Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2008年 07月 ( 22 )   > この月の画像一覧
*
*
2008年 07月 31日 *
なんだかだんだん違う方向に行っているような気がして、もう何年もルパンのTVシリーズはみていなかったのですが、ふと気が向いて最新作をみてみました。
期待してなかったということもあるけど、なかなか面白かった。
ほどよい重さと軽さの混ざった、割とまとまりのよいストーリー。
久し振りにみたら携帯電話が普通に登場しているのが新鮮でした。
銭形警部が事故に遭ってしまうため、執拗にルパンを追うシーンはかなり少ないですが、別に銭形ファンではないので問題なし。
近年はキャラクターデザインが今っぽくなってきていたのも気になっていたのですが、今回はちゃんと昔の絵柄に戻っていて嬉しい。主要キャラの顔とか不二子の体型とかね。
女性の服装は無駄にセクシーで、不二子は無駄に裸になり…というのも出し方がそんなにいやじゃない。
話に関係なくやたら猫が出てきてましたが、制作関係者が猫好きなのでしょうか。
通行人との絡みがやたら丁寧に描かれていたり、ちょっと凝っている。
ルパンをみて育った世代が制作に関わる歳になってきて、それなりに愛着を感じて作っているのかな、という気がしました。
マニアではないので詳しいことはわかりませんけどね。
でも声優さんの年齢を考えるとそろそろ潮時ではないでしょうか。
彼は「不二子のしゃべり方がなんかゆっくりになってる」と言ってました。
そしてわたしはマニアではないけど原作本は持ってました。エロエロです。
原作では銭形警部はアニメのように三枚目ではないのですよ。
ついでに言うと、家人はマモーの登場する複製人間の話がお気に入りのようです。

『ルパン三世 sweet lost night ~魔法のランプは悪夢の予感~』2008年 日本 アミノテツロ
[PR]
2008年 07月 30日 *
f0013029_6392552.jpg今年初収穫のゴーヤー。全長約20cm。
2つなっているうち上のものです。
ここ数日様子をみていたら少し黄色くなってきてしまい、急いで採りました。

**

続いて下のも採りました。こちらは約26cm。

**

鉢で植物を育てる際、野菜や花にそのまま使える土を使っているのですが、先日様子をみてくれた母によると粒子が細かすぎて詰まりすぎとのこと。
土の表面に緑の苔がついた状態は水の遣りすぎというのですが、この暑さでへたに控えるわけにいかないし。
もっとふかふかした土を目指さなくてはいけないようです。
f0013029_633017.jpg虫の発生も気になると言ったところ、腐葉土と燻炭を勧められたのでさっそく購入。
燻炭は籾殻を炭にしたもので、土壌改良に有効なようです。
でもこれらを混ぜただけだとまだ密な感じ。
ミニトマトの土が一番状態がいいと言われたので、ミニトマトの土に多く混ざっていそうな赤玉土や軽石も購入を検討中。
確かにね、ミニトマトの土は比較的さーっと水を吸い込んでいく感じなんですよ。
ほかのは土の上に水が溜まっていく。
やはり手を抜かずに土から自分で調合しないとだめですかね。
野菜作りは土作りから、ですか。

f0013029_6593070.jpg特に何も手を掛けてないブルーエンジェル。
最近、下の方が葉が変色しているのが気になります。
f0013029_6333978.jpg去年の夏は無事に越せたのですが…。
母によると、鉢いっぱいに根詰まりしてしまっているとのこと。
鉢で育てる木は鉢の大きさに応じて生きるので、大きな鉢に植え替えればどんどん成長するし、植え替えなければその環境に合った大きさでいるはずなので春秋に肥料をやるくらいで鉢の中は気にしないでいたのですが、土の状態は整えてやらなければいけなかったようです。
f0013029_634232.jpg鉢の縁に沿って耕してやるといいとのこと。
ただ、手持ちのグラスファイバーのスコップだと弱くて根が切れないとのことなので、新たに金属製のスコップを手に入れました。

ホームセンターでみかけて気になり、ついでに買ってみたのが鉢底土。
丈夫なネットに入っていて、洗って繰り返し使えるというもの。

f0013029_635982.jpgf0013029_6353416.jpg←今まではこんな感じでオクラが入って売られているネットを敷いて適当な石で鉢の穴を塞ぐだけで野菜用の土を投入していたのですが、この鉢底石を敷けば手軽に水はけよくできるかな~。
…と思ったのですが、底の浅い鉢に使うと成長を阻害することもあるとのこと。
うーん、ハーブくらいなら大丈夫かしら。

