Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2008年 01月 ( 21 )   > この月の画像一覧
*
*
2008年 01月 28日 *
お正月に彼の両親が、雑誌に載っていたというおそば屋さんを教えてくれました。
八雲はいずれ行ってみようと思っていたのでさっそく足を運びました。
売り切れ次第閉店だし、有名店だし、と思って開店と同時に入りましたががらがら。
けっこうゆっくり食べましたが、ほかにお客はやってきませんでした。
十割を食べるつもりでいたら、お品書きにはなく、聞いてみるとおそばは二八でした。でもとてもいい香り。
今のところ一番気に入っているのは有漢やのおそばですが、八雲のおそばも木の実のようなコクのある風味を感じます。
ざるそばは上に海苔がのっていたので、先に海苔だけ食べてしまいました。
これ正解。海苔と一緒に食べた彼はあまりおそばの香りを感じられなかったと言ってたので。
次からは海苔抜きにしてもらおう。
薬味の葱、大根、わさびは全部つけたら(おそばにまぶしました)、かなり葱が強烈だったので、これも次からは葱なしで食べようと思います。
ほかにとろろ焼きなるものも頼んでみました。
葱とそばを具にした、とろろ芋ベースのもの。
なかなか美味しかったけどちょっと油っぽかった。
これ、自分で作れないかな。
とろろ芋が多いともんじゃ焼き状態で固まらないと思うので、適度に小麦粉を多めにすればいいのではないかと。
そのうち試してみます。
とにかくおそばが美味しかったので、また行きたいお店になりました。
初めてのおそば屋さんではたいてい天ざるを食べることにしているのですが、今回は十割を食べる気満々だったため、うっかりざるそばを頼んでしまいました。とろろ焼きをつけたということもあるけど。
次回は天ざるで天ぷらの腕前を拝見。

**

新そばの季節に再び訪れましたが、どういうわけか以前ほどおそばが香り高くありませんでした。
天ぷらも食べてみましたよ。サクサクしていて普通でした。
[PR]
2008年 01月 26日 *
f0013029_0251866.jpgチーズ焼き三連発。
今回はちょっとヘンなことに挑戦。
好物の舟和の芋ようかんがたくさんあるので食材として使ってしまいました。
耐熱の器に芋ようかんを入れ、スプーンで適当に崩します。
溶けるチーズをのせて黒胡椒を振り、250℃のオーブンで8分。
もっとたっぷりチーズをのせたかったけど、あまり残ってませんでした。
でもとりあえず使いきれて良かった。
芋ようかん、焼いても美味しかったです。
冷えた状態と違ってかなり甘かったので、やっぱりたくさんチーズをのせた方が味のバランスよさそう。
でもなんかね、舟和の芋ようかんって買う場所とかそのときによって美味しさが全然違います。
昨年6月のはちょっといまひとつでしたが、今回のはとろけるように美味しかったです。
[PR]
2008年 01月 25日 *
f0013029_6225824.jpg
いつものかぼちゃの煮物に黒胡椒を振り、溶けるチーズをのせて焼きました。
250℃のオーブンで8分。
簡単で美味しい。
たくさん煮物を作って連日食べてるとき、ちょっと味を変えるのにいいです。
[PR]
2008年 01月 24日 *
f0013029_094692.jpg
なすがあるのでなすのスパゲティを作ろうと思いました。
そういえば溶けるチーズもあるのでやっぱりなすとペンネのグラタンにしよう、と考え直しました。
なす2本、玉葱1個とベーコンを炒め、塩・胡椒してグラタン皿に入れたら、それだけでほぼいっぱいに。
結局パスタはなしでそのままチーズをたっぷりのせ、250℃で18分焼きました。
[PR]
2008年 01月 23日 *
f0013029_6385684.jpg最近ちょっと気に入っているのがハーゲンダッツのアズキミルク。
練乳のような懐かしい風味が幸せ。
それだけだと、アイスの場合はかき氷と違って飽きそうですが、小豆の味と食感がアクセントとなっています。
黒糖黒みつもけっこう好き。甘いけど。
ビターキャラメルは期待していたよりかなり甘かった。もう少しビターだといいな。
ドルチェのティラミスは相変わらずお気に入りです。
ドルチェといえば行きつけのお店で、クレーム ブリュレだけ半額になっている…と思っているうちに姿を消しました。
やっぱりね。凝った印象のティラミスに比べて単調だし、アイスにカラメルがのっているのも一般受けしなそうだったし。
入れ替わるようにしてモンブランが登場しましたが、栗らしさが足りなくて不満でした。
モンブランならイメージに合ったアイスクリームができそうなのにね。
[PR]
2008年 01月 22日 *
TVでイタリア料理のシェフが創作料理としてお餅のピザを紹介していました。
ちらっとみただけでその場は「ふーん」という感じだったのですが、そういえばちょうどいいものがある!
f0013029_75473.jpg知人にいただいたお餅の切れ端です。
うちではお餅の耳と呼んでいるのですが、普段お餅はグリルで焼いているため網が粗いのでちょっと焼きにくいのです。
揚げるのはあまり好きではないし。
もちピザはフライパンで一度に焼き固めるので手軽そうだったこともあり、さっそく試してみました。
TVで紹介されていた作り方をちゃんとみていたわけではないので自分なりに適当にやってます。

