Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2014年 01月 ( 25 )   > この月の画像一覧
*
*
2014年 01月 31日 *
f0013029_22533860.jpg
去年までは身近で手軽に手に入るのを買ってたけど、この冬は取り寄せやら予約やらに手を出してしまった。

甘すぎるのは苦手なので、糖衣はできるだけはがして食べてます。
なので、そのまま食べたらここに書いてある感想より甘いと思います。

DONQ
チェーン店なので手に入れやすいという点を加味して、可もなく不可もなく。
シュトレンらしいといえばそれらしいシュトレンなので、まあいいかな。
11月1日販売開始なので、秋が深まって「そろそろシュトレン!」と浮足立つ人のニーズにいち早く応えてくれる。
ドンクオリジナルのほかに西川正見氏のシュトレンもあるけど、これはものすごく甘いのでわたしはだめ。
↓ドンクのシュトレン
f0013029_2316140.jpg
PAUL
外側は粉糖ではなくグラニュ糖。
バター臭さもなく素材の良さが感じられてスッと食べられる。
中身はオレンジピールが利いてる。
いいパンだけど、シュトレンとしてまた食べたいというほどではない。
原材料:小麦粉、バター、レーズン、グラニュ糖、牛乳、粉糖、アーモンド、オレンジピール、ラム酒、パン酵母、食塩、カルダモン、ナツメグ、こしょう、香料、酵素
↓ポールのシュトレン
f0013029_20573193.jpg
f0013029_20574442.jpg
CONCENT MARKET
外側は細かめのグラニュ糖。前年までは粉糖だった気がする。いや、グラニュ糖の外側に粉糖か?
前年は小麦粉を変えたということでしたが、今回は粉も中身の具材も変わってました。
アーモンドが贅沢にゴロゴロ入ってていい。干しあんずはシュトレンのイメージと違うけどおいしいな。
15cm380g
原材料:小麦粉、バター、レーズン、グリーンレーズン、アプリコット、マジパン、オレンジピール、レモンピール、牛乳、アーモンド、クルミ、砂糖、イースト、卵、塩、ナツメグ、シナモン、オールスパイス、アニス
↓コンセントマーケットのシュトレン
f0013029_18123721.jpg
f0013029_18124877.jpg
ameen's oven
1年ぶりに食べるとスパイシーすぎてすごい刺激を感じるけど、クセになるというかやみつきになる。
熟成させると香辛料が落ち着いてマイルドになりますね。
みっしりした独特の食感も大好き。
味も食感も個性的なので、これが一般的なシュトレンだとは思わない方がいいです。
そして今回は酒に合うことに気づいてしまった。ウイスキー推奨。
17cm575g
原材料:兵庫県産小麦粉、北海道産有機全粒粉、石臼挽きライ麦粉(ドイツ産)、レーズン酵母、自然塩、洗双糖、卵、牛乳、バター、ラム酒、有機レーズン、有機イチジク、有機クルミ、有機いよかんピール、アニス、カルダモン、ナツメグ、有機シナモン、バニラビーンズ、マジパンローマッセ
↓アミーンズ オーヴンのシュトレン
f0013029_10535256.jpg
f0013029_1054912.jpg
f0013029_116132.jpg
torico.
糖衣にヒビが入ってました。油少なめ?
包みを開けるとバターとレーズンの香り。
切るとき弾力があります。
マジパンはなし。見た目も味も一瞬「単なるドライフルーツパン」タイプかと思ったけど、独特のしっとり感がいい。クグロフっぽいかな。(まあクグロフもいろいろなんだろうけど)。
シュトレンにしてはそんなに甘くないし、ドライフルーツやスパイスも主張しないし、油っぽさもないので、あっさりしていてついどんどん食べてしまう。
ただ後味が食パンっぽいのがちょっと気になる。そういえばカーベ・カイザーもこんな感じだったかも。
数日おいたらスパイスの風味が強くなりました。アニスのような…。原材料表示はなかった気がする。
長期間おけば食感も変わるかもしれません。
↓トリコのシュトレン※切ったものは粉糖をはがした後です
f0013029_12332451.jpg
f0013029_12333587.jpg
HotCross
砂糖でくるんだレーズンパン、といった感じですこぶるシンプル。
全体はグラニュ糖で、上部だけ粉糖。
やけにあっさりしてると思ったら、バターじゃなくてマーガリンなのね。
安価なので期待はしてなかったけど、これをシュトレンと呼ぶのか…。
今まで食べたシュトレンは、好みに合う・合わないはあれどどれも一定水準以上のものだと思いますが、これはちょっとひどい気がしました。
25cm350g1050円
原材料:小麦粉、マーガリン、ラムレーズン、砂糖、生クリーム、卵黄、オレンジピール、レモンピール、クランベリー、ドレンチェリー、粉乳、イースト、塩、リキュール
↓ホットクロスのシュトレン
f0013029_12351369.jpg
f0013029_12352630.jpg
KONDITOREI Stern Ashiya
上質なバターをたっぷり使っているのが感じられる風味。とにかくバターで勝負って感じ。
マジパン棒入りは棒がすごく太くてマジパン率が高く、生地より多いくらい。
ここまでマジパン多くなくていいからもうちょっと生地を楽しみたい気も。
全体的に素朴であっさりしてるけど、バターを食べてる感じなのでたくさんは食べられない。
マジパン棒入り(ハーフのみ)1700円、棒なし(マジパンは散りばめて入ってる)S1050円・L2950円
原材料:マジパン、ドライフルーツ、小麦粉、バター、牛乳、卵、イースト、ナッツ類、洋酒、塩、バニラエッセンス、レモン汁、カルダモン
↓コンディトライ シュターン芦屋のシュトレン
f0013029_12355087.jpg
f0013029_1236359.jpg
au temple du gout
ここはかなり簡易包装。自宅用にはこれくらいで充分なんだけどな。
ここのはドライイチジクが敷いてあるのが特徴。
ここもいいバター使ってるけど重くはなく食べやすい。
Sサイズ13cm265g1365円 Lサイズ6300円
原材料:バター、レーズン、小麦粉、ドライいちじく、砂糖、ミックスフルーツ、牛乳、マジパンローマッセ、アーモンド、生イースト、ヨーグルト、ラム酒、卵黄、はちみつ、塩、バニラ、レモン皮、カルダモン
※オ・タンプル・デュ・グゥだけ撮影するのを忘れたようです。集合写真の中ほどの青いリボンがそうです。去年の記事もご参考に。

