Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2012年 04月 ( 57 )   > この月の画像一覧
*
*
2012年 04月 30日 *
のだめ音楽会はもういいかな、と思ったけど、夫がボレロを聴きたいというので行くことにしました。
PACは若手育成楽団なので、正直なところ「素晴らしい!完璧!ぜひ聴きに行きたい」という気にはなれないわけですが、なにぶん鑑賞知識がないので解説付きの生演奏はやっぱりわかりやすくて面白かった。
そういう意味ではまた行きたいかなあ。
ソロのペク・ジュヤンさんはわたし好みの演奏ではなかったけど、伸び伸びしていてダイナミックで、世界で活躍しているのがわかる気がしました。
それにしても、『ファンタジア』はそんなにすみずみまで覚えているわけでもないのに、『魔法使いの弟子』を聞くとバケツで水を運ぶほうきが思い浮かぶ。
ディズニー恐るべし。

演目
ラヴェル ボレロ
デュカス 交響詩『魔法使いの弟子』
エルガー 管弦楽のための変奏曲「エニグマ」より『ニムロッド』
チャイコフスキー 序曲『1812年』
マーラー 交響曲第5番より第4楽章
ブラームス ヴァイオリン協奏曲二長調
エルガー  愛の挨拶(ヴァイオリンソロ・アンコール)
ベートーヴェン 交響曲第7番より第1楽章

指揮:茂木 大輔
管弦楽:兵庫芸術文化センター管弦楽団
ヴァイオリンソロ:ペク・ジュヤン
[PR]
2012年 04月 30日 *
『ブラインドサイト~小さな登山者たち~』2007年 イギリス ルーシー・ウォーカー

盲目の米国人登山家たちの支援を受け、チベットの盲学校の生徒たちがエベレストの隣にあるラクパリ登頂に挑むドキュメンタリー。
富士山の高さ以上の場所から、さらに富士山以上の高さを登るなんて、目が見えたってなかなかできることではないですよね。
チベットは仏教国なので勝手になんとなく慈悲深いイメージを持っていたけど、盲人は罪を負っているとみなされるなんて知りませんでした。
生徒たちについては形ばかりで、どちらかというと引率の大人たちのいざこざを追ったという印象ですが、現実の一片は垣間見られると思います。
[PR]
2012年 04月 29日 *
社会科の資料集で見ていた頃から一番大好きな仏像は飛鳥時代の菩薩半跏思惟像。
この連休は中宮寺と広隆寺、2体の菩薩様を参ると決めていました。
まずは奈良から。
f0013029_03619100.jpg
午前中に平城宮跡へ。
広々としていて当時の雰囲気を味わえます。
広すぎて、中途半端なところから駅に戻ろうとしたら、とんでもない遠回りをする羽目に…。
駅構内の菊屋で御城乃口餅を買い、昼食前に唐招提寺に行く予定だったけど遅くなったので先にお昼を食べることに。
田舎料理 草ノ戸で風流弁当と万葉弁当を注文。
田舎料理を冠した店名だけど古都を思わせる上品な味わいでとてもおいしくて満足。
向かいに座ってたおじさんが、一品一品に難癖をつけていてすごく可笑しかった。
f0013029_23141890.jpg
唐招提寺。
この後、みやげ処きとらで地ビールを買いたかったんだけど、夫に重いと反対されて断念。
自分で持つと主張すればよかったとちょっと後悔。(そういってもたぶんきっと持つのは彼だけど)。
f0013029_2323654.jpg
f0013029_2327712.jpg
薬師寺

