Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
<   2015年 10月 ( 40 )   > この月の画像一覧
*
*
2015年 10月 31日 *
『ジュラシック・パーク』1993年 アメリカ スティーヴン・スピルバーグ

バイオテクノロジーで甦らせた恐竜のテーマパークを舞台にしたパニックアクション。
かなり前に観たけど、設定以外ほとんど覚えてなかった。
[PR]
2015年 10月 30日 *
f0013029_23121465.jpg
ここ数年検討課題だった塩・砂糖入れ。
ガラスか陶器で角形のものを探していたのだけど、意外とない。
ずっと使ってたプラスチック容器を処分し、おおさじこさじを買った時点で袋のまま保管してたけど、使用頻度の高いものはやはり手間なので容器に移し替えることに。
見た目がシンプルできれいだし丈夫だというのでウェックにしました。容量は500ml。
イチゴのマークは別に好きじゃないけど。
f0013029_23122850.jpg
砂糖も塩も数種類あるのでずらりと並べるか迷いましたが、とりあえず一番使うマスコバド糖とゲランドの塩の2つだけ。要するにおおさじこさじと同じです。
で、なぜか勘違いして容器本体と蓋は別売りと思っていて、木の蓋いいなあとも思ってたので買ってしまった。本体の2倍の値段だよ…。
しかも本体にはガラスの蓋がついてたから必要なかったかなあ。
f0013029_23124861.jpg
でもやっぱり素敵だからいっか。
[PR]
2015年 10月 30日 *
『野郎どもと女たち』1955年 アメリカ ジョーゼフ・L・マンキーウィッツ

女より賭博に夢中なタイムズスクエアの賭博師たち。賭場を仕切る一人は踊り子と14年間婚約したまま。仲間の一人は賭けにより、お堅い救世軍の娘を口説き落とすことになる。
フランク・シナトラ、ジーン・シモンズ、マーロン・ブランド。
ミュージカル映画です。
[PR]
2015年 10月 29日 *
前回の反省を踏まえ、余裕のあるスケジュールに。

1日目
夕方までわたしに用事があったので、遅めに来てもらった。

2日目
父は会合があり、泊りがけで宴会へ。
母の希望でウインドウショッピング。
ミルキッシモのチョコやキャラメルのジェラートは甘すぎた。
ここはさっぱりしてておいしいと思ってたけど野菜や果物のジェラートだったからだな。
次から気をつけよう。

3日目
姫路へ。
姫路ではいつも行くのが鶴美寿しと遊示堂。
でも鶴美寿しの開店時間より少し前に到着したので商店街をぶらぶらしていたら、和菓子大好きな両親が伊勢屋本店に吸い込まれていった。
f0013029_19383387.jpg
官兵衛兵糧餅。
ほかにもいろいろ買ってうちで食べ、両親は羊羹を持ち帰ってました。

鶴美寿しはお昼のセット内容が全体的に変わったみたいでした。
あなご寿しセットは蒸しあなごが1つ減ってたし、押し寿司のタイプがちょっと違ってた。
いろいろ高騰してるから大変なんだろうな。
開店時間すぐに入りましたが、ほかにもどんどんお客が入ってきた。平日なのにすごいな。
f0013029_19384334.jpg
遊示堂の鯛焼き。
f0013029_17313180.jpg
姫路城に行くのは4回目ですが、平日にもかかわらず大変な混雑でした。
これが世界遺産登録効果か。
もちろん外国人も多いし、日本の社員旅行みたいな雰囲気の団体さんがバスでやって来たりで、ずーっと大行列。
こりゃもう週末とかには来れないなあ。真冬とかを狙おう。
そういえば収蔵品展示がなくなってたな。
あと、前に見学した化粧櫓への案内がなかった気がするので後で調べてみたら、不定期開催らしいです。
f0013029_19254314.jpg
帰りは大手門のところに猫がいっぱいいた。
f0013029_1745589.jpg
今回は好古園も散策。

晩ごはんはあめ婦で。
友人の母上のお気に入りのお店だそうで、数年前に紹介してもらってから気になっていたので今回はここを予約。
料理は素材が良くて盛り付けも美しかったけど、全般的にわたしの好みの味じゃなかった。
あとここはワインを推奨してるらしく、ほかのテーブルもワインを頼んでいるグループが多かった。ビールは瓶しかないのです。日本酒は少しあったけど。
でも両親は喜んでくれたのでよかった。