カナン牧場
見るからにしっとり。ラム酒が利いていてブランデーケーキ風。
最初はスパイスを強く感じる。たぶんシナモン。でも風味にまとまりがある。
甘すぎないけどしっとりしているぶん、存在感があります。
生地はパンらしいタイプ。
バターたっぷりなのでシュターンと同じでたくさんは食べられない。
福祉施設なので気持ち的には応援したいんだけど、好みとは違った。
17cm490g1990円送料別
原材料:小麦粉、レーズン、オレンジピール、レモンピール、バター、アーモンド、生イースト、きび糖、ラム酒、全卵、クルミ、グラニュー糖、香料、食塩
↓カナン牧場のシュトレン
f0013029_12411554.jpg
f0013029_12412584.jpg
recette
スパイシー。粉糖の下がシナモンの層になっているようで、かなり濃いシナモン風味がある。口の中に残るほどではないが、噛んだ瞬間クセがある。
生地はパンらしいタイプ。
バターはしっとりするほど大量ではないので粉糖がサラサラのまま。
マジパン棒は中心でなく上の方に入ってます。
端は粉糖が多いので甘すぎるけど、ほかはちょうどいい
正統派っぽいので人に勧められそう(シナモンが苦手でなければ)。けっこう好みです。
17.5cm470g3300円(だったか?)送料別
原材料:小麦粉(国産)、砂糖、発酵バター、ピスタチオマジパン(アーモンド、砂糖、ピスタチオ、転化糖シロップ)、牛乳、卵、ラム酒漬カレンツ、オレンジピール、ラム酒漬クランベリー、いちじく、マロングラッセ、天然酵母、アーモンド、クルミ、カシューナッツ、ヘーゼルナッツ、シナモン、塩
↓ルセットのシュトレン
f0013029_12413998.jpg
f0013029_12414829.jpg
AUTHENT HOTEL OTARU
底はグラニュ糖厚めで、上部に粉糖。
ほどよい甘さのうえ、油っぽくないので重くない。
スパイスやドライフルーツなどが主張しないシンプルな味であっさりめ。
強いて言えば、ちょっとカリッとしたビスコッティっぽい食感が個性か。
22cm365g2200円送料込
原材料:小麦粉、バター、漬け込みフルーツ(レーズン、オレンジピール)、ローマジパン、アーモンド、牛乳、上白糖、全卵、イースト、塩、グラニュー糖、シナモンパウダー、粉糖
↓オーセントホテル小樽のシュトレン
f0013029_1242168.jpg
f0013029_12421072.jpg
H.FREUNDLIEB
前年より箱がシンプルになってた。コストダウン?
みっしりしまっていて固いので、切るのに力が必要。
具はレーズンが多い。
味はクセがなくあっさりめだけど、全体が油で締まっていてややずっしりくる。食感は油っぽくないんだけど。
28cm1010g3780円
原材料:小麦粉、砂糖、牛乳、食塩、バター、水飴、澱粉、レーズン、サクランボ、アーモンド、クルミ、オレンジピール、ドライフルーツ、ラム酒、イースト、ラード、ケーキクラム、卵、洋酒、香料、酸味料、加水分解糖
↓フロインドリーブのシュトレン
f0013029_12422561.jpg
f0013029_12423422.jpg
Chocolatier La Pierre Blanche
全体のバランスがいい。
口どけが良く軽やかで、ほかのシュトレンと比べると、パンやケーキというよりキャンディのよう。(あくまでたとえですが)。
中サイズ14cm355g2940円、大5250円、小2100円※要予約
原材料:ミックスフルーツ、強力粉(小麦粉)、バター、レーズン、マジパン、牛乳、アーモンド、イースト、卵、ハチミツ、塩、レモン、香料
↓ショコラティエ ラ・ピエール・ブランシュのシュトレン
f0013029_12425098.jpg
f0013029_12431216.jpg
f0013029_12432083.jpg
FAUCHON
ピンクもわかってると見慣れてきた。
ほかは基本的に外側の砂糖を取り除いて食べてるけど、フォションのはラズベリーなのでこれだけはそのまま食べてます。
感想はまったく去年と同じ。高価な駄菓子としてかなり好きな味だけど、ほかに原料を厳選したシュトレンがいろいろあるんだから、食品添加物の多いのはやめようかなあ。
18cm475g2625円
