Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2015年 03月 ( 52 )   > この月の画像一覧
*
*
2015年 03月 31日 *
『戦う幌馬車』1967年 アメリカ バート・ケネディ

主人公は刑務所帰りの男。自分の牧場を奪った宿敵が装甲馬車で金を輸送することを知り、仲間を集めて強奪を目論む。
ジョン・ウェイン、カーク・ダグラスの西部劇。
[PR]
2015年 03月 30日 *
『デス・リベンジ ラストミッション』2013年 カナダ/ブルガリア ウーヴェ・ボル

主人公は足を洗いたがっている凄腕の殺し屋。最後の仕事として2人の少女の拉致を手掛けるが、少女の持っていたメダルの力でドラゴンのいる中世のような世界へとタイムスリップしてしまう。
敵の王が首の後ろに「太郎」というタトゥーを入れてて、すごくヘン。
あ、これって3作あるうちの完結編だったのか。
[PR]
2015年 03月 29日 *
『リトル・ランナー』2004年 カナダ マイケル・マッゴーワン

1953年。主人公はカトリック学校に通う14歳の少年。昏睡状態に陥った母が目覚めるには奇跡が必要と考え、ボストンマラソンでの優勝を目指して自己流でトレーニングを始める。
コメディ人情映画。
[PR]
2015年 03月 28日 *
理想の恋人.com』2005年 アメリカ ゲイリー・デイヴィッド・ゴールドバーグ

主人公は夫と離婚して8か月。世話を焼く家族のアドバイスに従って、出会い系サイトも使って恋人探しをする。
ダイアン・レイン、ジョン・キューザック、クリストファー・プラマー。
[PR]
2015年 03月 27日 *
鹿鳴茶流 入舩で鹿の晩ごはん。
サイトのメニューには明記されてませんが、鹿づくしコースがあったのでそれにしました。
3種類あったので、一番いろいろ食べられそうな3000円のを選択。
鹿づくしといっても鹿だけしか出てこないわけじゃなくて、鴨とかエビとかほかの蛋白質も含まれてました。
大きめの丼やら、汁物やら、ちょっとした鍋もあって、けっこうなボリューム。
大食の我々でもお腹いっぱいになりました。小食の人は全然食べられないと思う。
料理としての味は普通かな。そこそこおいしい手頃な居酒屋くらい。
安くて量があるので不満はありません。
鹿肉のいろいろな部位のローストが次々出てきましたが、それらはとてもおいしかった。
で、翌日と翌々日は胃が痛くてたいへんでした。
最初は単に食べ過ぎかと思ったけど、バランスのいい内容のコースや炭水化物たっぷりで腹いっぱいになってもこんなことにはならないので、たぶん普段そんなに食べない肉の食べ過ぎだと思います。
ここはコースより、鹿肉の焼いたのみたいなシンプルなものをいくつか食べるのがいいみたい。
[PR]
2015年 03月 27日 *
『草原の野獣』1958年 アメリカ フィル・カールソン

有力者である牧場主の2人の息子。気の優しい弟はスー族の血を引く娘に恋するが、粗野な兄がその娘の兄と争い…。
父にヴァン・ヘフリン。
短いけど見応えあった。
[PR]
2015年 03月 26日 *
サンドイッチを食べにデリカテッセンへ。
目当てはローストビーフのサンドイッチとスモークサーモンのサンドイッチだったけど、さらにハムとソーセージの4種類が食べられるミックスにしました。
具材がとってもおいしかったです。パンはものすごくふわっと軽くてあまり存在感がない感じ。上品なサンドイッチなのです。
イギリスではパンはジャムなどを乗せる台だという話を読んだことがありますが、このサンドイッチはまさに具材を味わうための持ち手としてパンがあるタイプですね。

ここは2階がカフェになっていて、1階ではハム、ソーセージやサンドイッチなどを買えるのですが、覗いてみたものの賞味期限的に都合に合わなかったので今回は断念。
次はソーセージかなんか買いたいな。
[PR]
2015年 03月 26日 *
『聯合艦隊司令長官 山本五十六』2011年 日本 成島出

司令長官に任ぜられた頃からの山本五十六の後半生。
山本五十六に役所広司。
[PR]
2015年 03月 25日 *
『柳生武芸帳 夜ざくら秘剣』1961年 井沢雅彦
『柳生武芸帳 剣豪乱れ雲』1963年 内出好吉
『十兵衛暗殺剣』1964年 倉田準二
日本

近衛十四郎主演の柳生十兵衛シリーズ。
シリーズと言っても、監督も違えばテイストも全然違う。
『夜ざくら秘剣』はコメディタッチの部分も多くて特撮盛りだくさんだけど、『剣豪乱れ雲』はそれに比べるとかなりシリアスな時代劇。
『十兵衛暗殺剣』は映像がなかなか芸術的でした。
[PR]
2015年 03月 24日 *
f0013029_1853537.jpg
一時休止してたトムヤムクンヌードルの販売が再開されたというので買ってみた。
売場の棚は残り少なくなってました。やっぱり人気あるのかな。
味ですが、普通の日本のカップ麺にしては異国の味。
食べてる最中より後味にレモングラスなどの風味がきて、ひと味違うのはわかる。わかるんだけど、それにしては物足りないかなあ。辛さも酸味もそれほどでもなくて無難だし。
まあまあおいしかったけど、また食べたいってほどではない。
これならチリトマトヌードルの方がずっと好きだなあ。
[PR]