Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2015年 06月 ( 57 )   > この月の画像一覧
*
*
2015年 06月 30日 *
f0013029_18254031.jpg
ガティノワ・ブリュット・ロゼ・グラン・クリュ・アイ
最初はあっさりめのシャンパーニュかなー、という味だけど、後からふわっと赤ワインの風味がくる。
そんなにいろいろ飲んでるわけじゃないのではっきり言えないけど、やっぱりシャンパーニュはロゼより白の方が好きかも。
f0013029_1825492.jpg
チーズはイル・ド・フランス クリーミーカマンベール。
お手頃価格でもおいしいカマンベールはあるけど、これはチープな味だった。
[PR]
2015年 06月 30日 *
『スパルタカス』1960年 アメリカ スタンリー・キューブリック

スパルタクスの反乱を描く。
カーク・ダグラス、ローレンス・オリヴィエ、ジーン・シモンズ、ウディ・ストロード。
[PR]
2015年 06月 29日 *
窯焼きステーキの福多亭で晩ごはん。
カウンターの目の前にどーんと窯がしつらえられてます。熱源は備長炭です。
ステーキは脂少なめのイチボにしようと思ってたけど、いろいろな部位を食べ比べるのをおすすめしてる、と言われたのでそれに従いました。一関のお肉で、サーロインとフィレとイチボ、だったかなあ。ちょっと日が経ってしまったのでうろ覚え。
メニューはアラカルトから選ばない限りは、コース1種類のみ。
前菜などもおいしかった。最後のカレーだけはなぜかものすごくしょっぱかったけど。
全体に量は少ないので、お腹いっぱいにはなりません。まあお肉が高いんだろうな。食べ比べできたのは嬉しかった。
ここはワインにも力を入れてるらしく勧められたけど、次の日仕事だったのでビールにしておきました。
なんだけど、このビールがものすごい高額だった…。
会計金額からサービス料引いてコース料金引いて飲んだ数で割ったら2000円近い。そんな大きなグラスでもないのに。
これが北新地価格なのでしょうか。いくらコースが手頃でもこれじゃあな…、とちょっと冷めた。

実は一般的なステーキってあんまり好きじゃないんです。油っぽくて。
ステーキはモモが好き。
大トロも脂ののったサンマも好きじゃない。
だけどあえて行ってみました。ステーキ店。
今後、神戸牛ステーキも行く予定。
[PR]
2015年 06月 29日 *
『サラリーマン専科』1995年
『サラリーマン専科 単身赴任』1996年
『新・サラリーマン専科』1997年
日本 朝原雄三

主人公に三宅裕司。妻役は前2作が田中好子で3作目が岸本加世子。
脚本:山田洋次、朝原雄三、梶浦政男。
東海林さだおのあの『サラリーマン専科』だったんですね。1作目のエンドロール見るまで気づかなかった。
[PR]
2015年 06月 28日 *
『九ちゃんのでっかい夢』1967年 日本 山田洋次

スイスの富豪が元恋人の孫に莫大な遺産を遺して死亡。その相続を妨害するため、日本にいる相続人を探して殺し屋がやってくる。当の相続人である青年は、病を苦に死のうと考えていた。
坂本九、倍賞千恵子、竹脇無我。
[PR]
2015年 06月 27日 *
今月初めのことですが、苔庭目当てに西芳寺(苔寺)へ行ってきました。
予約受付は希望日の2か月前かららしいので、往復葉書で早めに申し込んで楽しみにしてました。
申込方法など参考にしたサイトはこちらこちら

交通はバスが推奨されてますが、歩くのが苦でなければ上桂駅から歩いて行けます。
のんびり歩いて30分くらいでした。
f0013029_2123749.jpg
苔寺の前の道。
お寺の外もこんなに苔むしてます。
f0013029_2124922.jpg
山門を撮影してたら、ちょうど門番の人が出てきました。
指定時間は通常1時らしいのですが、30分前に開けることになってるみたいです。

受付で拝観料を払ったら、まずは写経です。
葉書には細筆を持ってくるように書いてありますが、椅子席には筆ペン、畳の席には硯と筆が用意されています。
ただその置いてある筆は古くてちびてたりするみたいなので、写経用の筆ペンを買って持参しました。置いてある筆ペンは使いにくいゴム一体型のものだったし、持って行ってよかった。
早めに行ったので椅子席に座れましたが、脚の不自由な人や体調のすぐれない人がいたら譲ってほしい、との呼びかけがあり、なにしろ年配者が多いのですぐ譲ることに。
これなら最初から畳の方に座ればよかったかな、とか思ったけど、慣れない姿勢で慣れない写経をしたら肘を傷めてしまい、直るのに1週間くらいかかった。
いくらお年寄りに気を遣っても、自分が故障したらいかんよなー、といろいろ難しいところ。
まずは正座できるようになるところから始めるべきか。何かとハードル高いです、苔寺。
別に足を崩してもいいので、男性ならあぐらでいいんですけどね。

