Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2011年 07月 ( 62 )   > この月の画像一覧
*
*
2011年 07月 16日 *
f0013029_20391939.jpg
久しぶりにムサカを作りました。
試しにナスを炒めないで茹でて水気を絞って入れてみましたが、これはこれであっさりしていてよい。
油脂を控えている人にもおすすめ。

しかしこの時期にオーブン料理は暑いな。
といいつつ相変わらずパンは焼いてますが。
[PR]
2011年 07月 16日 *
ある子供』2005年 フランス ジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌ

盗品売買でくいつないでいる若者。妻が出産すると、金目当てに子供を養子に出してしまう。
公開時から気になっていた作品。
自分の子を売ってしまう冷酷な男の話、ではないんですね。「子供」なのです。
[PR]
2011年 07月 15日 *
うちは口金E17のダウンライトが多い。
LED電球が普及し始めた頃、交換を考えたけど、小型化が難しいためE17クリプトン球などに対応するものはないということでいったん諦めた。
でも先日、電器店で最近のLED電球を眺めていたら、いつの間にか口金E17対応の小型LED電球が出てるー!
さっそく家中の電球をLED化することに。
もちろん省エネルギーということもあるけれど、暑いんですよね、ダウンライト。
LEDは白熱灯ほど高温にはならないということなので、夏をやり過ごすのに必死なわたしとしては少しでも室温の上昇を抑えられるといいなと。

まずはどんなものがあるのか調べてみると、もう1500円を切るものも出てるんですねー。
思わず飛びつきそうになりましたが、どうも購入者の評価が微妙。
満足している人もいるけど、中国製だしこんなもんか、というのが大勢のような。
考えてみるとLED電球なんて一度取り付けたら20年とか使うことになるわけだし、そんな長く使うならいいものを選ぼう、という方針に。
銘柄は明るさで一番評判のいいらしい東芝E-COREに決めました。
欲しいのは3種類。
主にリビング・ダイニング用のE26型。
E17型で台所や洗面所などに付ける明るいもの。
E17型で廊下やクロゼット内などに付ける多少暗くてもいいもの。

サイズも問題なさそうだし、E17明はLDA5L-WE17、E17暗はLDA4L-E17に決定。
Wがつくのは光が広がるタイプ。
斜め付けのものもあるのでこれは助かります。

迷ったのはE26型。
LED電球はスイッチを入れてから点灯するまでが遅いとか(まあこれはいい)、○W相当と謳ってても暗いとか、点灯中に音がするとかってこともあるみたいなので、リビング・ダイニングを一気に換えてしまうのにはためらいが。
とりあえず試しに様子をみるため、部分的に3個だけ換えてみることにしました。
もとの電球が60Wなので40W相当で足りるか不安に思いつつLDA7Lに決定。
光が広がるLDA8L-Gや60W相当のLDA9Lもあるけど、値段が跳ね上がるしそこまで必要ないかなと。
品番の通り、すべて電球色を注文しました。

最初に届いたのはE26型。
さっそくダイニングに取り付けて、もとの電球3個だけとLED3個だけを交互に点灯させて明るさを比較してみましたが、比べるまでもなくLEDの方が圧倒的に明るい。
光が一方向に集中してるからかなあ。
でも周りもちゃんと明るいです。
天井や部屋の隅が暗くなるということもない。
異音もしないし、点灯するまでの時差はなぜかもとの電球の方が遅かった。
もしかしてもとの電球が古くなっていたからかもしれません。もう数年使ってるので。
心配していた点がすべて払拭されたので、追加購入してすべて換えることにします。

色は電球色にしてはやや白っぽいです。
わたしの好みでは、もとの電球だと黄味が強すぎて本を読むときとかなんとなく暗いように感じてたので、電球色LEDくらいの色がちょうどいいです。

