Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2018年 12月 15日 *
『男と女』1966年 フランス クロード・ルルーシュ

寄宿学校に娘を預けている女と、息子を預けている男との恋物語。
有名すぎる主題曲しか知らなくて、どんな内容かという前知識ゼロだったけどようやく見ることができた。
2
[PR]
2018年 12月 14日 *
『木と市長と文化会館 または七つの偶然』1992年 フランス エリック・ロメール

人々が素朴な暮らしを営む小さな市の市長が、屋外劇場やプールを備えた文化施設の建設を計画する。
[PR]
2018年 12月 13日 *
『ちびまる子ちゃん イタリアから来た少年』2015年 日本 高木淳

テレビアニメ「ちびまる子ちゃん」の劇場版。
ちびまる子ちゃんの映画は脚本もさくらももこさんなんですね。
[PR]
2018年 12月 12日 *
『緑の光線』1986年 フランス エリック・ロメール

友人に約束をキャンセルされてしまい、独りでヴァカンスを過ごすことになってしまったパリ娘の憂鬱。
ずっと気になってたエリック・ロメール。ようやく1作見ることができた。女性の気持ちがよくわかってる、という評価に納得。
[PR]
2018年 12月 11日 *
『アントマン』2015年 アメリカ ペイトン・リード

マーベル・コミックの実写映画化。
マイケル・ダグラス、エヴァンジェリン・リリー、コリー・ストール、ボビー・カナヴェイル、マイケル・ペーニャ。
事前に見たポール・ラッドのインタビューでかなり変な人だったから、作中での振る舞いも「素」みたいに見えたけど、そんな人でもないのかなあ。
2
[PR]
2018年 12月 10日 *
『ユナイテッド93』2006年 アメリカ ポール・グリーングラス

アメリカ同時多発テロの際、唯一目的地に達しなかった4機目のハイジャック機の様子を描く。
無理に盛り上げようとしない演出だけど、911の話なのでかなりつらい。夜中に目が覚めて眠れなくなってしまった。
[PR]
2018年 12月 09日 *
『アリスのままで』2014年 アメリカ リチャード・グラツァー/ワッシュ・ウェストモアランド

50歳でアルツハイマー病を発症した言語学教授の話。
ジュリアン・ムーアのインタビューを見て気になってた作品。
アレック・ボールドウィン。
[PR]
2018年 12月 08日 *
『フルスロットル』2014年 フランス/カナダ カミーユ・ドゥラマーレ

2018年、デトロイト市はスラムとなり、壁に囲まれて隔離されていた。市警の潜入捜査官は壁の中に詳しい男と協力し、父の敵でもある武器商人に立ち向かう。
ポール・ウォーカー。
アルティメット』のリメイクとはわからなかった。ダヴィッド・ベルのパルクールアクションすごい!
[PR]
2018年 12月 07日 *
『マクリントック』1963年 アメリカ アンドリュー・V・マクラグレン

大地主の娘が大学から帰郷するため、別居中の妻もやってくる。
ジョン・ウェインの西部劇だけど、夫婦喧嘩のドタバタコメディ。
モーリン・オハラ。ジョン・ウェインの息子のパトリック・ウェインも出てます。
[PR]
2018年 12月 06日 *
『タイタニック』1997年 アメリカ ジェームズ・キャメロン

レオナルド・ディカプリオ、ケイト・ウィンスレット、フランシス・フィッシャー、キャシー・ベイツ、バーナード・ヒル。
2回目か3回目の鑑賞。『ジェームズ・キャメロンのタイタニックの秘密』の後、船をじっくり見たいと思っていたので。
2
[PR]
2018年 12月 05日 *
『フィフス・エレメント』1997年 フランス リュック・ベッソン

2214年、意思を持つ小惑星に世界が飲み込まれようとしていた。連邦大統領は世界を救う5つの要素について知る異星人を呼び寄せるが、彼らは宇宙の殺し屋に殺害されてしまう。回収された細胞から女性を再生するが、彼女は行きずりのタクシードライバーの手を借りて逃走する。
ブルース・ウィリス、ミラ・ジョヴォヴィッチ、ゲイリー・オールドマン、クリス・タッカー。
3回目くらいの鑑賞。
2
[PR]
2018年 12月 04日 *
『ホンドー』1953年 アメリカ ジョン・V・ファロー

夫が行方知れずとなり母子で暮らす牧場に馬を失った騎兵隊将校が訪れ、一夜の宿をと馬を借りて去る。その後で牧場はアパッチの襲撃を受け…。
ジョン・ウェインの西部劇。
[PR]
2018年 12月 03日 *
『ブラジルから来た少年』1978年 アメリカ/イギリス フランクリン・J・シャフナー

