Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2011年 09月 ( 53 )   > この月の画像一覧
*
*
2011年 09月 30日 *
『スカイ・キャプテン ワールド・オブ・トゥモロー』2004年 アメリカ/イギリス ケリー・コンラン

1939年。謎の科学者による恐るべき計画の一端をつかんだ報道カメラマンが、元恋人の天才パイロットの力を借りて、人類滅亡計画を阻止しようとする。
CG絵本、といった趣の映像だけど、グウィネス・パルトローとジュード・ロウはレトロな雰囲気によく合っていた。
トーテンコフの顔はローレンス・オリヴィエだったのか!
[PR]
2011年 09月 29日 *
『ザ・クラウン 炎のリベンジャー』2005年 ドイツ ゼバスティアン・フィック

クラウンの仮面をつけた闇のヒーローが、政府が保管している金塊を強奪しようとする強盗団を阻止しようとするアクション映画。
テレビドラマシリーズの続編らしく、これまでのエピソードがちらほらと出てくるので、ちょっと歯がゆい感じもした。
ドイツのドラマってこんな感じかあ。
[PR]
2011年 09月 28日 *
『ネバー・サレンダー 肉弾凶器』2006年 アメリカ ジョン・ボニート

海兵隊を除隊させられた男が、冷酷な強盗団の人質にされた妻を助けようと奮闘するアクション映画。
印象に残ったのは警備員の同僚でした。
[PR]
2011年 09月 27日 *
違う立場の一人称で同じことが繰り返し書かれていることもあり、すぐ読み終わります。
映画も興味があったけど、悪意の話だし、映像で見るのはつらいかなあ。
[PR]
2011年 09月 27日 *
『イーオン・フラックス』2005年 アメリカ カリン・クサマ

謎のウイルスにより激減した人類が自然と隔離された都市で暮らす近未来。反政府組織に属する主人公は、政権の指導者暗殺計画に携わるうち、意外な真相を知る。
整いすぎたセットやきれいすぎるCGがチープだなーと思いながら見てたけど、そのおかげで最後のシーンが引き立っていた。狙ったのかどうかはわからないけど。
[PR]
2011年 09月 26日 *
『スペシャリスト』1994年 アメリカ ルイス・ロッサ

爆発物のスペシャリストである元CIA工作員の男が、マフィアの手下に両親を殺された女の依頼で復讐をする話。
シルヴェスター・スタローンが有能だけど人情的な男で、女を守りながら仕事をこなす、というあたり『暗殺者』と同じような。
ヒロインはシャロン・ストーン。
[PR]
2011年 09月 25日 *
『お父さんのバックドロップ』2004年 日本 李闘士男

プロレスラーの父とプロレス嫌いの息子の話。
全体にわざとらしい感じはしたけど、王道の娯楽作品だと思います。
観たことないけど『ロッキー』みたいだと思った。
宇梶剛士はプロレスラーに見えるよう体作りをしたとか。
[PR]
2011年 09月 24日 *
f0013029_21344763.jpg
なんとなく買ってみたローゲンマイヤーのカジュアル・バナナというのがけっこうおいしい。
いかりのバナナケーキほどリッチじゃないので若干物足りないけど、軽くていいかな。
袋から出すとき表面がはがれてしまうのですよ…。

今まで自分のことを別にバナナ好きとかそういうふうに思ったことはなかったけど、どうやらバナナブレッド的なものが好物みたいです。
[PR]
2011年 09月 24日 *
『午後の遺言状』1995年 日本 新藤兼人

休暇を過ごすため蓼科の山荘へやってきた女優の元を、旅行中の旧友夫妻が訪れる。
朝霧鏡子すごい。乙羽信子もいいなあ。と思いながら見てたら、後半は杉村春子がぐっといい。
さすがです。
乙羽信子の遺作、杉村春子の最後の映画主演作。
乙羽信子演じる管理人の言動が謎だらけなのがよかったです。
[PR]
2011年 09月 23日 *
f0013029_22501058.jpg
最近気に入ってるのが、シリアルという名前のパン。
ぺったんこのデニッシュのようなものの上にシリアルがびっしり貼りついてます。
土台はほんのりシナモン風味。
シリアル、といっても、麦の比率はかなり低くて、ゴマ、ヒマワリの種、カボチャの種がたっぷり飴で固めてあります。
そこが好き。

もう一つ好きなのがピエニサイック。
ナッツとドライフルーツの入ったライ麦蒸しパンですが、ライ麦部分はつなぎ程度でしかないくらいナッツとドライフルーツがぎっしり。
型で蒸したものを薄くスライスした状態で売ってます。

要するにナッツやドライフルーツが好きなんです。
もうナッツとドライフルーツをそのまま食べてりゃいいじゃん、という話なんですけどね。
[PR]