人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
京都で卵サンド
2017年 03月 03日 *
先月のことですが、夫の有休消化を利用して京都へ行ってきました。なぜ京都かというと、彼が気になる卵サンドがあると言い出したからで、そういえばわたしも京都に気になる卵サンドがある、という話になり、では昼と夜で食べ比べよう、ということに。
昼はわたしがチェックしていた喫茶マドラグ。平日だし、と気楽に開店時間ちょっと過ぎくらいに行ったらすでに満席。我々の直前に2組並んだ、と思ったら、既に8組ウェイティングリストに載っていて2時間待ちとか。こんな人気店とは知らなかった。即離脱。後で調べてわかったのですが、すぐ入るには予約が必要なんですね。

近くに野菜ビストロがあり、12時からと書いてあったのでしばらく時間をつぶしてから入ってみたら、15分からだと言われてしまった。ふたりとも空腹だったのでここも諦め、すぐ近くの茶寮翠泉へ。和風カフェのようですが外にランチの看板が出ていてロコモコ丼がおいしそうだったので。喫茶店なので食事はどうかと思ったけど、意外とおいしかった。
f0013029_1952349.jpg
お昼ごはんでいきなりつまづいたけど、気を取り直して食後は二条城へ。ふたりとも修学旅行で来てるけど、考えてみたら関西に住むようになってからきちんと見学するのは初めてかも。時間はたっぷりあるので気のすむまでじっくり見て回り、堪能しました。
f0013029_1953626.jpg
梅林はまだ早かったけど、三分咲きの気もちらほらと。あ、東大手門は大々的に工事中でした。
f0013029_1954977.jpg
毎度おなじみだけど松葉屋の松露。10月に食べた松露がひどかったので、次に来たら必ず買おうと決めていた。繊細なお菓子なのでいつも押しつぶしてしまうのだけど、今回は細心の注意を払い、ほぼ無傷で持ち帰ることに成功。その数日後、近隣のデパートで扱っているのを発見してびっくり。そんな有名店だったとは知らなかったな。これならいつでも気軽に買える!と思ったけど、今回の食べたらなんか風味が変わった…?気のせいかもしれませんが、魅力を感じなかったので当分買うことはないかも。
f0013029_196128.jpg
ぎおん徳屋のわらびもち。あまりにも有名だけど、一回くらいは行ってみようかと。涼菓なので夏の方が需要がありそうだし、2月なら気候のいい時期より並ぶ人が少ないかも、と思って。とはいってもこの日は気温高めだったのであまり関係なかったかもしれないけど。宝泉のわらびもちはもっと固形だったけど、徳屋のはかなりゲル状でした。箸でつまむとスライムみたいに伸びる。おいしいけど、こんなもんか、という気も。たぶんわたしはあまりわらびもちに関心がないんだと思う。葛は好きなので抹茶くずもちを食べたかったけど、4時を回っていたので売切れだった。売り切れてなかったのがわらびもちともちやきぜんざいくらいだったので、ぜんざいも食べました。ぜんざいは宝泉より徳屋の方がずっと好みだった。甘すぎなくて。

さて、夜の卵サンドはグリルグリーン。飛び込みで行ったらすごくびっくりされてしまった。基本要予約で、その日は予約が入ってないので仕込みに専念するつもりだったとか。お客さんの好みをしっかり聞いてそれに合わせたものを出したいので予約してほしいということです。とても気さくな方で、柔軟に対応してその日出せるものでとてもおいしい前菜盛合せを作ってくれました。それからエスカルゴ、鰻のスモーク、ステーキ。ステーキはお勧めなのは知ってたけど、脂の多いステーキは好みじゃないのでローストビーフを選んだら、この日は用意してないとのこと。世間のステーキのように脂の多いタイプではないというので、赤身部分を焼いてもらったら、しっかりしたお肉でかなり好みのステーキでした。珍しい!お酒はビールだけのつもりが、ワインも好みに合っていて、白を1杯ずつ、そして赤は1本開けてしまった。
f0013029_1962319.jpg
そして彼の念願の卵サンド。ここのはオムレツタイプ。マドラグはだし巻らしい。
マスターは「仕込みは事前に済ませてじっくりお客さんの相手をしたいのもあって要予約にしてる」というだけあってかなりの話し好きで、そんなにいたつもりはないのにかなり長時間いたみたいで、帰宅したら予定外の深夜でした。もしまた行くことがあったら、時間切って伝えておかないとだなあ。
by pilsnerglass39 | 2017-03-03 19:06 | | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/27607859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。