人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
nutella練り込みパン
2010年 01月 05日 *
カラメルビスケットスプレッドを練り込んだときに倣い、粉の1/2量のヌテラを練り込んでみる。
一次醗酵が済んだ時点でかなり締まった印象を受けたけど、やっぱり二次醗酵でもふくらみが足りない感じ。
仕上がりは、良く言えばもちもちした蒸しパン。
かなりねっちりしていてふわふわ感がない。
チョコレート風味は強くてかなり甘め。
あまりよくなかったので粉の1/4量に減らして再度挑戦。
二次醗酵まで済んで、またあまりふくらまなかったけど、焼成である程度ふくらんだらしく今度はふんわり焼き上がりました。
f0013029_6343540.jpg
それでもやや締まった食感で完全にふわふわではないので、こだま酵母との相性が良くないのかと思ってドライイーストでも試してみましたが、変わりませんでした。
ヌテラをたくさん入れるとふくらみにくいということみたいです。
味は1/4量にしたらほどよい甘さで美味しい。
ただしヘーゼルナッツの風味は、当たり前ですが量を減らすほど微かになっていきます。
単なるチョコレート風味のパンになってしまうかな。
ヌテラのヘーゼルナッツ味を楽しみたいならそのままパンにつけて食べるのが一番ですね。わたしには甘すぎますが…。
あと、カラメルビスケットスプレッドと同じでかなり油なので、たっぷり練り込んだパンは触ると手に油が付く程度には油っぽく仕上がります。
by pilsnerglass39 | 2010-01-05 06:35 | 料理 | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/12609572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。