人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
鹿児島3日目
2018年 01月 05日 *
朝食のとき、そばのテーブルにホテルのお偉いさんらしきおじいさんがひとりで着席。
ビュッフェなのに若手従業員が料理をどんどん持ってきて世話を焼き、ほかの従業員も次々やって来て新年の挨拶。
おじいさんは従業員を呼び捨て。大きな紙袋からご祝儀みたいなものを取り出しては渡してました。
お得意さんなのか従業員の家族なのか、大人数の家族連れの人たちもやって来てはおじいさんに挨拶。
なんだかよくわからないけど面白かった。

朝食後はバスで知覧へ。中央駅から武家屋敷入口まで1時間ちょっと。
f0013029_20122743.jpg
すぐ目の前に薩摩英国館
守口のティールームに行ったけど、鹿児島の方も目にすることになるとは思ってなかった。こちらは元日で休みでしたが。

さて、知覧の武家屋敷群。
一般公開している個人宅のお庭を見学することができます。
f0013029_20123299.jpg
森重堅邸庭園。
f0013029_20123710.jpg
旧高城家住宅。
ここは現在人が住んでるわけではなく、建物内を見学できます。
f0013029_20124300.jpg
佐多直忠邸庭園。
f0013029_20124894.jpg
手入れの行き届いた街並み。
もしかしたらお正月だからいつも以上に整えられていたのかも。
f0013029_20125309.jpg
佐多民子邸庭園。
f0013029_20125999.jpg
f0013029_20130431.jpg
佐多民子さんのお宅。
f0013029_20131157.jpg
佐多美舟邸庭園。
f0013029_20131631.jpg
鹿児島には石敢當ないなーと思いながら歩いてたのだけど、知覧で発見。
f0013029_20132108.jpg
平山亮一邸庭園。
ここではガイドツアーのグループと一緒になり、ガイドさんの解説がちょっと聞こえてきました。
植込みの手前に置いてある四角い石は鉢植えを乗せるためのものだそうです。
今画像を見返して、佐多民子さんのお庭でそのように使われていることに気づいた。
f0013029_20132709.jpg
平山克己邸庭園。
f0013029_20133610.jpg
西郷恵一郎邸庭園。

次の目的地は知覧平和公園。バスの本数が少ないので歩いて行った。
知覧パラダイスで遅めのお昼ごはん。この時点で帰りのバスの時間ぎりぎりになってしまったので、特攻平和会館は諦めた。
庭園をさーっと流してバスで移動すれば早かったんだろうけど、お庭はゆっくり見たかったし、道端の苔を眺めながらのんびり歩いて行くのも楽しかったのでよしとする。
f0013029_20135131.jpg
宿に戻ったら桜島がモクモクしてた。

晩ごはんは宿泊先でフレンチ。
どこかで1回ホテルで夜に食事したかったので、町なかのお店が一番営業してなさそうな元日にしました。
ほんとは和食がよかったんだけど、予約いっぱいでフレンチに。
今回、城山観光ホテルを選んだのは地ビールがあるから。
f0013029_20135730.jpg
ベルギーホワイトはあっさりめ。
窓の外に桜島。
f0013029_20140593.jpg
万咲IPAはホップが利いていて苦め。枇杷茶ペールエールは緑茶のような後味。この2つは見た目も味も似てる。
日が暮れたけどまだ桜島が見える。
f0013029_20141217.jpg
黒糖スタウト。チョコレートスタウトのような風味でこれが一番好きだった。
f0013029_20142091.jpg
駐車場のところに醸造所があると言われたので見に行ってみた。
旅行社でこのホテルを予約したとき「人気ありますよね。桜島が見える露天風呂があって」と言われたので「あ、そうなんですか?」と返したら、ではなぜここを選んだのか不思議そうな顔をされたので「地ビールが飲めるというので…」と言ったら大笑いされた。
露天風呂もよかったです。
暑がりなので温泉はあまり得意じゃないんだけど、冬の露天風呂は冷気が心地よくて、いつまでも浸かっていられそうだった。星を眺めていられたのも嬉しかったし。
浴場を出たところに売店でも生ビールが飲めたので、湯上がりにも一杯。
by pilsnerglass39 | 2018-01-05 20:29 | | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/29956011
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。