人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
パンを食べに行ったわけではないが
2013年 05月 31日 *
突然、妹の病が発覚。すぐに手術となりました。
もう退院したけど、今後の治療もあるらしく。
しばらく会ってなかったので、様子を見に行ってきました。

ちょっと前に妹と話題になったのがヴィロン
ついでなので「ヴィロンでパン買って持って行くよ」と伝え、一緒に食べることにしました。
ヴィロンはビゴ氏の孫弟子さんのお店みたいなので、前日にビゴのバゲットも買って食べ比べることに。
結果は、同時に食べなくてもわかるかも。それくらい違うものでした。
粉も焼き方も違ってそれぞれおいしい。
ヴィロンは中も薄く色がついていて、グルテンの多そうなもちもちした感触。
ビゴの中身はもっと白くてさっくりしてる。ヴィロンと比べるとあっさりしててそれほど個性的じゃないけど、一緒に食べた両親は安心できる味というようなことを言ってました。ちゃんと粉のおいしさは感じられるしね。
f0013029_1872721.jpg
夫にも食べさせたかったのでドライトマトのフガスとパテのサンドイッチを持って帰りました。
パテのサンドイッチは、妹宅で食べたときは小さく切って分け合ったので気にならなかったけど、うちでかぶりついたらちょっと脂っこかった。
妹宅にはモツァレラのサンドイッチも持って行ったんだけど、あっちの方がよかったなあ。
f0013029_1872996.jpg
あと、クイニーアマン。
べったり甘いのでもバター臭いのでもなく、食べやすい。
妹のところに持って行った菓子パンはアブリコとショソン・オ・ポム。
ショソン・オ・ポムの中身のりんごってポールみたいなドロドロのイメージだったけど、ヴィロンのは粗みじんでした。
どれも素材の良さが感じられるし、処理が大人の味でとってもおいしかった。
機会があればまた買いたいけど、値段が高いです。
関西はパンどころなので、関西の感覚だと高すぎるかも。
もう少しお値段控えめでちゃんとおいしいパンがあるからなあ。
f0013029_1875259.jpg
妹が用意してくれてたおやつが、オーボンヴュータンのル・トゥルト・フロマージュ。
獣くさいと聞いてたけど、さほどではなかった。
高温で表面を焦がすので、匂いが消えるのかな?
我が夫にも、と少し持たせてくれたので、帰ってから分け合って食べました。
コゲコゲ部分と周りのパイ部分はそんなに好きじゃないけど、中の蒸しパンみたいな部分がおいしい。
ほかに妹宅で食べたのは、オーボンヴュータンとポロネーズ。
オーボンヴュータンはココットの底にポワール酒をしみこませたスポンジが敷いてあって、その上に洋梨入りカスタードクリームが入っていて表面がカラメリゼされたもの。
ポロネーズはカスタードクリームとチェリーのシロップ漬けなどが入ったブリオッシュをメレンゲで覆ったもの。スライスアーモンドの飾りがステゴザウルスっぽい。
f0013029_188246.jpg
もう一つ、ついでに買ってきたのが豆一豆の東京レンガぱん。
ついでというか、品川から新幹線に乗れる経路だったのに、わざわざ東京駅まで行って買ってしまった。
わざわざ行って売切だったら悲しいな…と思ったけど、夕方でもまだたくさん売ってました。
平日だから?それとももう人気が落ち着いた?
f0013029_18835100.jpg
中はバタークリームかと思ったら、カスタードホイップクリームだそうです。
で、なんか、あんこがちょっぴりしか入ってなかった…。
あんこよりクリームの方が多いくらい。
それにしてはあっさりしていて食べやすかったけど、普通のあんパンも買えばよかったかなあ。

とまあ、この記事だけだとなんだかパンやお菓子を食べるために新幹線に乗って東京に行ったみたいになってますが、お見舞いです。お見舞い。
妹は自分の治療のことも大変だろうけど、子供たちの生活もちゃんと回るようにしなければならないのもまた大変なわけで。
近くにいればもっと力になれると思うんだけど、とにかく今後の状況が良くなることを願うばかりです。
by pilsnerglass39 | 2013-05-31 18:09 | 食品 | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/19665423
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。