Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2011年 10月 ( 48 )   > この月の画像一覧
*
*
2011年 10月 31日 *
f0013029_11592470.jpg
数日前に帰った両親が、新大阪で求めた小島屋のけし餅を送ってくれました。
箱の中に空間があるので中身がぐちゃぐちゃになってしまったけど…、味はおいしい!
とても上品。
ケシの実のプチプチ感も合ってます。
これ、梅田でも買えるはずなのでだいぶ前に探したけど、みつからなかったんですよね。
新大阪かどこかでみかけたら買おう。
[PR]
2011年 10月 31日 *
『利休』1989年 日本 勅使河原宏

利休と秀吉の確執の物語。
利休に三國連太郎、秀吉に山崎努、利休の妻に三田佳子、北政所に岸田今日子、茶々に山口小夜子。
茶道具等は本物を使用しているという贅沢な映画。
草月流家元の出である監督ならではですね。
出演者も歌舞伎や狂言の役者を揃えていて、所作に淀みがありません。
80年代にこんな地道な話の映画が作られていたことがちょっと意外でした。
[PR]
2011年 10月 30日 *
味も値段もファミレスって感じかな。
実際客層もそんな雰囲気だったし。
安くて気軽だけどね。
華厨香
[PR]
2011年 10月 30日 *
『奇蹟のイレブン 1966年W杯 北朝鮮VSイタリア戦の真実』2002年 イギリス ダニエル・ゴードン

1966年W杯、北朝鮮が強豪イタリアを破り世界が驚く。当時の北朝鮮選手や開催地イギリス、イタリアチームの関係者を取材したドキュメンタリー。
いろいろといわくつきの北朝鮮ですが、スポーツ選手個人はこんなに素朴。
北朝鮮の映像は興味深くはあったけど、細切れでひっきりなしに挿入されているので慌ただしくて疲れた。
[PR]
2011年 10月 29日 *
f0013029_11473611.jpg
鮭の白子を探してるんだけど、なかなか売ってないなあ。
母がうちに来たときに塩とお酒で下味をつけて持って来てくれました。
後はグリルでこんがり焼くだけ。
すだちをかけていただきました。
美味!
[PR]
2011年 10月 29日 *
帰郷』2004年 日本 萩生田宏治

母の結婚式のために帰郷した男。高校時代の同級生が行方知れずになり、残された7歳の娘と一緒に過ごすことになる。
主人公に西島秀俊、その母に吉行和子。
好みでいうと、演出や雰囲気はけっこう好きだったのでちょっと惜しい感じ。
[PR]
2011年 10月 28日 *
f0013029_11415714.jpg
春頃から気になっていたタルトフロマージュを購入。
少人数家庭に嬉しい小サイズもあるので、ナチュールとゴルゴンゾーラ両方。
どちらも素材の良さは感じられるけど、濃厚なチーズ風味というよりはあっさりしていて、たくさんあっても平らげてしまいそう。
ゴルゴンゾーラはもちろんゴルゴンゾーラらしい匂いや塩気がちょっとあるけど、ナチュールに至ってはちょっと物足りないかな。
グラハムっぽい台はけっこう好みなんだけど。
[PR]
2011年 10月 28日 *
『マーズ・アタック!』1996年 アメリカ ティム・バートン

火星人が地球征服にやってくるブラックコメディ。
2度目の鑑賞。
初回は知人に勧められてなんとなく観ただけでティム・バートン作品だと認識していなくて、「なんじゃこりゃー」という感じだったけど、今回は細部まで冷静に鑑賞。
鳩とか、子供たちが活躍するところとか、見ているうちに部分的に思い出したけど、出演者をまったく覚えてなかった。
マイケル・J・フォックもスピアース・ブロスナンもジャック・ニコルソンもナタリー・ポートマンもジャック・ブラックも。
サラ・ジェシカ・パーカーは初回時には認識してなかったけど、この頃はこんなだったんだなあ。
[PR]
2011年 10月 27日 *
f0013029_7205768.jpg
徳島とくとくターミナルで買ったワカメ。
山丹正宗。
左手前は宿の売店で買った和三盆。
混ぜ物のない和三盆はなかなか売ってないので嬉しくてたくさん買ってしまった。
栗羊羹とちょっと面白い形のお饅頭はへんこつ屋のもの。
いかにも歴史のありそうな趣の和菓子屋さんでした。
あとはこんぴら名物灸まんも。
[PR]
2011年 10月 27日 *
『アンフェア the movie』2007年 日本 小林義則

主人公は型破りな女性刑事。その娘が入院している警察病院が、テロ集団に占拠される。
篠原涼子、江口洋介。
あーこれはTVシリーズと話がつながってるのか。
ドラマを知ってたら面白いんだろうか。
[PR]