ナチスの残党狩りの実績のある老ユダヤ人が、メンゲレ博士をはじめとする旧ナチス党員がパラグアイに集って陰謀を企てているとの情報を得る。それはなぜか欧州や北米などの平凡な公務員94人の命を狙ったものだった。
グレゴリー・ペック、ローレンス・オリヴィエ、ジェームズ・メイソン。
[PR]
2018年 12月 02日 *
『ゴースト/ニューヨークの幻』1990年 アメリカ ジェリー・ザッカー

パトリック・スウェイジ、デミ・ムーア、ウーピー・ゴールドバーグ。
3回目か4回目くらいの鑑賞。
2
[PR]
2018年 12月 01日 *
『哀愁』1940年 アメリカ マーヴィン・ルロイ

英国軍大尉とバレエダンサーが恋に落ち、すぐにでも結婚しようとするが叶わぬまま大尉は戦場へ。娘はこの恋愛騒動でバレエ団を解雇されて生活苦に陥ったうえ、新聞の戦死者欄に大尉の名前を見つけて絶望し、街娼に身を落とす。しかし死んだと思っていた大尉と再会し…。
ロバート・テイラー。ヴィヴィアン・リーは『風と共に去りぬ』や『欲望という名の電車』みたいな強烈な女性のイメージが強かったけど、こういう演技もできるんですね。
[PR]
2018年 11月 30日 *
2年ちょっと使ってきたブラーバのバッテリーに寿命が来たようなので、オーバーホールをお願いした。
取扱説明書には1年半と書いてあるので、こんなもんだろう。
部品代8200円+作業費7000円+消費税。
支払いは配達時の代引きで、クレジットカード可でした。

使用頻度は週3回に落ち着きました。
家具などに当たるのが気になるというより、ブラーバが押した家具などが動いて壁などに当たるのが気になるのと、どうせなら家具などを移動した方がその場所も拭いてもらえるというのと、障害物がない方がロボットもシンプルな動線で動きやすかろう、という考えで、ロボット稼働前に動かせるものは部屋から出してたのだけど、それをするのにけっこう時間がかかっていることに薄々気づいていた。
それで、バリケードを築いたり家具類を移動して戻したりする時間と、自分で床にざっと掃除機をかける時間を計って比べてみたら、掃除機をかける方が少し短かった…。
今後は時間重視というわけで、バリケードとか必要最小限以外の家具類の移動をやめていろいろ試してみたら掃除機をかける時間より短くなったけど、床だけに掃除機をかけるならそんなに時間かからないなーとか、ブラーバより掃除機の方がきれいになるとか、消費電力や床拭きシートのコストは…とか、総合するとどちらがいいのかわからなくなってきてしまった。
とりあえず今ある床拭きシートを使いきるまではブラーバを使い続けるけど、その後はどうするか迷い中。

そもそもブラーバを導入した当初の目的は水拭きだったのですが、これはだめでした。
水が出過ぎるらしく、床がびしょびしょになってしまう。
何が悪いんだろう?ほかの人のはちゃんと用をなしてるのかなあ、水拭き。

あと、特に冷え込んだ昨シーズンの冬に不具合が起きて問い合わせたことがあったのですが、ブラーバは寒さに弱いそうです。
それまでは窓際で充電してたのだけど、家の中心部に替えたら解決した。
精密機器は暑さに注意する必要があるイメージだったけど、寒さに要注意なロボットもいるのね。
そのときついでに、満充電になったら充電をやめてることも話したのですが、満充電になっても外さずそのまま置いておく形で保管する方がいいそうです。
過充電になってしまうと思っていたので、これも意外だった。
[PR]
2018年 11月 30日 *
『炎の戦線 エル・アラメイン』2002年 イタリア エンツォ・モンテレオーネ

第二次エル・アラメイン会戦に派遣された、ある学生志願兵の話。
コレリ大尉のマンドリン』よりはずっと過酷で悲壮なんだけど、やっぱりイタリア兵って日本兵・ドイツ兵と違ってちょっとゆるい感じが漂ってる。
[PR]
2018年 11月 29日 *
黄金のアデーレ 名画の帰還』(リンク先では音声が流れます)2015年 イギリス/アメリカ サイモン・カーティス

主人公はナチスから逃れ、オーストリアから米国へ亡命したユダヤ人女性。ナチスに接収され、今はウィーンの美術館の所蔵品となっている、伯母の肖像画の所有権を主張して裁判を起こす。
ヘレン・ミレン、ケイティ・ホームズ。ライアン・レイノルズ、『デンジャラス・ラン』でアクション俳優だと思ってたけど、こういう役も演じるんですね。そういえば『デンジャラス・ラン』も最初は頼りなさそうな青年がだんだんしたたかになっていく話だった。
2
[PR]
2018年 11月 28日 *
f0013029_18422092.jpg
ポルトガル ダン地方のソイト ブランコ。
エンクルザード80%、マルヴァジア・フィナ20%
辛口だけどきつい感じは全然しなくて、軽くてすっきり。
けっこう酸味がある。柑橘系のフルーティなすっぱさというより、香辛料を思わせるスパイシーなすっぱさ。
f0013029_18422669.jpg
チーズはトリュフのペーストを挟んだブリー・トリュフ。
けっこう繊細なので、口の中をきれいにしてトリュフ部分に集中して味わった方がいいみたい。

