人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
ベートーヴェン《運命》&川久保賜紀のシベリウス
2009年 04月 18日 *
芸術文化センター管弦楽団第14回名曲コンサート。
指揮はケン・シェ、ヴァイオリンソロは川久保賜紀。
演目は
ロッシーニ 歌劇「ウィリアム・テル」序曲
シベリウス ヴァイオリン協奏曲ニ短調
ベートーヴェン 交響曲第5番ハ短調作品67「運命」
川久保さんが登場したのはもちろんヴァイオリン協奏曲で、その後アンコールでバッハ「パルティータ」第3番よりブレー。
オーケストラのアンコールは「ウィリアム・テル」より「舞踏曲」。

PACの「運命」…。
井上道義さんのときで懲りているので期待はしていませんでしたが、かなり残念な感じでした。
「ウィリアム・テル」序曲もそうだけど、音が揃わないですねー。
どちらも流れにのってくる後半はわりと良くて「ウィリアム・テル」はまあまあ聴けたけど、「運命」はどうも自信なさそうな音ばかりでラストもガクッて感じでした。
その点、流れるように旋律が続くシベリウスは向いている感じでした。川久保さんが良かったというのもあるけど。
オーケストラが一番良かったのはアンコールかな…。
アンコールのときだけのびのびとした演奏に感じられました。
by pilsnerglass39 | 2009-04-18 22:51 | 展覧会・演奏会・演劇など | Trackback(1) | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/10843834
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from クラシック音楽ぶった斬り at 2009-04-23 23:04
タイトル : カザルスのベートーヴェン:交響曲第7番
当時90歳前後であったカザルス翁の生み出す音楽は、どんな指揮者よりも若々しく、峻烈なベートーヴェンだ。 ... more