燻炭は黒い粉が舞う感じでしたが、作業後にうがいをしたり鼻をかんだりしたら少し黒くなってました。
けっこう吸い込んだみたい。
[PR]
2008年 07月 29日 *
f0013029_6254981.jpg
思いがけず妹から贈り物が届きました。
自由が丘タオル美術館のタオル。
ユニークにたたまれた包みを開けると、俣野温子さんのタオルが4枚。

f0013029_6262468.jpg
f0013029_6325244.jpgちょこっと動物がついていて、色合いもなんともかわいい。
青いチェックのタオルの黒猫は紐のしっぽが垂れ下がっています。
赤いタオルは何の動物かわからないけど耳つき、ピンクと水色は白うさぎつき、暖色系の縞々タオルは画像ではわかりにくいですが黒猫がついてます。黒猫の下のぼかしてある部分には刺繍で名前を入れてくれてます。
妹が自分のために買ったというかえるの水玉タオルもかわいい。
うさぎのタオルには娘の名前を入れたようです。

**

ワクワクしながら髙島屋に行ってみると、タオル売場にちょっぴり展示されているだけでした。
ショップが入ってるわけじゃないのか…。
本店のようなラッピングも期待できませんね。
[PR]
2008年 07月 28日 *
喪中なので本来なら歌舞音曲は控えるべきところなのでしょうが、よりによって中国遼寧歌舞団の公演に行ってきました。
お葬式のすぐ後にも上妻宏光さんの三味線ライブに行ってるんですけどね…。
さて中国遼寧歌舞団、訓練された笑顔で美女が登場した時点で偏見が沸きあがりかけましたが、考えてみれば宝塚だって似たようなものですね。
内容は中国の伝統音楽を元にした華やかなレビュー。
どちらかというとアクロバティックな見世物を想像していたのですが、音楽も踊りも思いのほかまっとうでした。
中国の伝統音楽はけっこう好きなので、堪能しました。
スピーカーから大音量で流れていたのは残念でしたが。
せっかく二胡や琵琶の生演奏なのだから、そのままの音を聞きたかった。
舞台がクラシック用のホールだったのでなおさらそう思いましたが、いろいろな場所での公演に対応するためには仕方ないのでしょうね。
今回は女性の美しさを謳い上げる公演、ということなので女性しか出てこないのかと思っていたら、引き立て役として男性の踊り手も何人か登場しました。
踊り子はそれぞれきれいだったりかわいらしかったり、つい品定めして好みの子を目で追ってしまうのも楽しかった。
お化粧がちょっと古い人と、舞台メイクなのに自然で素晴らしくきれいな人との差が激しかったけど、完全に各人に任されているのでしょうか。
音楽と踊りのほかにもいろいろな見方をしてしまう公演でありました。
[PR]
2008年 07月 27日 *
f0013029_116233.jpg
歴史ある建物に趣の漂う中之島倶楽部
レストラン内部の白いタイル張りの壁はそっけない感じでそんなに好きではないけれど、レトロな造りには興味をそそられます。
なにより、外観が美しい。
ここではコーヒーを飲みながら一休みしたことしかなかったのですが、今回はお昼のオムライスが目当て。
平日の12時ちょうどに到着しましたが、待つことなく入れました。
場所柄ほとんどのお客が会社勤めらしき人々。
朝のドラマにも登場した名物のオムライスを食べている人が多いです。
わたしはもちろん大盛りを注文。
注文を受けてから作っているということで、時間がかかると言われ、小さなコンソメスープを平らげて覚悟して待ちましたが、確か15分ほどで運ばれてきました。
きれいな形と彩り。昔ながらのオムライスらしいオムライス。
白いチーズのソースはあまり存在感なし。
ドミグラスソースもチキンライスもあっさりしていて食べやすい味。
たっぷりのソースがそのまま残ってしまうのがもったいないですが…。
中にほうれんそうが入っているのは健康的で好感が持てますが、食感としてはピーマンの方がいいと思いました。
食後にはこれも名物らしいフルーツジュース。それとマンゴージュース。
どちらも思いがけず味が濃くて美味しい。

すぐそばにある東洋陶磁美術館は素晴らしいですよ。
展示内容はもちろん、ゆったりと空間を使って展示している点もとてもいいです。
[PR]
2008年 07月 26日 *
f0013029_21331766.jpgいろいろな野菜をたっぷり食べられる和え物。セロリの香りと歯ざわりが利いています。
たっぷり作ってもりもり食べます。