[PR]
2018年 11月 28日 *
『バターンを奪回せよ』1945年 アメリカ エドワード・ドミトリク

ルソン島で米軍の指揮を受け活動した抗日ゲリラの話。
ジョン・ウェイン、アンソニー・クイン。
[PR]
2018年 11月 27日 *
『砂漠の鬼将軍』1951年 アメリカ ヘンリー・ハサウェイ

ロンメル元帥の半生。
ロンメル元帥にジェームズ・メイソン。夫人役はジェシカ・タンディだった!
[PR]
2018年 11月 26日 *
f0013029_19072354.jpg
えもじょわさんのレシピでウィークエンドシトロン
うちのオーブンは火力が強いので焼き時間を短めにしたのだけど、それでもちょっとこげこげ。
次回からは焼き時間半分くらいでいいかも。
原因は型の面積が広くて高さがなかったから、というのもあるかな。
次は3倍量で2本焼こうと思う。
アイシングまで茶色いのは素精糖だから。
手元にあった粉糖がオイルコーティングタイプだったので。
と、見た目にはいろいろ改善点がありますが、味はおいしくできました。というか大好きな味!
こんなレモンケーキが簡単に作れるなんて~。もっと早く知りたかったくらい。
[PR]
2018年 11月 26日 *
『太平洋航空作戦』1951年 アメリカ ニコラス・レイ

ガダルカナル島の戦いにおけるアメリカ海兵隊の航空部隊の話。
ジョン・ウェイン。
[PR]
2018年 11月 25日 *
『キング・ソロモンの秘宝2/幻の黄金都市を求めて』1986年 アメリカ ゲイリー・ネルソン

ロマンシング・アドベンチャー キング・ソロモンの秘宝』の続編。
[PR]
2018年 11月 24日 *
f0013029_22195438.jpg
幻の米「亀の尾」を今は絶えて久しい水車精米のように低精白し、木桶でじっくり生酛で仕込む。温故知新、日本酒の原点に回帰した酒は、柔らかな酸が生むキレの良さで新たな感動を与えてくれます。
との説明書き。
儂の酒と同じく山名酒造。
まず日本酒としては見たことのないほどの色の濃さがインパクトあり。
儂の酒がどぶろく寄りの米の風味が濃いタイプだったのに対し、これは見た目だけでなく味も日本酒離れしてる。
木桶の風味が染み込んでいるのか、なんだかウイスキー寄りで新鮮な感じ。
[PR]
2018年 11月 24日 *
ヒトラー暗殺、13分の誤算』(リンク先では音声が流れます)2015年 ドイツ オリヴァー・ヒルシュビーゲル

1939年にヒトラー暗殺未遂事件を起こした家具職人の話。
[PR]
2018年 11月 23日 *
『サハラ戦車隊』1943年 アメリカ ゾルタン・コルダ

北アフリカ戦線で米軍の本隊から外れてしまった一台の戦車。3名の乗組員に英軍兵やフランス軍兵、イタリア軍捕虜を連れたスーダン軍兵、ドイツ軍捕虜が次々と加わり、砂漠の水場を目指す。
ハンフリー・ボガート。
[PR]
2018年 11月 22日 *
f0013029_22043385.jpg
お遣物などを買いにいかりに行ったらパッションフルーツのチョコレートを発見。フランス製。
かなりいいお値段だったけど試しに買ってみたら…。これはひどい。
こんなおいしくないチョコレートは久々だわ。パッションフルーツの味なんてほとんどしないし。
猫の缶はイタリアのカファレル社のチョコレート。なぜか夫が買うと言い張って。
これはまあ悪くない。けどかなり甘いミルクチョコレート。伝統的といえば聞こえはいいけど、今っぽい味じゃないよね。
あとは夫の好物なのでたまに買うストロープワッフル。
[PR]
2018年 11月 22日 *
『トレマーズ』1990年 アメリカ ロン・アンダーウッド

ネバダ州の砂漠地帯にある小さな集落で突然地中から怪物が現れ、次々と人や家畜に襲い掛かる。
ケヴィン・ベーコン、ヴィクター・ウォン。
全米ライフル協会が支持しそうな話。
[PR]
2018年 11月 21日 *
『TAXi3』2003年
『TAXi4』2007年
フランス ジェラール・クラヴジック

『TAXi』シリーズ第3作・第4作。
相変わらずバカバカしいけど嫌いじゃない。
4ではマリオン・コティヤールはもう出てこないのです。
[PR]