人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
『ダントン』
2011年 12月 21日 *
『ダントン』1983年 フランス/ポーランド/西ドイツ アンジェイ・ワイダ

フランス革命後、ジョルジュ・ダントン
革命時にダントンが果たした役割を見たかったのだけど、革命後からの描写でちょっと残念。
フランス人にとってはわかりきってる話なのでしょうね。
ダントンにジェラール・ドパルデュー。
題名はダントンですが、どちらかというとダントンの扱いに対するロベスピエールの苦悩を描いています。
by pilsnerglass39 | 2011-12-21 06:18 | 映画など | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/16975592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。