続いてE17の明るい方が到着。
もとの小型電球は60W型と50W型でしたが、これも換えた方が明るく感じます。
特に台所は明るくなって満足。

洗面所の照明は洗面台に向かって立つと、頭の後ろの方と顔側の2列になっています。
今までは後方の光源だけで空間全体がほぼ明るく感じていました。
ほぼ真っ白な空間で2面が鏡張りだから反射光で満たされてたんだろうな。
LEDに換えた後は、後方の明かりだけだと後ろから照らす光が強すぎて顔が陰になってしまいます。
顔を確認したいときは前方の明かりが必須。お化粧のときとかね。
まあその時は後ろを消せばいいので問題ないかな。

あとはE17の暗い方待ち。それと、E26も追加購入しなくちゃ。
[PR]
2011年 07月 15日 *
『煙突の見える場所』1953年 日本 五所平之助

東京の下町でつつましく暮らす夫婦の元に、赤ちゃんが置き去りにされる。
高峰秀子いいなあ。
関千恵子のマイペースな友人役もとてもいいのです。
[PR]
2011年 07月 14日 *
f0013029_1856733.jpg
おそばにじゅんさいをのっけようと瓶詰を買うつもりで行ったら、生が出てた!
寒天質がたっぷりついてて、中はサクサク。
ぬるぬるした具をいろいろのせたので混ぜたらわからなくなるかと思いましたが、口に入れるとつるりしゃきしゃきでとってもおいしゅうございました。
f0013029_18562273.jpg

[PR]
2011年 07月 14日 *
『カリフォルニア・トレジャー』2007年 アメリカ マイク・ケイヒル

母は出て行ってしまい、父は精神病院へ送られたため、高校を中退してアルバイトで暮らしている娘。退院した父の宝探しに振り回される。
ちょっと奇妙な雰囲気もあって、なかなかよかった。
[PR]
2011年 07月 13日 *
f0013029_210890.jpg
自然療法の本に影響を受けたわけではないのですが、思いついて少し前から玄米食を取り入れています。
外で玄米を食べて「おいしいなあ」と思ったことは何度もあるけど、なぜかうちで炊くことは思いつかなかった。
でも、たまたま玄米食が気になる機会が重なったこともあって、毎日のご飯が白米である必要はないことに気づきました。
お米は年間注文で取り寄せているので、しばらくは試しに買った玄米のほかに残っている白米も食べていくことになりますが、今年の新米からはほぼ玄米に切り替えるつもりです。
自然療法の本では「玄米にすりごまをたっぷりかけて」というのをかなり推奨してるみたいだったので、真似してごまをかけるのもいいな。
[PR]
2011年 07月 13日 *
『百万長者と結婚する方法』1953年 アメリカ ジーン・ネグレスコ

一文無しの美人モデル3人が高級アパートを借りて一緒に暮らし、それぞれ玉の輿にのろうと奮闘する。
マリリン・モンロー、ローレン・バコール、ベティ・グレイブル主演。
眼鏡がないと見えない役をコミカルに演じるマリリン・モンローが魅力的。
[PR]
2011年 07月 12日 *
この本で紹介されている砂療法の効果がすごいらしい、というので読んでみました。
時代が古いのと、西洋医学ではないこともあって記述が科学的じゃないのとで、「ほんとかいな」という感じの内容も見受けられますが、同意したくなることも書いてあるし、何より面白い。
もし何らかの病気になることがあれば、試してみたくなるかもしれないなあ。
問題の砂療法にはかなり興味を惹かれました。
実際やるかといわれると実施中の状態が不安ですけどね。
数時間も砂に埋まってるんだから、2人以上の人に見守ってもらわないとなあ。

近年マクロビオティックをよく耳に・目にしますが、元はこういうことなんだろうな。
[PR]
2011年 07月 12日 *
『おしゃれ泥棒』1966年 アメリカ ウィリアム・ワイラー

表向きは美術品の蒐集家、実は贋作家の男の娘。美術展に貸し出した贋作の彫刻が科学鑑定を受けることになってしまったため、秘かに盗み出そうとする。
これも2回目の鑑賞。
閉じ込められた物置の鍵をどうやって開けるか、とか、前に見てから相当年数がたってるけどけっこう細部を覚えてました。
[PR]