4日目
母念願の大塚国際美術館へ。
f0013029_12141513.jpg
開館時間に間に合うように行くのはさすがに疲れそうだったので、11時くらいに着くよう行きました。
夫とわたしは3回目。
f0013029_18583670.jpg
この日も快晴。
f0013029_1901159.jpg
f0013029_1902142.jpg
両親はミュージアムショップで何やらいろいろ買ってました。
帰ってから、『真珠の耳飾りの少女』の額やら、作家もののサルエルやら出てきてびっくり。
でもこのあわ紅豆腐はとってもおいしい。マイルドな豆腐ようで日本酒によく合います。
次回美術館に行ったら自分でも買おうと思うくらい。

さて、大塚美術館には今まで車で行ってましたが、絵画鑑賞の後は目が疲れて運転が大変そうなので、今回から高速バスで行くことにしました。
ただしバス停がちょっとトリッキーです。
行きは「鳴門公園口」下車。高速道路から出て徒歩20分ほどで美術館です。
でも帰りの路線に「鳴門公園口」停留所はありません。
なのでまず美術館の前から普通の路線バスに乗り、「小鳴門橋」で降ります。
そこから高速道路の「高速鳴門」停留所まで行って高速バスに乗ります。
高速鳴門で高速道路に上がるとき、スロッピーという乗物があってちょっと面白かった。
でもこれに乗らないと上がれないわけではなく、すぐ横の道路を歩いて行けるんですけどね。

帰りはバスの乗り換えが心配だったこともあり、早めに美術館を出ました。
なので高速鳴門でかなり時間が余ってしまい、近くのスーパーを物色したり。
f0013029_19114647.jpg
夫は近くの土産物店で和三盆のお菓子を買ってました。

晩ごはんは手早く済ませたかったので、そごうのやぶそばで。

5日目
連日遠出をすると両親が疲れてしまいそうなのでこの日は休養。
でも意外と元気そうだったので、お昼に有漢やでおそばを食べた後、北山緑化植物園へバラを見に。
f0013029_19195017.jpg
f0013029_19195932.jpg
f0013029_1920830.jpg
f0013029_19201666.jpg
f0013029_19205396.jpg
f0013029_1921242.jpg
バラ以外の秋の花も色とりどりでした。
f0013029_19212846.jpg
母はガーデンニングをしてるのでけっこう植物の名前には詳しい方ですが、この紫の葉がわからず。
帰ってから夫が調べて判明しました。
ストロビランサス・パープルプリンス、ですって。

夜は家で宴会しました。

6日目
京都へ。
まずはおめんでお昼ごはん。おめんは何度も食べてるけど高台寺店は初めて。
続いて鍵善良房でくずきり。
前回は休業中で入れなかったけど今回は大丈夫でした。
相変わらずとってもとってもおいしかった。
この衝撃のおいしさを両親にもわかってもらえて満足。
そしてここのおねえさんが、きちんと丁寧な物腰と美しい言葉遣いで、しかもとても感じが良く、気が利いていて素晴らしかった。
ここでも和菓子好きの両親は栗蒸し羊羹やら買ってました。

さて、京都で訪れたい両親の希望の場所は2箇所です。
f0013029_21504566.jpg
1つは伏見稲荷大社
「外国人に人気の日本の観光スポット」第1位というだけあって外国人観光客でいっぱい。
f0013029_1522485.jpg
f0013029_1523465.jpg
f0013029_1524693.jpg
f0013029_1525584.jpg
f0013029_153756.jpg
お山巡りもしました。
4kmほど歩く所要時間は約2時間という前知識でしたが、だいたいそれくらいかかりました。
母に合わせてゆっくり進み、休憩も多かったので、我々ふたりだけなら1時間半くらいかなあ。