奈良をバスで巡るのに便利なサイトがあったんだけど、削除されちゃったみたいだなあ。
法起寺にも行く予定だったのですが、思いのほか遅くなってしまい飛ばしました。
f0013029_23301635.jpg
今回の主目的である中宮寺
この奥に本尊の菩薩半跏像がおわします。
なんだけど、日が暮れかけてて堂内が暗くてね…。
次回はちゃんと明るい昼間に来よう。
f0013029_23331846.jpg
法隆寺
日暮れで暗かったけど。
f0013029_1085912.jpg
法隆寺駅前の祥樂のだんご。
その場で焼いてくれます。
f0013029_10135898.jpg
菊屋の御城乃口餅。
豊臣秀吉が名づけた四百年続く味、ということになってるけど、けっこう今っぽい和菓子。
ずっと昔のレシピのままというわけじゃなさそう。

**

祥樂は閉店しました。
ここが同じお店なのかな?
[PR]
2012年 04月 29日 *
ドッジボール』2004年 アメリカ ローソン・マーシャル・サーバー

経営の危機に瀕し最新鋭フィットネスクラブに乗っ取られそうになったスポーツジムの経営者と仲間たちが、賞金目当てにドッジボール大会に出場する。
ナンセンスコメディ。
[PR]
2012年 04月 28日 *
f0013029_21392745.jpg
ショコラかりんと以外のかりんとうはどんなものかと試しに買ってみました。
ちょっとお使い物も考えてるので味見。

和三盆は、あまり和三盆である意味がない感じ。
黒豆きな粉とそばは悪くないけどちょっと個性が弱い。
唐辛子味噌は全然辛くなくて期待外れ。あと、ほかより大ぶりなせいか、油っぽく感じた。

生姜丸は予想通り。もっと生姜が利いててもいい気がするけど、まあまあ。
ねぎ味噌も予想通り。なんとなくスナック菓子っぽいけど(まあ、かりんとう自体が日本のスナック菓子なんだけど)、おいしい。
きんぴらごぼうはほんとにきんぴらの味がする!ちゃんとごぼうの味がするし、ピリッと辛くていい。
カプチーノは完全に洋風でショコラかりんと寄り。かりんとうらしくはないかもしれないけどおいしい。
この4つを候補にしよう。
[PR]
2012年 04月 28日 *
『6デイズ/7ナイツ』1998年 アメリカ アイヴァン・ライトマン

南の島に不時着した2人の男女のアクションアドベンチャー。といってもかなり気楽な感じです。
小型機のパイロットにハリソン・フォード。
アン・ヘッシュって今まであまり印象に残ってないけど、声がいいですね。
[PR]
2012年 04月 27日 *
f0013029_11103635.jpg
硬い方の八ツ橋を食べたら久し振りに生八ツ橋も食べたくなり、デパートで目についた聖護院で購入。
抹茶のはいらなかったんだけど、白いのだけでは売ってなかったので。

あ、甘い…。
こんな甘い餡でしたっけ。
西尾や井筒も同じかなあ。
[PR]
2012年 04月 27日 *
『家族』1970年 日本 山田洋次

長崎の島で暮らす一家が、酪農を始めるために北海道へ旅をする。
1970年の実際の日本の様子がたくさん見られます。
[PR]
2012年 04月 26日 *
f0013029_21442697.jpg
夫が仕事でやりとりしてる米国の方に勧められたシエラネヴァダ。
あまり扱ってるところないんですね。
なんとか手に入れたのが、STOUTとBIGFOOT ALE2011。
スタウトは予想通りの重厚さだったけど、ビッグフットの方も色・味ともになかなか濃厚。
どちらも香りが良くて深い味わいでおいしいです。
スタウトは、口に入れた瞬間は予想外にあっさりしてるような気がするのに、すぐにスタウトらしい香味がきます。
ビッグフットをモチーフにした王冠もかわいい。
f0013029_21444288.jpg

[PR]
2012年 04月 26日 *
『素顔のままで』1996年 アメリカ アンドリュー・バーグマン

元FBI秘書官が失業、離婚。娘の親権を取り戻す裁判費用のためにストリッパーをして稼ぐうち、悪徳下院議員に気に入られ…。
デミ・ムーアのお色気映画。
[PR]