人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
『戒厳令』
2009年 12月 15日 *
『戒厳令』1972年 フランス/イタリア コンスタンタン=コスタ・ガヴラス

1970年代、政府とゲリラグループが対立するウルグアイ。アメリカ人技師が革命派の人質とされるが、遺体で発見される。その背景には何があったのか…。
通りすがりの人を銃で脅して次々と車を奪ったり、7人の子供達の父親である一米国市民を誘拐するなど、革命派が過激なのかと思わせておいて、拷問がシステム化した警察を駆使する圧制の真相や人質となった技師の本当の立場などを描いていきます。
最初どこの国の話かわからなかった。
南米でフランス語圏。ブラジルと接している国。…と考えているうちにいくつか国名が登場して、ウルグアイであることをなんとなく把握。
社会派映画で重要人物を演じるイヴ・モンタンは、同じ監督作品の『』を思い出しました。
これ以外の娯楽映画を含めても、初めていいと思ったかも、イヴ・モンタン。
by pilsnerglass39 | 2009-12-15 06:30 | 映画など | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/12493324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。