Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2008年 10月 ( 39 )   > この月の画像一覧
*
*
2008年 10月 31日 *
f0013029_2143873.jpg
たった1本だけど15cmくらいあるので料理の彩り程度にはなります。
もう11月になりますが、まだ結実したものがあるし花も咲いているのでもう1本くらい採れるかも。

ミニトマトはたくさん青い実がなっていましたが、さすがにもう色づかなくなったので昨日片付けました。
[PR]
2008年 10月 31日 *
ターミナル』2004年 アメリカ スティーヴン・スピルバーグ

祖国のクーデターによりパスポートが無効になったことで、長期間空港に足止めされた男の物語。
無意識に壮大なヒューマンドラマを期待してしまっていたらしく、なんだかもの足りない感じでした。
いろいろいいエピソードは詰め込んであるけど、浅く感じてしまうというか。
実際に空港に足止めされた人の実話の要素が入っているらしいですが、現実ではどんな様子だったのでしょうね。
この映画ではまったく現実味がありません。
実話があったことは後から知ったのですが、それまでは「こんなことってあるの?」と思いながら観ていました。
[PR]
2008年 10月 30日 *
f0013029_6252524.jpgカルボナーラにたっぷりのイタリアンパセリをのせる、というのを知り試してみました。
あっさり感が出てすごく美味しい!
クリーム系のパスタは途中で飽きてしまいそうになることもありますが、かなり感じが変わります。
ベーコン、生クリーム、卵だけで蛋白質と脂肪ばかりのところに、野菜が入っていると嬉しい。
パセリ好きだし普通のパセリでもよさそうです。
といっても最近パセリの種を蒔き直して芽が出たばかりなので、育つまで待ちます。

カルボナーラの作り方はこちら
[PR]
2008年 10月 29日 *
舞妓Haaaan!!!』2007年 日本 水田伸生

祇園の舞妓に憧れるサラリーマンの入れ込みっぷりを描いたコメディ。
もっとお座敷業界の実態が詳しくわかるような内容かと思っていたら、そうでもなくてかなりのドタバタでした。
面白かったけど、主人公がすごく落ち着きがなくてうるさい。
脚本は宮藤官九郎。
植木等はこの作品が最後の出演になったそうです。
[PR]
2008年 10月 28日 *
イタリア料理のラディーチェへ。
こぢんまりしたお店で、お運びの女の子がいたけどほとんどオーナー独りで切り盛りしている感じ。
なので料理や飲物が出てくるのにはけっこう時間がかかります。
盛り付けはかなりワイルドで、お皿にてんこ盛りになってたり。
スパゲティの端がお皿からはみ出てるのって初めて見た…。でもね、味や茹で具合はなかなかよかった。
前菜盛合せとかホタテのサラダ仕立てとか、お皿にちょこちょこっとのってるだけかと思ったら、思いがけずたっぷりと盛り付けてあって嬉しかったです。
彩りはいまひとつだったりするんですが、見た目に手を掛けてばかりで味が二の次になってるお店より、多少ワイルドでも美味しいものがどーんと出てくる方が好感が持てます。
オープンキッチンなのはいいですが、たまにガチャガチャしてるのは仕方ないのかな。まあ、かなりカジュアルなお店ですからね。かなり割安感もあるし。
くるくると立ち働きながらもオーナーはできるだけ声を掛けるようにしているらしく、常連らしきお客にもそうでない人にも一生懸命応対しようとしているのが伝わってきました。
駅に近くてラストオーダー22時というのは便利。
[PR]
2008年 10月 27日 *
『アイ・スパイ』2002年 アメリカ ベティ・トーマス

オーウェン・ウィルソンとエディ・マーフィが繰り広げるアクションコメディ。
ドラえもんばりのスパイ道具がいろいろ出てくるのが面白い。
これにて一件落着、というあたりでも最後の最後までひっぱってどたばたしているのも可笑しいです。
[PR]
2008年 10月 26日 *
ソフィア国立歌劇場オペラ。
ブルガリアからやってきた一団ですが、この物語のテーマで最重要人物となるリュウを演じるのは日本の第一人者佐藤しのぶさん。
中国を舞台にそれっぽい衣裳で繰り広げられますが、演じているのは白人という奇妙な状況。
大臣は辮髪なのに姫はドレスだし。
やっぱり「誰も寝てはならぬ」のアリアは一番素敵でしたが、ほかの楽曲は比較的地味ですよね、このオペラ。
ところどころ『蝶々夫人』とかぶる感じで、メロディを思い浮かべるときに混乱します。
物語はアラビアンナイト風の命を賭けた謎解きで、となるとそういう話は好きなのですがかなり不条理です。
でも最後はベタベタのハッピーエンドにならずあっさり終わるところはよかった。
演奏や歌は若干バラつく感じ。
どうもオペラやコンサートではそういう印象を受けることが多いのですが、わたしが気にしすぎなのでしょうか。
[PR]
2008年 10月 25日 *
f0013029_13462081.jpgタイ土産のインスタント食品はわりとすぐに平らげました。
カップ麺とレトルトスープはけっこう美味しかったけど、ライススープが…。強烈な化学調味料味でした。
エビ風味も豚風味もたいして違いがないほどグルタミン酸ナトリウム味。
そこで不安になってきたのがトムヤムペースト。
もしかして化学調味料たっぷり?
と思ったけど、原材料表示がタイ語なので読めません。
恐る恐るトムヤムクンを作ってみたところ、旨みと塩分はほとんど入ってないようで一安心。
トムヤム独特の風味づけだけができるようになっています。
ただ、しっかりトムヤム風味にするとかなり辛いです。
スープにこのペーストと塩、レモン汁を加えればベースのできあがり。
エビ、筍、しめじのほか、ししとうも入れてみました。
包丁で縦に切り込みを入れておくのがコツ。
[PR]
2008年 10月 24日 *
『ペイチェック 消された記憶』2003年 アメリカ ジョン・ウー

近未来サスペンス。
身を守るために用意した小道具の使い方がたいしたことなくて可笑しかったけど、次はどうするんだろうと思いながらけっこう楽しんで観ました。
なんか、子供の頃の宝探しゲームを思い出しました。
メモの指示に従って隠された場所から次の指示をみつけ…、というのを繰り返していって最後に宝物がみつかる、という感じ。
17.4 2
[PR]
2008年 10月 23日 *
f0013029_7572313.jpg
ハーゲンダッツのカフェモカ。
一口目は確かにコーヒー味。
でも二口目からはほとんどチョコレート味です。
チョコレートソース多すぎ、強すぎ。
そしてすごく甘い。
食べ比べてみましたがそこまでするまでもなく、コーヒー味のアイスならアフォガートの方が断然好きです。
[PR]