Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2012年 12月 ( 43 )   > この月の画像一覧
*
*
2012年 12月 31日 *
カイジ2 人生奪回ゲーム』2011年 日本 佐藤東弥

カイジ 人生逆転ゲーム』の続編。
伊勢谷友介が加わってた。
[PR]
2012年 12月 30日 *
f0013029_155034100.jpg
ホビット 思いがけない冒険』2012年 ニュージーランド/アメリカ ピーター・ジャクソン

久々の映画館での鑑賞はずーーーっと楽しみにしていた『ホビット』。
ロード・オブ・ザ・リング』の前日譚です。
どちらかというと観たいのは2Dだったけど3Dもちょっとは興味あるし、字幕と吹き替え両方気になったので、まず3D吹き替えで観てから改めて2D字幕で鑑賞。
3Dだと字幕が見づらいし、まず吹き替えで字幕より多い内容を把握しておけばオリジナル言語も聴きやすいので。
で、思ったのですが、3Dの必要はないような。
2Dでも充分奥行きが感じられたし、3Dは字幕なしでも目が疲れた。
アバター』みたいなアトラクション的な作品じゃないなら、もう3Dはいいや、って感じだけど、最寄りの劇場では吹き替えで2Dはないんですよね…。
さてマーティン・フリーマン。
SHERLOCK』のワトソン君と芸風がかぶってましたが、役柄の立場が似てるので仕方ないか。
物語は『ロード・オブ・ザ・リング』に比べてかなり原作から筋立てが変わっていました。
『ホビットの冒険』では個々に関連のない事件が次々起こるものの、なんとなくのんびりした世界なので、ちょっと話は違ってますが映画としてうまくまとめていると思います。
しかし二部作だと思ってたら、いつの間にか三部作になっていたんですね。原作は『指輪物語』よりだいぶ短いんだけど。
イアン・マッケランにはなんとか頑張ってもらいたいものです。
[PR]
2012年 12月 29日 *
f0013029_201435.jpg
前々から気になっていたロマネスコを発見。
うーん、フラクタル!
ブロッコリーと同じ扱いでいいみたいなので3分蒸し煮にしました。
みっしり詰まってるのでちょっと硬かった。もう少し加熱した方がよさそう。
味や食感はまさにブロッコリーとカリフラワーの中間ですね。
[PR]
2012年 12月 29日 *
『リオ・グランデの砦』1950年 アメリカ ジョン・フォード

国境周辺でアパッチ討伐にあたる騎兵隊に、中佐の息子が入隊する。すぐに母親が連れ戻しに来るが、間もなく隊は戦闘に突入し…。
捜索者』と同じく、まだ先住民が完全に悪役だった頃の西部劇。
ジョン・ウェインも若いし、合唱隊が歌うのんびりしたシーンとか、戦闘の慌ただしさを早回しで表現するとか、なんとも古風。
[PR]
2012年 12月 28日 *
『天使のくれた時間』2000年 アメリカ ブレット・ラトナー

大手金融会社社長として優雅な独身生活を送る男。謎の男と出会ったことをきっかけに、突然別の人生に送り込まれる。それは13年前に別れたはずの恋人との、慎ましくも温かな結婚生活だった。
ニコラス・ケイジ主演。
なんか『MR.デスティニー』に似てる。あちらはマイケル・ケインが天使でしたね。
[PR]
2012年 12月 27日 *
f0013029_18305795.jpg
古くからある町の小さなケーキ屋さん、という感じ。
生クリームはやっぱり苦手、ということを最近はっきり認識したので、選択肢がかなり狭まりました。
チーズスフレ的なものとスティック状のタルトフロマージュっぽいもの。
スフレの方はあっさりしすぎで食べた気がしなかった。
スティックの方は失礼ながら意外なおいしさ。
甘さ控えめでちゃんとチーズの味がするし、ナッツの入った台も好み。
f0013029_18304645.jpg
ロールケーキ。卵黄が濃いのか生地がかなりの黄色。
ふわっとしていて軽い。
最近のロールケーキは筒状に近い形で中身が全部クリーム、というものも増えてるけど、わたしはこれくらいクリーム少なめの方が好き。これより少なくてもいいくらい。
[PR]
2012年 12月 27日 *
『ウォーターボーイズ』2001年 日本 矢口史靖

男子高校生たちが学園祭でシンクロナイズドスイミングを披露することになる話。
ちょっと久し振りだけど3度目くらいの鑑賞。でも杉浦太陽が出てたことを初めて知りました。どこに出てたのかよくわからなかったけど。
[PR]
2012年 12月 26日 *
88ミニッツ』2008年 アメリカ ジョン・アヴネット

FBI異常犯罪分析医でもある大学教授に、「お前はあと88分で死ぬ」という脅迫電話が掛かってくる。
主人公の大学教授にアル・パチーノ。
[PR]
2012年 12月 25日 *
f0013029_1842363.jpg
デキャンタージュ後なので空き瓶ですが、シャトーローザンガシーのセカンドワイン、レ・ザイル・ド・ローザン・ガシーの2005年もの。
早めに開栓しておくか迷ったけど、2時間前くらいでちょうどよかったようです。
最初は飲みやすいけどあっさりしすぎかなーと思ったけど、だんだんフルーティさが強くなってきました。
強い味の料理の後に飲むと際立つ感じ。
なるほどおいしい。人気があるのもうなずけます。

ところで、買ったばかりのリーデルのグラス、あっという間に1つ割ってしまいました…。
繊細そうに見えて意外と丈夫…と思って油断したら、洗って拭くときにむしり割ってしまいました。
酔っ払って割らないようにしようと思っていたのに、酔ってないときに割ってしまいましたよ。
まだ補充してないので今回は1つ安いグラスを使ったのですが、思いがけず飲み比べになりました。
やっぱりリーデルだと全然違う。
早く補充しなければ。

チーズはローヴ デ ガリッグLE ROVE DES GARRIGUES。
シェーブルチーズなのでけっこう酸味があります。
そして、ハーブの香りがする!
タイムやローズマリーを食べている山羊だからだそうです。
後味にクセがあるのですごく好みというわけではないけど、面白い味。
[PR]
2012年 12月 25日 *
『戦火の勇気』1996年 アメリカ エドワード・ズウィック

湾岸戦争で親友の戦車を誤射してしまった中佐。戦争終結後は事務職に就き、戦死した女性大尉が名誉勲章の受章者としてふさわしいかの調査を命じられるが、証言を集めるうち食い違いに気づく。
デンゼル・ワシントン、メグ・ライアン、マット・デイモン、ルー・ダイアモンド・フィリップス。
ちょっと『羅生門』っぽくもあり。
[PR]