作り方は…。フライパンに多めのオリブ油を入れ、細く切ったお餅を敷き詰める。全体にしっかりめに塩を振って加熱。お餅どうしがくっついて底にほどよい焦げ色がついたら裏返し、油が足りないようなら足して、全体に塩を振る。充分焼き色がつく少し前に、薄い輪切りにした玉葱とトマト、ベビーリーフ、溶けるチーズをのせて蓋をする。チーズが溶けたら火を止め、バジルをのせる。

f0013029_751784.jpgわたしは生の葱臭さが気になるので玉葱は事前に電子レンジで少し加熱しました。新玉葱を水にさらして使えば美味しそう。
バジルを切らしているのでルッコラをのせました。ベビーリーフにも入ってるんですけどね。

一切れ食べる分には美味しかったです。でも、たくさん食べると飽きます。
面白いけどピザは普通のピザ生地がいいなあ。お餅も普通に食べた方が美味しいし。
わざわざお餅を細く切ってまで作ることはないけど、またお餅の耳が手に入ったら作ってもいいかな。1回の量は少なめで。
具を変えてもよさそうですが、生地が油っぽいのでベビーリーフをのせるサラダ風が考案されたと思われます。
[PR]
2008年 01月 21日 *
石鍋料理の石頭楼(スートウロウ)へ。
料理は石頭火鍋のみ、という専門店で、六本木に本店があるようです。
予約なしで入店し、席に案内されると、大きな石鍋がやってきました。
前菜を食べている間に鍋料理が作られていきます。
まず熱した石鍋にたっぷりの胡麻油が入り、そこで豚肉と牛肉が順に炒めるように加熱されていったん取り出されます。
その後で、まだかなりの量の油が残っている中に鶏スープが注がれ、熱くなったら肉や野菜などが入ります。
火が通ったら鍋料理を味わいます。
大量の胡麻油が使われているにもかかわらず、くどさや油っぽさはそれほど感じません。
食材それぞれの質も良く、美味しくいただきました。
でもね、所詮と言っては失礼かもしれませんが、鍋なんですよね。
ごつごつとした石の鍋で作る料理は面白かったけど驚くほど美味しいわけでもないし、家で食べる鍋だって充分美味しいんですよね。
家で作るなら、けっこういい材料を揃えてもそれほどコストをかけずにお腹いっぱいになることができます。
ビジネス街や繁華街ならともかく、住宅地の中にあるこのお店に安くもないお鍋をわざわざ食べに行く人ってそんなに多くないんじゃないかな。
なぜそう思うかというと、この日のお客は我々1組だけという淋しい状態だったから。
お店の方も、男性と女性が1人ずつでした。
2、3度、夜にお店の前を通りかかったことがあるのですが、お客が入っているのをみかけたのは1回だけで、そのときもやはり1組だけ。
「予約しなくても入れそうだね」ということになり、「撤退する前に行ってみよう」と足を運んだのでした。
暖かくなったらますます客足が遠のきそうな気がするのですが、どうでしょう。
お昼は少しお値段安めで、予約のみ受け付けているようです。

