人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
手ごねバタール
2010年 05月 31日 *
本に載っているバタールの作り方では5~10分こねるとなっているけど、妹によると3分くらいでいいらしい。「こねなくていいんじゃない?ってくらい」だとか。
ってことは、機械で長時間こねてたのは言語道断ですな。

フランスパン系は手ごねで作りましょう。
というわけでついに手ごねパンの世界に足を踏み入れたのでした。

1回目は、全然ダメー。
二次発酵で表面が乾いてしまったのが敗因。

そして2回目。
f0013029_20331692.jpg
やっぱりだめだあ…。
今回はお湯の入った容器を1個置いて二次発酵させたんだけど、それでも少し乾いてしまった。
次はもっとたくさん置こう。
それでもだめなら途中でお湯を取り替えよう。
それでもだめなら途中で霧を吹くかな…。

あと、ちょっと急いでいたこともあって発酵が不十分でした。
この2回は本の通りドライイースト使用。機械でこねたときはどうだったかな。
次回はこだま酵母にしてみよう。

一冊の本に頼らず、もっといろいろなレシピを見て研究してみようという気にもなってきました。
ちょこっと調べたところによると

・オーブンは250℃で予熱して、220℃とかで焼く
確かに予熱しても開けたら温度下がるし、最初にバリッと高温で焼くのはよさそう!

・オーブンの庫内に湯気が上がってる状態で焼く
簡易な方法だと、霧吹きはパンだけでなくオーブンの庫内にも吹いて湯気が上がってる状態で焼くといいらしい。
もっとちゃんとするなら、下段のオーブン皿に石を敷き詰めて水を入れて、それで湯気を上げて焼いてるみたいです。

効果のほどはわからないけど、クープにはあまり霧を吹かない、という話もあったな。

いろいろコツがあるんだな~。バタール。

粉と水分を混ぜたりこねたりする手際も悪い気がする。その辺は数をこなすしかないかな。

本のレシピには入っていないのですが、妹によるとモルトパウダーは絶対あった方がいいとのこと。
それであちこち探したのですが、身近で売っているお店がみつからず。
モルトパウダーだけをネット通販するのもねえ…。
とりあえず妹に頼んで1袋手に入れましたが、今後どうするか考えないとな。
てか、まずは使ってみないと。

発酵が不十分だったため妙にみっしりとしたバタールは、レタスとアボカド、生ハムを挟んで食べました。
パンがもうちょっとましならもっとおいしかったのにな~。
珍しくジャムを買ってみたのですが、アヲハタのマンゴージャム、まさにマンゴー!という感じで当たりでした。
f0013029_2034320.jpg

by pilsnerglass39 | 2010-05-31 20:34 | 料理 | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/13854840
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。