葉書によるとお寺にいられるのは90分らしいので、事前に写経の練習をして時間を計ってみました。
ほんとはじっくり丁寧に書きたいところだけど、猛スピードで書いて30分くらいかかります。
f0013029_213260.jpg
f0013029_213118.jpg
f0013029_2132540.jpg
f0013029_2133445.jpg
f0013029_2134353.jpg
f0013029_2135240.jpg
お庭は一面の苔でした。
梅雨の時期を狙ったつもりが、梅雨入りしたばかりでどうかと思ったけど、ちょうどたくさん雨が降った翌日の梅雨の晴れ間にあたり、苔もひときわ美しかったのではないかと。
苔の種類も多く、じっくり観察できて大満足。
銅葺き屋根のお堂の下にホンモンジゴケが生えているらしいのでぜひ確認しようと思ってたのに、すっかり忘れてしまったのだけが心残り。
f0013029_214396.jpg
苔庭を満喫した後は華厳寺(鈴虫寺)へ。
失礼ながら、一年中鈴虫が鳴いてるお寺、という程度の認識で、苔寺に行く人がついでに立ち寄るところだと思ってたけど、平日なのに行列ができるほどのにぎわいでした。すいません。
ここでは中で説法を聞くことになってます。お茶とお茶菓子が出されて、お話は30分くらい。
入替制のようになっているので、説法の途中に到着すると、次の回まで待つことになります。
なのでけっこう所要時間はみた方がいいです。
我々が到着したときには次の回を待つかなり長い列ができてましたが、ちょうど受付開始でタイミングよくは入れました。
ここは願いごとを叶えてくれるお地蔵様でも有名なんだそうで、そういうのが好きそうな若い娘さんたちでいっぱいでした。
苔寺と全然年齢層が違います。

特に願いごとはせずに鈴虫寺を後にし、松尾大社に向かって歩きます。
神社の近くの松楽で和菓子を購入。
酒饅頭なんかもおいしそうで迷ったけど、
f0013029_2141844.jpg
わらびもちと
f0013029_2142994.jpg
よもぎ入り奥嵯峨に。
わらびもちは冷えてるのもあるということなのでそちらに。
松尾大社の境内でおやつにしました。
どちらも上品な味でとてもおいしかった。

当然、続いて松尾大社にお参りしなければならないのですが、ここで時間切れ。
この後の予定があったため帰途につきました。山の神様ごめんなさい。
次に来るのは桂離宮と一緒の予定かなあ。
[PR]
2015年 06月 27日 *
『ワイルド・ギース』1978年 イギリス アンドリュー・V・マクラグレン

アフリカ某国の大統領がクーデターにより幽閉されて2年。銅鉱山の利権を得るため英国貴族である富豪が精鋭の傭兵部隊を組織し、大統領救出作戦が行われるが…。
リチャード・バートン、ロジャー・ムーア、リチャード・ハリス。
チャンプ』はベタベタだったけど、これは悲しかったなー。
[PR]
2015年 06月 26日 *
f0013029_1902865.jpg
オンコー アン マタンのクロワッサンはけっこう甘かった。あと生地がねっちりしていて、あまり層がサクサクする食感ではなかった。
クロワッサンを食べたのは久し振りだったので、クロワッサンってこうだっけ?と思い、他店を確認してみることに。
torico.(左下)…今回の4つの中では一番甘め
RYOICHI YAMAUCHI(左上)…やや甘め。一番しっとりしてる。輸送でちょっとつぶれてしまった
La Baguette de Paris YOSHIKAWA(右下)…塩気がある。取り出したとき、バターの香りが強く漂った
CONCENT MARKET(右上)…甘くもしょっぱくもなくニュートラルな味。一番サクッとしてる
今回オンコー アン マタンは同時に食べ比べなかったので確信は持てないけど、かなり甘かった気がする。ブリオッシュ的な。
自分の思うクロワッサンのイメージに近いのはコンセントマーケットでした。でも夫はヤマウチのがしっとりしていて好きと言ってた。
[PR]
2015年 06月 26日 *
『39 刑法第三十九条』1999年 日本 森田芳光

猟奇殺人事件の容疑者が司法精神鑑定で多重人格と診断される。しかしその診断を下した精神科医の助手は、詐病だと主張し…。
鈴木京香、堤真一。
森田芳光ってこういうのも撮ってたんだ。
始終薄笑いを浮かべてる岸部一徳がなんだか怖かった。
[PR]
2015年 06月 25日 *
f0013029_1932407.jpg
プラセット・デ・バルトメジョソ
産地:リオハ
ワイナリー:パラシオスレモンド
品種:ヴィウラ
「プリオラートの4人組」の一人、アルバロ・パラシオスが、実家であるリオハのボデガで指揮をとる「パラシオス・レモンド」のワイン。ヴィウラ種100%で造られるスペインらしい骨格のある白ワイン

まとめ買いしたリオハワイン、最後は白。
ちょっと熟成してる感じの色と味ではあるけどあっさりめ。飲みやすいけど。
すっぱいのが苦手な人はやや酸味があるのが気になるらしい。
f0013029_19325142.jpg
チーズはQUeso San SimonとQueso de Murcia al Vino DOP。
ケソ・サン=シモンは燻製チーズ。燻した風味はそれほど感じないけど、コクがあって濃厚。
ケソ・デ・ムルシア・アル・ビノはワインで洗った山羊チーズ。山羊の味だけど臭みはなくて食べやすい。
これらと前回の残りのケソ・カブラレスも。
今回はワインに合わせてスペインのチーズにしてみたけど、ワインはリオハ、サン=シモンはガリシア、ムルシア・アル・ビノはムルシア、カブラレスはアストゥリアスなので、地方まで揃えないとあまり意味ないかも。
まあ、普段は気にせず原産国の異なるワインとチーズを合わせてるんだけど。
[PR]