**

閉店しました。
やっぱり…という感じです。
白金の方は順調なのでしょうか。
[PR]
2008年 01月 18日 *
f0013029_74045.jpgお菓子のセレクトショップ、ボンベノンに行きました。
店内に入ると、造り付けの小さな棚にチョコレートや焼き菓子が並び、続いてソフトクリームをその場で食べられる席がいくつかあります。
一瞬けっこう広く感じましたが、奥が鏡張りになっているためで、かなりこぢんまりしたお店です。
以前から気になっていたのがブラウニー。
展示してあるものは紙でできていますが、眺めていたらフレンドリーなマダムが実物を持ってきてくれました。
お菓子研究家・平野顕子さんのブラウニーはニューヨーク・ブラウニーと、1800年代のレシピを再現したロビンウッドの2種類があります。
ロビンウッドの方がちょっと生チョコに近い感じ、との説明でした。
どちらもコーヒーや紅茶のほか、ワインなどお酒にも合うとのこと。
決めかねていると、彼が「両方買えば」と言うのでそうすることにしました。
f0013029_742840.jpg一見ロビンウッドはNYブラウニーの倍のお値段ですが、厚みも倍なので重量あたりの価格は同じです。
お会計をお願いしていたら、彼がチョコパフも追加してました…。
チョコパフは期限切れ間近のものが値引きされて籠盛りになっている、とマダムが教えてくれました。
でも見切り品はすべてスイートで、買おうとしていたミルクはなかったので正規のものを買いました。

f0013029_743930.jpgブラウニーは小さく切って少しずつ食べています。
NYブラウニーは香ばしくてコクがあり、チョコレートキャラメルのような味。
ロビンウッドは比較的すっきりした味ですが、練りこまれた砂糖のしゃりしゃりした食感が気になります。彼は「じゃりじゃりする」と言ってました。生チョコっぽくはないなあ。
味も食感も断然NYブラウニーが好みです。クルミの大きさや量もほどよくて合ってます。
ほんの一口食べると、もっと食べたいと思いますが、濃厚なのでたぶんそれ以上食べたら飽きる気がします。

**

2008年4月いっぱいで閉店だそうです。
残念。
[PR]
2008年 01月 17日 *
f0013029_7484497.jpg数年前、自宅近くにボローニャのお店ができました。
デニッシュのお店らしいということはわかっていましたが、わたしは特にデニッシュが好きなわけではないので、気にしているうちに、ほどなく閉店してしまいました。
先日、高速道路のパーキングエリアで発見し、デニッシュ好きの彼がみつけて即、購入。
でも、あれ?これはボロニヤ
どうやらボローニャ、ボロニヤなど、関係があるのかないのか、似たような会社がたくさんあるのですね。
f0013029_7485471.jpg
触れてもそんなに指が油っぽくなりません。
味もデニッシュにしては油っぽくない感じ。
わたしがデニッシュやパイ生地に苦手なものが多いのはバターくささがくどく感じられるからなのですが、生クリームやバターを使っているわりにはすんなり食べられます。
確かに食べやすい味と食感だけど、高級パンを謳っているわりに安っぽさがあるのはなぜだろう。
よくあるスナックパンの味を連想してしまうからかも。
[PR]
2008年 01月 16日 *
f0013029_719773.jpgちょっとへんてこな樹形になりつつ、温暖な季節にはぐんぐん育っていた月桂樹
夏頃だったでしょうか、雨が降ったわけでもないのに葉が濡れている。
さわってみるとべたべたします。
水滴がついているわけではなさそう。
月桂樹って葉の表面に樹液(?)が出るのかな、と思ってとりあえずそのままにしていました。
ふと思い出して調べてみたら衝撃の事実!
害虫の分泌液でした…。
ヒラタカタカイガラムシというカイガラムシの一種は柑橘類や月桂樹などに寄生して樹液を吸い、そのままにしておくとスス病を併発するとのこと。
葉がベタベタになるのはヒラタカタカイガラムシの分泌液で、これによって虫がいることがわかるそうです。
ざっと見て、虫なんてついてないよ、と思いましたが、よくよく調べたら、いた!
f0013029_7204382.jpg
f0013029_7205386.jpg
葉脈に沿って葉の裏表に、また枝に。
あんまり虫という感じの姿ではないです。
一見すると、ピッとはねたホワイトソースがつるつるした物の表面に付いてそのまま乾いてひからびて変色したようなイメージ。
月桂樹のすみずみまでよく見て、みつけたのはすべて歯ブラシでこそげ落としておきました。
いなくなるまでときどき様子を見て駆除するしかないですね。
それにしてもヒラタカタカイガラムシ、どうしてこんな長い名前なのでしょうね。
平たくて硬い貝殻虫?
[PR]