もう1つの希望は蹴上インクライン。まずは南禅寺を目指します。
f0013029_1591783.jpg
駅からの途中に金地院東照宮があって気になったけど、日も暮れてきたことだし今回はパス。
f0013029_15102893.jpg
南禅寺の三門。
母が上がりたいというので拝観料を払って上へ。
f0013029_15123569.jpg
宝冠釈迦座像などが安置されているのですが、この白人男性が熱心に中を覗きながらずーっとノートにメモを取っていたのであまり見られなかった。
f0013029_1515685.jpg
三門から見下ろした風景。
f0013029_15171693.jpg
南禅寺の境内にある水路閣。
わたしも楽しみにしてました。本当に美しい。
f0013029_15191480.jpg
水路閣の上は歩けるようになっていて、インクラインまで行くことができます。
水の流れの左側を歩くと最後は行き止まりになってしまうので、途中から右側を歩くこと。
f0013029_15223778.jpg
船を乗せる台車。
f0013029_152344.jpg
インクラインは京都ではちょっと地味なスポットなのか、ほとんど人がいなかった。
線路を辿って坂を下っていくと、
f0013029_15244449.jpg
駅から幹線道路を歩いて最初にくぐったトンネルのところに出た。
そこで初めて気づいたけど、このトンネルの上がインクラインだったんだ!

晩ごはんは父の希望で東華菜館。
前回お昼に少し味見した紹興酒がおいしかったので、晩ごはんを食べながらゆっくり飲みたい、ということで。
コース料理にしてみましたが、意外とよかったです。
f0013029_15314875.jpg
松葉屋の松露も買って帰りました。

7・8日目
両親は有馬温泉で1泊。
宿は鎌倉時代からの歴史を持つという陶泉 御所坊
食事もよかったということなので、そのうち行ってみようかな。
有馬ではむら玄を勧めて定休日も教えてたのですが、臨時休業だったらしい。そしてずっとお店閉まってるみたいですね。どうなるんだろう。
両親は土山人に行ったと言ってました。
f0013029_15391134.jpg
お土産はもちろん炭酸煎餅。
と、有馬のびっくり栗まんじゅう。
甘いです。一気に一個食べたのは失敗だった。
f0013029_15412313.jpg
それと有馬麦酒。
これなかなかおいしいビールでした。
今度有馬に行ったら必ず飲まなくては。
父が味見したいと言ってたのに飲むタイミングがなくて帰ってしまったので残念でした。

晩ごはんは久々のクネル
念のためだいぶ前から予約していたのですが、平日だったからか貸切状態でした。
4人なので魚料理も肉料理もいろいろ頼むことができて、どれもおいしくて、今回も大満足。

9日目
ふたりとも元気に帰っていきました。
[PR]
2015年 10月 29日 *
『地獄の黙示録』1979年 アメリカ フランシス・フォード・コッポラ

ベトナム戦争時。陸軍空挺士官の大尉は、元グリーンベレー隊長の大佐の暗殺指令を受け、海軍の河川哨戒艇で大河を遡行していく。
マーロン・ブランド、ロバート・デュヴァル、マーティン・シーン、デニス・ホッパー。
ハリソン・フォード若い!と思ってたら、さらにピチピチなラリー・フィッシュバーンが出てきてびっくり。
[PR]
2015年 10月 28日 *
『火垂るの墓』2008年 日本 日向寺太郎

野坂昭如『火垂るの墓』の実写映画化。
松坂慶子、松田聖子。
アニメ版以外もあるとは知らなかった。
[PR]
2015年 10月 27日 *
『少林サッカー』2001年 香港 周星馳(チャウ・シンチー)

少林拳の達人とその兄弟弟子達がサッカーチームを結成し、少林拳を広めるために活躍しようとする話。
周星馳(チャウ・シンチー)、趙薇(ヴィッキー・チャオ)。
2回目か3回目の鑑賞。
[PR]
2015年 10月 26日 *
『マジェスティック』1974年 アメリカ リチャード・フライシャー

主人公はスイカ畑の経営者。収穫作業員の確保が元で喧嘩騒ぎを起こして留置場送りとなり、凶悪な殺し屋と出会う。
チャールズ・ブロンソンが命を狙われる話なわけですが、どう見ても立場が逆転してます。
でも『狼の挽歌』といい、こういうの好きです。
[PR]
2015年 10月 25日 *
『トゥルーライズ』1994年 アメリカ ジェームズ・キャメロン

主人公は国家保安組織のエージェント。しかし家族にはコンピュータ会社のセールスマンと身分を偽っていた。
アーノルド・シュワルツェネッガー、チャールトン・ヘストン。
3回目くらいの鑑賞。奥さん役のジェイミー・リー・カーティスがいいのです。
[PR]
2015年 10月 24日 *
『日本侠客伝 花と龍』1969年 日本 マキノ雅弘

『日本侠客伝』シリーズ第9作。
高倉健、星由里子、藤純子。
[PR]