Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2012年 09月 ( 53 )   > この月の画像一覧
*
*
2012年 09月 30日 *
f0013029_20225240.jpg
f0013029_2023445.jpg
f0013029_20231688.jpg
タケのクッキーとケーキ。
いくつか食べてみたけど生クリームっぽいのが多くて、その生クリームがわたしの苦手な感じだった。
生クリームじゃないけど一番だめだったのがレアチーズ。
ババロアとかムースとかの感じでね…。
抹茶のロールケーキの生地の部分はほろ苦くておいしかった。
あと、人気らしいスパイシーチーズという塩気のあるクッキーはなかなか。けど、また買おう、というより自作のチーズナッツボールに次は黒胡椒を入れてみようと思ってしまったのでした。
[PR]
2012年 09月 30日 *
『パーマネント・バケーション』1981年 アメリカ ジム・ジャームッシュ

NYの裏町をさまよう孤独な若者の話。
ジム・ジャームッシュの卒業制作。
なんとなくカサヴェテスっぽくもあり。
[PR]
2012年 09月 29日 *
曲目的にも楽しみにしてたのだけど、さすがN響、すごい安定感でした。
千住さんのヴァイオリン演奏は初めて生で聴いたけど、人柄の良さが表れてるような気がしました。
300年前のストラディヴァリウスの音ってやっぱり個性的なんですね。


ヴァイオリンソロ:千住真理子
第1ヴァイオリン:永峰高志 森田昌弘 丹羽洋輔
第2ヴァイオリン:白井 篤 三又治彦 山田慶一
ヴィオラ:菅沼準二 坂口弦太郎
チェロ:藤森亮一 山内俊輔
コントラバス:西山真二
チェンバロ:梅村祐子

モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調
ヴィターリ/千住 明:シャコンヌ
モーツァルト:セレナード第13番「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」
ヴィヴァルディ:四季

アンコール
クライスラー:愛の哀しみ
クライスラー:愛の喜び
[PR]
2012年 09月 29日 *
『フローズン・リバー』2008年 アメリカ コートニー・ハント

トレーラーハウスで2人の息子とギリギリの暮らしをしている女。ギャンブル好きの夫が新居の購入費用とともに蒸発してしまったことから、先住民と組んでカナダからの密航に手を染めていく。
登場人物たちの切羽詰まった感じは伝わってくる。
モホーク族のことをちょっぴり知ることができたのも収穫。
[PR]
2012年 09月 28日 *
f0013029_1931743.jpg
ウィルキンソンのジンジャーエール、ペットボトル入りのは物足りない…と言ってましたが、瓶と同じ中身が入ったペットボトル入りが出てました。3月に発売されたらしい。
シュリンクフィルムは瓶をそのまま描いたデザイン。知らないとわかりませんが。
細かいことを言うと瓶の方がペットPETの最初のプラスチック臭さがなくていいんだけど、PETが出回って入手しやすくなるのは素直に嬉しい。
[PR]
2012年 09月 28日 *
『ダブルフェイス 秘めた女』2009年 フランス/イタリア マリナ・ドゥ・ヴァン

事故により8歳までの記憶を失った女。あるときから身の回りの物や家族の姿に違和感を持つようになり、やがて自分の姿にも変化が訪れ…。
ソフィー・マルソー、モニカ・ベルッチ。
サイコホラーっぽいのかと思ってドキドキしながら観てましたが、怖い映画ではなかった。
でもすごい不安感です。
[PR]
2012年 09月 27日 *
ベトナム料理を食べにサイゴンオペラへ。
基本的なものが食べたかったのでビギナーセットにしました。
これ、すごくお得だと思う。
いろんなものが少しずつ食べられて、どれもちゃんとおいしかった。
(メインの鶏肉だけはお肉の質がちょっと…という感じだったけど)。
食後の飲物も蓮茶やベトナムコーヒーが選べるし、デザートはセットに入ってなかったと思うんだけどチェーが出てきた!
隣の席の人がベトナムのお酒の飲み方やおすすめなどを聞いてたけど、お店のマネージャーっぽい人は詳しいみたいでいろいろ説明してました。
食事には満足でしたが、一つ難点は料理の出てくるペースが遅かったこと。
かなり時間かかったなーと思って店を出たら、2時間近くたっていて、「フランス料理じゃないんだから…」と苦笑しました。
次はお昼に行ってバインミーを食べたいな。
[PR]
2012年 09月 27日 *
『地下鉄に乗って』2006年 日本 篠原哲雄

大実業家の父と絶縁した男が、タイムトリップを繰り返すうちに父の過去を知る話。
これって2006年の映画だけど、主人公は40代くらいで親が敗戦時に苦労してた年代なので、1980年代くらいの話なんですかね。その辺がなんだかわかりにくかった。
堤真一、大沢たかお、常盤貴子。
岡本綾、久し振りに見た。
[PR]
2012年 09月 26日 *
プラネタリウムが評判いいらしいので、大阪市立科学館へ。
子連ればかりかと思ったけど、展示の方にもけっこうカップルが多かった。
で、プラネタリウム。良かったです。
星座の話とか、もうわかってる内容でもやっぱりいいよね、プラネタリウム。
期間をおいてまた行きたいな。
ほかのプラネタリウムにも行きたくなりました。
[PR]
2012年 09月 26日 *
『五月のミル』1989年 フランス ルイ・マル

主人公は農園付きの屋敷を管理しながら暮らす初老の男。その母親が急死したために親族が集まり、遺産配分や恋愛感情などさまざまな思惑が交差する中、田舎町にも五月革命の影響が現れる。
どこかのんきで自己中心的な人々の話。
[PR]