Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2010年 05月 ( 49 )   > この月の画像一覧
*
*
2010年 05月 31日 *
本に載っているバタールの作り方では5~10分こねるとなっているけど、妹によると3分くらいでいいらしい。「こねなくていいんじゃない?ってくらい」だとか。
ってことは、機械で長時間こねてたのは言語道断ですな。

フランスパン系は手ごねで作りましょう。
というわけでついに手ごねパンの世界に足を踏み入れたのでした。

1回目は、全然ダメー。
二次発酵で表面が乾いてしまったのが敗因。

そして2回目。
f0013029_20331692.jpg
やっぱりだめだあ…。
今回はお湯の入った容器を1個置いて二次発酵させたんだけど、それでも少し乾いてしまった。
次はもっとたくさん置こう。
それでもだめなら途中でお湯を取り替えよう。
それでもだめなら途中で霧を吹くかな…。

あと、ちょっと急いでいたこともあって発酵が不十分でした。
この2回は本の通りドライイースト使用。機械でこねたときはどうだったかな。
次回はこだま酵母にしてみよう。

一冊の本に頼らず、もっといろいろなレシピを見て研究してみようという気にもなってきました。
ちょこっと調べたところによると

・オーブンは250℃で予熱して、220℃とかで焼く
確かに予熱しても開けたら温度下がるし、最初にバリッと高温で焼くのはよさそう!

・オーブンの庫内に湯気が上がってる状態で焼く
簡易な方法だと、霧吹きはパンだけでなくオーブンの庫内にも吹いて湯気が上がってる状態で焼くといいらしい。
もっとちゃんとするなら、下段のオーブン皿に石を敷き詰めて水を入れて、それで湯気を上げて焼いてるみたいです。

効果のほどはわからないけど、クープにはあまり霧を吹かない、という話もあったな。

いろいろコツがあるんだな~。バタール。

粉と水分を混ぜたりこねたりする手際も悪い気がする。その辺は数をこなすしかないかな。

本のレシピには入っていないのですが、妹によるとモルトパウダーは絶対あった方がいいとのこと。
それであちこち探したのですが、身近で売っているお店がみつからず。
モルトパウダーだけをネット通販するのもねえ…。
とりあえず妹に頼んで1袋手に入れましたが、今後どうするか考えないとな。
てか、まずは使ってみないと。

発酵が不十分だったため妙にみっしりとしたバタールは、レタスとアボカド、生ハムを挟んで食べました。
パンがもうちょっとましならもっとおいしかったのにな~。
珍しくジャムを買ってみたのですが、アヲハタのマンゴージャム、まさにマンゴー!という感じで当たりでした。
f0013029_2034320.jpg

[PR]
2010年 05月 31日 *
旭山動物園物語 ペンギンが空をとぶ』2009年 日本 マキノ雅彦

飼育員達の創意工夫で廃園の危機から脱し、屈指の人気動物園となった旭山動物園の物語。
観なくてもいっか、と思うくらい気乗りせずに観たけど、豪華な配役に驚き。最後に監督名を見て納得。
脚色と思われる部分はちょっとくどいけど、動物たちがいっぱい出てくるのは単純に楽しかった。
[PR]
2010年 05月 30日 *
『パズル・パレス』
『デセプション・ポイント』
『ダ・ヴィンチ・コード』
『天使と悪魔』

友人が「面白い!」というので『パズル・パレス』から読んでみました。
訳文のせいもあるんだろうけど、軽くて読みやすい。
ラングドン教授シリーズなど、難解なのかと思ってたけど全然そんなことありませんでした。
どの作品も「次はどうなるんだろう?」と思わせて息もつかせず読ませる巧みな構成になっています。
それにしても、主人公とそのお相手は必ず見目麗しいのね。美男美女の好人物が揃った時点で、ああこのふたりがいい仲になるのね、とわかります。
どれもさらっと読めるし『ロスト・シンボル』も読んでみようかな。
[PR]
2010年 05月 30日 *
ブラックボード -背負う人-』2000年 イラン サミラ・マフマルバフ

黒板を背負って村を回る教師達の物語。
教育の大切さなどを説く内容なのかと思いきや、過酷な生活でぎりぎり状態の人々に読み書き計算を無理強いするかのような描写で生々しさが伝わってきます。
男性が着ているじゅうたんのような素材のベストの肩のところに、物干し竿の通りそうな持ち手のようなものがついているのが不思議だったのですが、もしかしてこれは羊の皮の形をそのまま使っていて、脚の部分…?
幼児も小さなベストを着ていましたが、ということは仔羊でしょうか。
[PR]
2010年 05月 29日 *
そちら方面に行ったついでに鶴橋バーガーを食べてみました。
焼肉なのでつい御飯が食べたくなってしまい、ライスバーガーにも心が動きましたが、せっかくだからバンズのバーガーを試してみました。
まあだいたい予想通りの味かな。
パンにハンバーグをはさんでおいしいんだから、それが焼肉でもいいわけで。
ただこれ、キムチが強烈です。
カルビバーガーもプルコギバーガーも、むしろキムチバーガーといった感じ。
この後、人に会う予定だったのに失敗でした…。
匂いが気になってあまり口をきけず。
味的にもチーズをプラスすればよかったかなあ…と後から思いました。
とにかくキムチが強くてあまりお肉の存在感がないので、お肉は増量した方がいいと思います。(プラス料金で増量できます)。
あと、カルビよりプルコギの方がお肉が薄切りなのでバーガーとしては食べやすい。
今度、焼肉キムチサンドを作ってみようっと。
[PR]
2010年 05月 29日 *
『トリック劇場版』2002年
『トリック劇場版2』2006年 
日本 堤幸彦

奇術師と物理学教授が奇怪な事件のトリックを見破り解決するミステリーコメディ。
これって面白いのでしょうか…?
わたしには合わない感じでした。
[PR]
2010年 05月 28日 *
f0013029_2211087.jpg
いただきもののロイズのチョコレート。
さまざまな産地のカカオをいろいろな%で使用しています。
どれもおいしい~。
ロイズって昔はほとんど興味なかったけど、知らないうちにものすごく進化してますね!
[PR]
2010年 05月 28日 *
『パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト』2006年
『パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド』2007年
アメリカ ゴア・ヴァービンスキー
パイレーツ・オブ・カリビアン 呪われた海賊たち』の続編。
1作目はそれだけで完結していますが、2作目と3作目は思いきり話が続いてるんですね。『デッドマンズ・チェスト』のラストは「つづく」といった終わり方。
あの世の描写が60年代頃のシュールな映画みたいでちょっと好き。この部分は映画館で観たら壮観でしょうね。
そしてまだ続くのね…。
[PR]
2010年 05月 27日 *
細野真宏さんの本は株や経済のシリーズを何冊か読んだことがあって、今回は年金をテーマにしたもの。
わかりやすいし、参考になりました。

いつも思うのだけど、お役所って税金とかを徴収するときはこと細かに案内を送ってよこすけど、支給することに関しては不親切だよなー。
[PR]
2010年 05月 27日 *
少年と砂漠のカフェ』2001年 イラン/日本 アボルファズル・ジャリリ

アフガニスタンからやってきてイラクのカフェに居ついた少年。大人と対等に働いているが、地元の警察官は密入国者探しに目を光らせていた。
過酷な状況を、のどかに見えるほどに淡々と描写しているのがいい。
セリフが少ないので話はちょっとわかりにくいけどね。
[PR]