人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
braava
2016年 07月 31日 *
f0013029_8262628.jpg
ブラーバ買っちゃった。
床拭きロボットというものがあるのを知ったのは、確か今年に入ってからだったと思うから、けっこう即決ですぐ買った方だと思う。
数年前にルンバを検討したときは、本体10万円で2~3年毎にバッテリー交換1万円、というのが高く感じたし、音が大きいというのも在宅で仕事してるわたしには向かないし、すみずみまで掃除できるわけではないので自分で掃除機かけた方がずっときれい、という話だったので、うちには合わないなと。
きっと、毎日掃除機かける時間がなく、留守中にざっとでもロボットに掃除しておいてもらいたい、という人向けなんだろう。
で、ブラーバ。
ルンバに比べたらすごく安い、と思ってましたが、ルンバも今は大差ないくらい安くなってるんですね。
でも拭き掃除、いいです。
まず水拭きを試してみましたが、夏に水拭きすると湿度を上げることに気づいてやめた。
それに水拭きは床磨きであってごみは残るんですね。
乾拭きが掃き掃除に相当するわけです。
うちはほとんどフローリングなので、床掃除はブラーバにお任せできます。
ものすごく便利~。
最初は1回のスイッチオンで広範囲を一気に掃除させようとしてましたが、ドアの陰をどうするかで試行錯誤の末やめました。
ドアを閉めてブラーバを閉じ込めて1部屋ずつ掃除する方が手軽。
玄関は掃除をするときだけ物を置いてたたきに侵入しないようバリケードにしてます。
床を拭いてる音はとても静か。でも壁やドアに当たる音はけっこうゴンゴン言ってます。
当たってる壁や家具が傷んだり汚れたりしないかが気になってるんだけど、今のところ大丈夫そう。
PCデスクだけ、下の隙間にちょうどバンパーが入り込んでしまい、ブラーバ本体の前面が傷ついてきたので、センサーを避けて黒いビニールテープを貼りました。

掃除機のようにごみを吸い取るのではなく、フローリングワイパーをかけているのと同じことなので、つまりごみを引きずり回しているということで、弱点もあります。
敷居のように少し凹んでいるところにごみが残ったり、でっぱりの角にごみが引っ掛かって残ったり。
でもまあそれもたいしたことないので、掃除機で掃除してます。
床掃除はロボットに任せるとしても床より上の掃除は引き続き自分でするので、ついでに床の気になるところだけ掃除機を掛ければいいだけなので。

説明書には床に届く長さのカーテンは巻き込む恐れがあるので持ち上げておくように書かれてますが、ほったらかしで使ってますが大丈夫みたいです。
水拭きは乾拭きでごみを取ってからですね。
水タンクには水しか入れてはいけないけど、床にワックスをスプレーして拭き取らせればいいんじゃないかと思ってます。
by pilsnerglass39 | 2016-07-31 08:31 | 道具・消耗品など | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/25521807
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。