原材料:小麦粉、レーズン、バター、マジパン(アーモンド、砂糖、水あめ)、牛乳、ドーナツシュガー、洋酒、ドライクランベリー、乾燥いちじく、砂糖、砂糖漬ドライパイナップル、砂糖漬パパイヤ、アーモンド、砂糖漬ラズベリー、パン酵母、オレンジピール、くるみ、ヘーゼルナッツ、ラズベリー粉末、ピスタチオ、食塩、シナモン、ナツメグ、酸味料、漂白剤(亜硫酸塩)、(原材料に一部に牛肉、大豆を含む)
↓フォションのシュトレン
f0013029_12434246.jpg
f0013029_12435051.jpg
Rêve de Chef
今回買った中で一番賞味期限が長くて3ヶ月くらい。
生地の外側が黒くなるほどしっかり焼いているし、バターで練った砂糖で蝋のように塗り固めているので、いかにも長持ちしそう。
味はかなりあっさりしていて、ラスクを食べてる気分。
それにしてもこれは焼きすぎじゃないか?と去年の画像と比べてみたら、やっぱりこげこげな気が。
あと一歩で「香ばしい」から「焦げ臭い」に行ってしまいそうなんですが、今回のシュトレン失敗してませんか?
21cm365g2100円
原材料:ミックスフルーツ(プラム、レーズン、オレンジ、レモン、リンゴ)、バター、小麦粉、アーモンド、砂糖、牛乳、クルミ、卵、イースト菌、脱脂粉乳、食塩、洋酒、バニラ、香辛料
↓レーブドゥシェフのシュトレン
f0013029_12441292.jpg
f0013029_12442368.jpg
f0013029_12443290.jpg
dominique saibron
今回の中で一番高価。食べてみておいしくなかったらどうしよう、と不安になった。
金額はフロインドリーブの方が少し高いけど、重量約3倍なので。
ドミニク・サブロンはパン屋さんだけど、生地がパラッとしていてパンっぽくない。
ツマガリみたいにケーキってほどじゃないけど、ちょっとショートブレッド的。
ココア風味の上品な味。ドライチェリーがおいしい。
でも、シュトレン食べたい!ってニーズにこれはちょっと別物のような。てか、ドミニク・サブロンはフランスなのになぜシュトレン…。
あと、高価なのに食品添加物多すぎ。
16.5cm360g3465円
原材料:バター、小麦粉、粉糖、グラニュー糖、レーズン、酵母、乳等を主要原料とする食品、ドライチェリー、アーモンドパウダー、ヘーゼルナッツパウダー、オレンジピール、クルミ、アーモンド、洋酒、牛乳、ワイン、レモンピール、生イースト、食塩、カカオパウダー、シナモンパウダー、乳化剤、pH調整剤、安定剤(増粘多糖類)、酸化防止剤(亜硫酸円)、酸味料、香料、カラメル色素
↓ドミニク・サブロンのシュトレン
f0013029_12445227.jpg
f0013029_1245055.jpg
Comme Chinois
中身はパンそのもの。表面が湿っぽいので食べるとかなりしっとりした印象。
バターをベースとした香りが強い。ちょっとクセがあって飽きる感じ。
22.5cm335g2100円
原材料:小麦粉、りんご、レーズン、牛乳、バター、卵、オレンジピール、くるみ、砂糖、トレハロース、洋酒、食塩、イースト、紅茶、シナモン、カルダモン、ジンジャー、黒コショウ、ぶどう糖果糖液糖、酸味料、ビタミンC、乳酸Ca
↓コムシノワのシュトレン
f0013029_12451688.jpg
f0013029_12453159.jpg
f0013029_12454484.jpg
Ca marche
香辛料、柑橘類、生姜の風味がかなり利いてる。
アミーンズ オーヴンのように混沌とした感じではなく、エッジが利いた大人の味。
好みが分かれそう。苦いマーマレードが苦手な人はだめかも。
15cm330g1995円
原材料:小麦粉、バター、牛乳、卵、砂糖、ミックスフルーツ、クランベリー、カレンズ、イチジク、ジンジャーピール、オレンジピール、塩、イースト、ナツメグ、カルダモン、シナモン、ブラックペッパー
↓サ・マーシュのシュトレン
f0013029_12455924.jpg
f0013029_1246762.jpg
f0013029_12461679.jpg
次回買うための参考記録として書いてるので、「また食べたいか?」というのを基準に考えたのですが、「おいしいけどシュトレンとしての好みからはちょっと外れてるので、ぜひまた買おうと思うほどではない」というものがほとんどでした。
そして結局、最初から買ってたアミーンズとコンセントマーケットが一番好き。
そのほかではラ・ピエール・ブランシュのがレベル高いと思いましたが、予約したり、送料より引き取りに行く交通費の方が安いので取りに行ったり…というのがなんかめんどくさいのです。