作り方は…。挽肉(なんでもよい)100gに醤油大さじ1、砂糖小さじ1、胡麻油少々、長葱のみじん切り大さじ1、白すり胡麻少々を加えて手でもみ込み、全体にまんべんなく下味をつける。にんじん1本、セロリ1/2本、茹でたけのこ100gは5cmくらいの長さに揃えてせん切りにする。玉葱1/2個は薄切りにする。絹さや100gは筋を取ってせん切りにする。もやし1袋はひげ根をとる。椎茸5個は細切りにする。春雨は熱湯で2、3分茹でて戻し、さっと洗って食べやすい長さに切る。熱した中華鍋に胡麻油大さじ4を入れ、にんじん、セロリ、たけのこを入れて強火でさっと炒める。続いて長葱のみじん切り少々、玉葱、絹さや、もやしを加え、塩・胡椒をふってだいたい好みの硬さになるまで炒め合わせる。野菜を寄せて鍋の手前を空け、挽肉と椎茸を入れて強めの中火で肉の色が変わるまでほぐしながら炒める。肉に火が通ったら、醤油大さじ3、胡麻油少々、砂糖小さじ1、白すり胡麻大さじ2を加えて全体を混ぜ合わせる。最後に春雨も加えて混ぜる。
[PR]
2008年 07月 25日 *
有機野菜をたくさん使ったイタリア料理というのに惹かれてチェレブリタへ。
確かにどの料理もいろいろな野菜が入っていて嬉しかったけど、どれもしょっぱめ。
特にパスタは塩入れすぎな感じでした。
デザートの盛り合わせはどれもこれも甘すぎて口に合わず。
お店の人たちは感じいいんですけどね~。
[PR]
2008年 07月 24日 *
f0013029_642454.jpg
遊びに来てくれた友人の手土産。
滋賀出身の彼女は「滋賀のお菓子を広めたいので宣伝させて!」と言ってくれました。
たねやの包みが出てきたので喜んで「たねやってすごく美味しいよね!ここのふくみ天平が大好きなの」と言ったら中身がふくみ天平だったので、友人と一緒に狂喜乱舞。
わたしも今まで何度かお遣い物にして喜ばれています。
[PR]
2008年 07月 23日 *
f0013029_6291124.jpg
リネンバード待望のワッフルのフラックスが入荷しました。
これで綿・綿麻と使い比べられます。
[PR]
2008年 07月 22日 *
帰省ついでに明治の100%チョコレートカフェへ。
思いがけず10食限定のチョコサンドがあったのでそれと、プレーンビターのチョコロネ。
チョコレートを食べながらチョコレートドリンクを飲むのでは甘くて大変なことになりそうなのでコーヒーでも注文したいところですが、「せっかくチョコレートカフェなんだから」という気持ちが勝ってショコラスカッシュカシスとフルーツシェイクに。
コーヒーとかがあったら100%じゃないのでは、という考えが頭をよぎりましたが、飲物には「本日のチョコレート」がついてくるのでよしとしよう。
チョコサンドはあまりわたしの好みには合わなかったけど、たぶんそれはもともと食パンやフルーツサンドが好きじゃないからだと思います。フルーツサンドが好きな人には喜ばれるのではないかな。
パンにはさまっているキルシュホワイトがとても美味しかったので、わたしとしてはチョコ部分が主役になる食べ方のほうが断然いいと思いました。
チョコロネは中身のプレーンビターがとても風味がよくて美味しかった。
f0013029_91682.jpgパンの部分は味も食感もそっけない感じだけど、中のチョコレートを味わうためにはこれくらいでいいのかも、と思いました。
なにしろ暑いので、冷たいチョコレートドリンクは嬉しかったけど、チョコレートらしさはちょっと弱めです。
でもすっきりして美味しかった。
おまけでついてきた小さなマンゴーのチョコレートもほとんど甘くなくて夏にぴったりのさっぱりした味でした。
そんなに量がないからということもありますがどれも甘すぎないものばかりで、チョコを食べチョコを飲んだ後も甘さや濃厚さでつらくなることはまったくありませんでした。
f0013029_913014.jpg寒い時期のホットチョコレートが一番濃厚さを満喫できそう。味わってみたいです。
時間があればフローズンチョコレートも試してみたかったけど、急いでいたので今回は断念。
手土産にはショコラブッセを購入。持帰り可能限度の10個を中身はおまかせで。
「これ美味しい!」とか大勢でキャーキャー盛り上がりながら食べるのはなかなか楽しいものでした。

箱入り娘も元気でした。
[PR]