人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
ロシア国立ボリショイ・バレエ『ライモンダ』
2012年 02月 11日 *
一糸乱れぬボリショイバレエってどんなものかと思っていたけど、イメージしてたほど完璧に揃ってるわけでもなかった。
そりゃそうか。機械じゃないんだから。
かえって安心しました。
最後の最後にリフトを支えきれず体勢を崩してたしね。

踊りも高レベルだったけど、演奏も良かった。
世界最高峰の踊りにはそれにふさわしい演奏じゃないと完成しないのだと納得。
始まる前にピットでならしてる弦楽器の音が、その時点でハッとするようなまろやかな音色でした。


指揮:パーヴェル・ソローキン
管弦楽:ボリショイ劇場管弦楽団

ライモンダ:マリーヤ・アラシュ
ジャン・ド・ブリエンヌ:アレクサンドル・ヴォルチコフ
アブデラフマン:パヴェル・ドミトリチェンコ
by pilsnerglass39 | 2012-02-11 22:00 | 展覧会・演奏会・演劇など | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/17185461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。