人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
前橋汀子トリオ
2013年 04月 13日 *
前橋汀子さんのヴァイオリンを聴いてきました。
以前、勤めていた会社の行事に前橋さんを招いて演奏していただいたことがあって、そのとき花束贈呈役を仰せつかって握手したのです。
とてもやわらかく、たしか小さな手だったような。
あの手からあの素晴らしい音色が紡ぎ出されるのですね。
ソ連に留学して空気感を身につけたというのがわかるようなロシア音楽でした。
円熟して、逆にロックな部分もあったな。
前橋さんのヴァイオリンは1736年のデル・ジェス・グァルネリウスということですが、千住真理子さんのストラディバリウスより音色が好みでした。楽器だけの問題じゃないのかもしれませんが。

今日はピアノの手がとてもよく見える席だったのですが、ウリヤシュ氏の演奏も素晴らしかった。
グローブのような手が奏でる繊細で軽やかな音色が沁みわたりました。


ヴァイオリン:前橋汀子
チェロ:パヴェル・ゴムツィアコフ
ピアノ:イーゴリ・ウリヤシュ

ラフマニノフ:ピアノ三重奏曲第1番
ショスタコーヴィチ:ピアノ三重奏曲第2番
チャイコフスキー:ピアノ三重奏曲「偉大なる芸術家の想い出に」

アンコール
チャイコフスキー:四季 4月 松雪草
by pilsnerglass39 | 2013-04-13 22:19 | 展覧会・演奏会・演劇など | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/19209405
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。