
乾燥する冬でも手が乾かないのもいいですよね。母はわたしのドライヤーを使って、手が荒れないという理由でマイナスイオンドライヤーを買ってました。

イオニティは香港のホテルで壊しました。
うっかりしてたのです。電圧が全然違うんですよね。
一瞬で弾け飛びましたよ…。

**

使ってみました。
ちゃんとしっとり仕上がります。
ここしばらくマイナスイオンではない普通のドライヤー(かなり古いウインドプレス)を使っていたので、違いが顕著に感じられました。
数年使ったイオニティと比べても明らかに効果があります。
オゾン臭は、箱から出して試運転したときはけっこうにおいましたが、実際に髪を乾かしているときは気になりませんでした。
そのときによるのかも。
気候が変わってしまったのでイオニティとの比較はできないのですが、ウインドプレスよりは格段に乾くのが早いです。って、そんな古いものと比べられても参考にならないか…。

**

なんだかしばらく使ううちに効果が感じられなくなってきました。
しっとりさらさらになりません。
それどころかドライヤーを使うと髪が傷んでいる気がする。
[PR]
2007年 10月 30日 *
だいぶ日にちがたってしまいましたが、修了パーティに参加しました。

身支度に時間がかかるので早起きしましたよ。
何度もやり直してもきりがないと思ったのでなるべく丁寧に時間をかけ、帯が完成するまでに1時間ほどかかったでしょうか。
もちろん納得いくようなきれいな仕上がりにはなりませんでしたが、出かける時間になってしまったのでとにかく出発。

f0013029_1181357.jpg会場のホテルでは先生が受付をなさっていて、皆勤賞をいただきました。
和菓子風に包装されたミニタオルで、抹茶・柚子・小豆から選べました。
妹の皆勤賞の扇子に負けず劣らず、使えなさそうな安っぽさですが、ま、こういうのはほんの気持ちですからね…。
受付では全員番号札をもらい、見えるように帯に挟んでおきます。

開場の前に身だしなみチェックも兼ねてお手洗いに行ったのですが、着物でトイレ、なかなかたいへんでした。広くてきれいなホテルのトイレだからまだいいものの、これが狭くて汚れてるようなところだったらかなり手間取りそう。

パーティは伝統芸能の出し物から始まり、来賓挨拶など。来賓は着物や帯のメーカー関係者です。セミナーで訪れるようなところですね。
乾杯から食事が始まり、噂のファッションショーです。
番号順に舞台に上がり審査を受けます。
全部で六百数十人だったかな?確かそれくらい参加者がいたので、ここでかなりの時間がかかりました。
その間、食事をしながらおしゃべりをしていたのですが、ショーのBGMがものすごい大音量。お互い聞き返さないと会話ができないくらいでした。
司会者が壇上に上がった人の着こなしを次々紹介していくのですが、ひたすら褒めちぎるのです。かなり無理矢理な感じでしたが、よく言葉が続くものだと感心しました。
延々と続いたショーの後はじゃんけん大会。
メーカーが賞品を提供し、じゃんけんで勝ち抜いた人がもらえます。
この日のわたしはかなり弱くて、すべて1回目か2回目で脱落してました。
賞品は蒔絵の着物ハンガーや帯揚げ・帯締めから帯、着物まであって、ちょっといいなと思うものもありましたが、あまり趣味ではないものが多かったので、全然好みでない着物をもらってもなーという感じでした。負け惜しみではありませんが。
このゲームは一応ファッションショーの審査を集計している間に、ということになっていました。
ショーの後に全員が素敵だと思う人の番号を書いて投票するのですが、自分に入れてもいいのでもちろんみんな自分に投票します。
ということは「集計」ってたぶん意味ないですよね。ほんとにやってるのかな。
受賞は審査員や日本和装の思惑で決まっているようです。噂ではセミナーでたくさん買った人が選ばれるとか。
確かにそんな雰囲気でした。審査員はショーの間しっかり全員を見ているわけではなく、席を回って自社製品を身につけている人に声を掛けたり一緒に写真を撮ったりしてましたよ。
そんなこんなで授賞式、先生への花束贈呈、スピーチなどなどがあり、席で先生から終了証を手渡されて解散。

f0013029_1183425.jpg練習した甲斐あってか、草履が痛くなることもなく無事に半日過ごせました。
まだ暑かったので、帰ったらすぐに軽装に着替えましたよ。
わたしとしては、着物で食事に行く踏ん切りがなかなかつきそうになかったので、いいきっかけになりました。
とはいえ、どんなお店でも気軽に行けるかというと自信がないのですが…。
ホテルや料亭ならいいけど、居酒屋や揚げ物料理のお店だと汚してしまいそう。

神戸に日本和装の常設型店舗「きものスーパー」ができるそうですね。
開店したら偵察に行ってみようかな。
[PR]
2007年 10月 29日 *
f0013029_17205523.jpg
ハーブの鉢の土を再生します。
新聞紙の上に古い土を広げ、今日・明日で乾かします。
明後日、土を再生させる土を加えます。
いろいろな土壌改良剤が混合されているもののようです。
1~3割をよく混ぜて鉢に戻したら、またシソ、バジル、ルッコラ、パセリの種を蒔きます。
[PR]
2007年 10月 28日 *
f0013029_18443220.jpg
長さ14cm。
今夜はあんこう鍋ですが、さりげなくオクラを1本プラス。