最後に、それぞれの買える時期。
2013年の実績(わたしの経験)なので、今後の保証はありません。上記の大きさ・値段などもです。
ドンク…11/1発売
ポール…11/19購入
フォション、コムシノワ、レーブドゥシェフ…11/19にはまだなかった。12/10購入
アミーンズ オーヴン…11/22にはまだなかった。11/27購入。ウェブサイトで事前告知あり
コンセントマーケット…11/21仕込み開始。11/22にはまだなかった。11/27購入。ウェブサイトで告知があるかも
トリコ…11/30発売
オ・タンプル・デュ・グゥ…12/16にはまだなかった。12/18購入

**

2010年分のシュトレン記事はこちら

2011年分のシュトレン記事はこちら

2012年分のシュトレン記事はこちら
[PR]
2014年 01月 30日 *
f0013029_7522541.jpg
クスクスって大好きなのに調理したことなかった。
昔いとこが本場から持ってきたクスクス専用鍋で作ってくれたので手間がかかるイメージを持っていたけど、蒸す以外にも炒める・茹でる・熱湯を注ぐ・電子レンジを使うなど、簡単な方法がいろいろあるんですね。
蒸すのが正統派なのだろうけど、ウォーターシール効果の鍋があるのでそれを使って熱湯注ぎ法を応用。
まず鍋に1+1/4カップのお湯を沸かします。
そこにクスクス1カップを入れてサッと混ぜ、蓋をして冷めるまでおいておきます。
これだけ。
野菜の種類や量は好みですが、今回はありあわせでキュウリ、トマト、パプリカを使いました。
クスクスとよく混ざるよう、すべてみじん切り~粗みじんにします。
塩もみして水にさらした玉葱や、豆の水煮を入れてもいいようです。
あとは多めのパセリのみじん切りとレモン汁。
レモンは1個か2個分。多めに。
これらすべてとクミンパウダー、コリアンダーパウダー、塩各小さじ1/2、胡椒少々、オリーブ油大さじ2を和えるだけです。
[PR]
2014年 01月 29日 *
f0013029_19534752.jpg
コノスルのカベルネ・ソーヴィニヨン続きます。
オーガニックはカベルネ・ソーヴィニヨン61%、カルメネール39%のブレンドですが。
これも香りはいい。カシスとかベリーの香りがします。レゼルバと同じで味は物足りないけど。
オーガニックはほかのシリーズのようにビニールの封ではなく、コルクの上を蝋で固めています。
f0013029_19535764.jpg
チーズはラクレット・ジュラ・レ・クリュ(ラクレット・ジュラ・オ・レ・クリュかも)。
ハイジのチーズ、ラクレットなので、バタールにのせてオーブンで焼いてみました。
[PR]
2014年 01月 28日 *
火山でお昼ごはん。
お値段手頃。
ラーメンが、魚のだしのあっさりしたスープでおいしかった。
ちょっとしょっぱめだけどラーメンとしては一般的か。
チャーハンはしょっぱすぎでつらかった。
特に部分的にものすごく塩辛かったので、たぶん塩加減間違ったんだと思う。
お店の人はとても親切でした。小さいお店なので仕方ないけど、両隣のテーブルでタバコ吸ってたのはきつかったな。
いずれにせよ、行ったのが年明けすぐで営業してるお店が少なかったので、出先で食事にありつけただけでもありがたかったのですが。
[PR]
