Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2012年 11月 ( 56 )   > この月の画像一覧
*
*
2012年 11月 30日 *
f0013029_191455100.jpg
大きい方のグラスがギネスにジェイムソンを加えたもので、小さいグラスがベイリーズ。
f0013029_1915856.jpg
ベイリーズをグラスごと大きなグラスに入れたところ。
つまり、ショットグラスを入れても溢れないように、大きなグラスの容量には余裕が持たされてるわけです。
これを一気飲みします。
うーん、なんか…。
別においしいってものではないなあ。
普通にギネスを飲んでた方がずっといいや。
[PR]
2012年 11月 30日 *
『リバー・ランズ・スルー・イット』1992年 アメリカ ロバート・レッドフォード

1910~1920年代のモンタナ。厳格な牧師の父にフライフィッシングを仕込まれた兄弟の話。
弟役にブラッド・ピット。で、兄の視線で描いてるわけですね。
ビールの中に小さいグラスごとウイスキーを入れて飲むのが気になった!やってみようかな。
アイリッシュカーボムなら飲めるお店があるので、次は絶対注文しよう。
[PR]
2012年 11月 29日 *
『ダウン・バイ・ロー』1986年 アメリカ/西ドイツ ジム・ジャームッシュ

失業中のラジオDJとポン引きが刑務所で同じ房に入る。そこにイタリア人が加わって…。
80年代だけど白黒映画です。
[PR]
2012年 11月 28日 *
『オズの魔法使い』とその続編を少しずつ読んでいました。
和訳で読んだので、元々の作者ライマン・フランク・ボームの著書14冊までです。
ほぼハヤカワ文庫で読みましたが、『オズのオズマ姫』だけ入手できなかったのでポプラ社の『オズの魔法使いとオズマ姫』で読んでます。
また、和訳が出版された順番ではなく、原作通りの順で読みました。

オズの魔法使い
オズの虹の国
オズのオズマ姫
オズと不思議な地下の国
オズへつづく道
オズのエメラルドの都
オズのつぎはぎ娘
オズのチクタク
オズのかかし
オズのリンキティンク
オズの消えたプリンセス
オズのブリキの木樵り
オズの魔法くらべ
オズのグリンダ

少しずつ新しい登場人物が加わって、でも二番煎じ、三番煎じなのかなーと思ってたら、そんなことなかった。
ちゃんと新しいアイデアが加わっていて素晴らしい。ときにはびっくりさせられました。
子供たちからのファンレターからも発想を取り入れたそうですが、それだけのことはありますね。

オズシリーズはボームが亡くなった後、別の作者に引き継がれたそうですし、ボームの原書も気になるところですが、特に洋書はほかにも読みかけが溜まってるので、オズはひとまずこれまでとします。
[PR]
2012年 11月 28日 *
『トラブル・イン・ハリウッド』2008年 アメリカ バリー・レヴィンソン

映画制作の力関係や、離婚した妻との関係などに翻弄される大物プロデューサーの話。
ロバート・デ・ニーロ主演。
ショーン・ペンはいいとして、ブルース・ウィリス、わがままな主演俳優というキャラで本人役ってすごい。
[PR]
2012年 11月 27日 *
カオソーイを食べてみたくてバーンスコータイへ。
客席は3階まであるようですが、1フロアがすごく狭い。
席が少ないし、テーブルも狭くてくつろげない感じ。
お店の人はみんな感じ良かったです。
料理を出す順番を聞いてくれたり、辛さを選べたり、水を継ぎ足してくれたり、サービスもいい。
料理はけっこう食べやすい味。
それなりにお値段はしますが、しっかり量があります。
で、カオソーイ。
普通の麺の上に揚げ麺ののったカレーラーメンということですが、ココナッツカレーなので、カレーうどんみたいなカレー粉味のカレーではありません。
夫がチェンマイで食べたのはこんなんじゃなかった、と言ってました。
きしめんみたいな幅広の麺で、揚げ麺ではなく細長い油揚げみたいなものがのっていたとか。
「油揚げみたいなもの」はたぶん豚皮だな。ラオス風のカオソーイだったってことですね。
[PR]
2012年 11月 27日 *
『人生万歳!』2009年 アメリカ ウディ・アレン

偏屈で毒舌家の男。大学教授を引退した後はNYで独り暮らしをしているが、突然南部から来た家出娘が転がり込んでくる。
観てる途中で夫が帰ってきて、「おじさんの妄想映画?」と一言。
ウディ・アレンは出てませんでした。
[PR]
2012年 11月 26日 *
f0013029_18471442.jpg
ずっと使っているカピトリーノのトリートメント。新しいのを買ったら、おまけとしてヘアソープが1本ついてきた!
これ、サラサラタイプとなっていますが、けっこうしっとりとした仕上がり。
トリートメント成分が残る感じです。
いったんキリッと洗ってからコンディショナーを使うのが好きなので、わたしの好みとはちょっと違いますが、冬になると乾燥して頭がかゆくなる夫によさそう。
というわけで、夫用に買ってしばらく続けてみようと思います。
[PR]
2012年 11月 26日 *
『コナン・ザ・グレート』1982年 アメリカ ジョン・ミリアス

先史時代、鋼の秘密を持つ村に侵略者たちが襲い掛かり、主人公の少年は刀鍛冶の両親を殺される。成長した主人公が親の敵討ちをしようとするアクションもの。
変な映画。観てる間中、時代と地域が気になって仕方なかった。
でもこの感じ、嫌いじゃないです。
[PR]
2012年 11月 25日 *
ツィマーマンの独奏会に行ってきました。
正確な音色に澄んだ響き。さすがツィマーマン氏です。
正確といっても2、3あやしいところもあって、巨匠でもすみからすみまで完璧というのはなかなか難しいのかと、ちょっと安心してみたり。

ドビュッシー:版画
1.パゴダ
2.グラナダの夕べ
3.雨の庭
ドビュッシー:前奏曲集 第1集より
2. 帆
12.吟遊詩人
6. 雪の上の足跡
8. 亜麻色の髪の乙女
10.沈める寺
7. 西風の見たもの
シマノフスキ:3 つの前奏曲(「9つの前奏曲 作品1」より)
ブラームス:ピアノ・ソナタ第2番
[PR]