人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
兵庫陶芸美術館/人と自然の博物館
2014年 08月 19日 *
『アイデンティティとオリジナリティ―現代陶芸新収蔵品展―』という特別展が面白そうだったので、兵庫陶芸美術館へ。
もともとは全但バスの社長の個人コレクションを公開する施設が県に寄贈されたみたいです。
山間に位置する開放的な施設で、周辺には丹波焼の窯元がいっぱい。
すっきり広々とした展示スペースにゆったりと作品が展示されていてなかなかよかった。

お昼ごはんは館内のレストランで食べました。
生パスタの麺がおいしかった。味付けは良くも悪くも家庭的。
間違いで注文と違うものが出てきたのにはびっくりしたけど、大きな窓から山の緑が見えて気持ち良かったのでよしとしよう。

午後は人と自然の博物館へ。
ここには駐車場がありませんが、ダイエーにとめて、帰りに博物館の半券をインフォメーションに持って行けば4時間無料です。
入場料は通常大人210円ですが、クールスポット指定による観覧料減免措置によりなんと100円に。
わたしは極端に暑さに弱いので夏は活動しないことにしてるのですが、この日は車で移動して美術館や博物館にいれば暑くないだろう、という企画でした。ところが…。

人と自然の博物館、暑い!暑いです。

節電のため冷房の設定温度を高めにしているのだと思いますが、わたしには暑すぎてぐったりでした。
もちろん外にいるよりはましだけど、クールスポットと呼ぶにはちょっと…。

肝心の展示ですが「通常210円」にしては面白かった。けどやっぱり210円じゃ維持が厳しいのでしょうか。
展示物が汚れてたり傷んだままほったらかしになってたり、「所詮210円」な雰囲気が漂ってました。
内容的にも、思いつきでいろいろ並べただけ、というような感じがあって、やけに幼稚な装置が置いてあるかと思えば、ものすごく専門的な解説が書いてあったりして、誰を対象にしてるのかよくわからない。
マニアックな部分はとても興味深くて楽しめたけど、痒いところに手が届かないような説明文なので、よくわからないところは覚えておいて後で調べました。まさかそれを狙ってるとは思えないけど。
安い入場料で気軽にたくさんの人に来てもらって裾野を広げた方がいいのか、多少高くてももっと内容を充実させた方がいいのか、難しいところですね。
個人的にはこういう地味な施設は好きなんだけど。
by pilsnerglass39 | 2014-08-19 06:25 | 展覧会・演奏会・演劇など | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/22761782
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。