2014年 01月 27日 *
f0013029_636384.jpg
年末のことですが、ガレット・デ・ロワを1人で一度にホールで食べてみたい!という夫の希望が実現。
途中で1/4を分けてくれたので彼が食べたのは3/4ですが、満足したようです。
ものはドンク、テーブルセッティング・撮影ともに夫です。
[PR]
2014年 01月 26日 *
f0013029_21344998.jpg
年末年始限定の一保堂の新春大福茶。
上品な風味の玄米茶です。
通年販売の玄米茶とほうじ茶もおいしい。
[PR]
2014年 01月 26日 *
『風の谷のナウシカ』1984年 日本 宮崎駿

最終戦争後、地上に人間の住めない領域が広がる中で、自然と共に生きようとする少女の話。
セリフを暗唱できるくらい入ってるので今さらだけど、一応記録。
[PR]
2014年 01月 25日 *
『クヒオ大佐』2009年 日本 吉田大八

アメリカ空軍パイロットと偽る詐欺師の話。
堺雅人、松雪泰子、満島ひかり。
かなりせこい『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』って感じ?面白かった。
[PR]
2014年 01月 24日 *
f0013029_6273216.jpg
妹にもらったヒルバレーのエアーポップコーン。
夫の米国出張時にグルメポップコーンを頼んだのですが見当たらなかったと言われ、輸入品スーパーにあるという情報を得て見てみたけどなくて、諦めていたら偶然送ってくれたのでした。
米国土産はギャレットを想定してたけど、ヒルバレーは日本のお店だそうです。
2種類だと思ったら、塩味ともう1缶はキャラメルとチーズのミックスでした。
甘いのとしょっぱいの、別々に食べても一緒に食べてもおいしくて、止まらなくなる~。
塩味はかなり塩少なめのあっさり味。スープの浮き実にしてもいいそうです。
賞味期限表示がなかったので妹に言われるまで意識してなかったけど、数日中に食べるよう推奨されてるようです。
妹は「アメリカではポップコーンはポリフェノールとか食物繊維が豊富だからって健康食品として推奨されてるんだって。そんでノンオイルのグルメポップコーンが出てきて、みたいなことが書いてあったんだけど、アメリカ人があんな脂っ気のない、味の薄いポップコーンを食べるとは思えない。結局チーズとかキャラメルとか味のついたのを食べると思われるので健康食品にはなり得ないだろうなあ」と言っていて、わたしも同じように考えてたので笑った。
[PR]
2014年 01月 23日 *
f0013029_6265297.jpg
コノスルレゼルバのカベルネ・ソーヴィニヨン。
同時に飲み比べてないのではっきり言えないけど、ヴァラエタルとそれほど印象が違わない感じ。香りはいいが味は物足りない。
f0013029_627783.jpg
一緒に食べたのは夫のお気に入りのレビノスモークと、ショコラティエ ラ・ピエール・ブランシュでシュトレンと一緒に予約したBoudin aux Fruits。
ブーダン・オ・フリュイは素朴でスパイシーでパラッとした粉っぽい食感も面白かったけど、期待してたものとはちょっと違った。
あくまでお菓子なんですね。塩気のあるものかと思ってた。
シュトレンについては後日まとめてUPします。
[PR]