古い土を再生させる土、というのを買ってきたのでハーブをやり直します。
[PR]
2007年 10月 24日 *
いつも使っているのは「坪田信二のカレールー」。
でも別にこれにこだわっているわけではないので、ほかに食品添加物を使っていないカレールーがないか探してみました。
まず目についたのが、デパートやいかり、成城石井などで種類豊富に売ってるコスモのカレールー。
原材料をみるとかなりいいせんいってますが、カラメル色素が気になったのでやめました。惜しい!
f0013029_23342028.jpg阪神百貨店でみつけたのは、ピザレストランすぴなっつおらの「ホテル用カレールー」。
いかりでは創健社の「植物素材の本格カレーフレーク」を購入。
坪田氏のも野菜だけなので、創健社のは似たような味なのかな。
すぴなっつおらの方は豚脂、ポークエキス、チキンエキスなども入ってます。
カレーはそんなに頻繁に作りませんが、さっそく食べてみたいのでしばらくカレーが続くかも。
といっても市販のルーそのままの味ではなく、いつも自分でいろいろ香辛料を加えているんですけどね。
クミンをたっぷり入れるのがポイントです。

**

予想通り、坪田氏と創健社は似たような味でした。
同時に食べ比べたわけではありませんが、印象として。
すぴなっつおらはまろやかな味。
カレーをバターや生クリームなど乳製品でまろやかにするのは好きではないのですが、これはそういう味ではなく、全体が調和しているまろやかさ。
あと、子供の頃から慣れ親しんでいる味に近いと思いました。
野菜だけでまろみや旨みを出すのはなかなか難しいのですね。
[PR]
2007年 10月 22日 *
REGZAが故障しました。
最初に症状が出たのは確か春先…。いや、冬だったかな。
朝のニュースをつけっ放しにしていてふと見ると、音声はそのままで画面が真っ黒になっていたのです。
その後、春か夏にさらに1、2回同様のことが。
頻度が低いので放っておいたら、今月に入って急激に悪化しました。
スイッチを入れると一瞬画像が出た後、すぐ真っ黒になってしまいラジオ状態。
これが2回に1回くらい起こります。
念のため配線や接触を確認しましたが、そのせいではないようなので修理依頼しました。
やってきたのは定年後も仕事を続けている、といった様子のベテランサービスマン。
実は修理依頼の電話をした後、症状の再現率が低くなっていたので気にしていたのですが、症状を確認することもなく、「話を聞いたらこれだろうと思ったので部品を持ってきました」といきなりTVの分解開始。
画像を司る基盤を手早く取り替えて、30分もかからず作業終了。
いつ買ったか聞かれたので、去年の5月と答えると、リモコンで何やら操作。
すると画面に、使用開始年月や総視聴時間などのマル秘情報が現れました。
だったら聞くことないのに。
もしあからさまな嘘をつかれてから本当の使用開始年月を出したら気まずくないんでしょうかねえ。
保証期間の1年は過ぎていますが、「これ1回目でしょ?今回の代金はサービスでいいです」と言って去って行きました。
もちろん御礼は言いましたが、症状を確かめないことといい、確信をもって部品を準備していることといい、ちょっと怪しい。
ネットで調べてみると、同型の32C1000で春頃に同じ症状が多発しているらしいことがわかりました。
やっぱりねー。
まあ、「ほかでもこの症状がよく起こってるんですか」なんてきいても、「さあ~、私は聞いてませんね~」とでも言われるのがおちかもしれませんが。
とにかく、すぐ直ってよかったです。
[PR]
2007年 10月 21日 *
f0013029_2015339.jpg本日の収穫はゴーヤー6本。
右から、長さ約18.5cm直径2.5cm、長さ約17cm直径2.5cm、長さ約14.5cm直径2.5cm、長さ約14cm直径2.5cm、長さ約11cm直径2cm、長さ約9.5cm直径2.5cm。
もうまとめてゴーヤーチャンプルにしてしまいます。
f0013029_2015241.jpgあとはほんとに小さな小さな実が2、3なっていますが、育つかどうかはわかりません。
とりあえず、ゴーヤー全体の片付けはまだせずに様子をみます。

夏の暑さですっかり茶色くなっていたラベンダー。
てっきり枯らしてしまったかと思っていましたが、完全にパリパリになった部分を切り落とし、ほんの少しだけあった緑の葉を残していたら復活してきました。
[PR]
2007年 10月 20日 *
f0013029_204021100.jpgオクラは昨日食べようと思っていたのに無理だったので1日遅れましたが、もう真夏ほどグングン伸びません。
長さ約16.5cmと16cm。
f0013029_20404232.jpg片方は根元が少し赤みがかっています。

ゴーヤーの葉は枯れてきてパリパリ。
とったのは3本のうちの真ん中の1本です。
長さ約14.5cm、直径約2.5cm。
小さいけれど、ふたり分の和え物をちょっと作るにはぴったり。
[PR]
2007年 10月 17日 *
f0013029_2047712.jpg
長さ約14.5cm、直径約3cm。

そろそろゴーヤーの花も終わりのようです。
[PR]
2007年 10月 16日 *
f0013029_2282141.jpg
右の1本です。
長さ約14cm、直径約2.5cm。
小さいですが、今年なったゴーヤーの中で一番の器量よしです。
[PR]