人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
冷房考
2006年 08月 07日 *
冷房は美容と健康に悪いと思って控えています。でも、氷河期のように冷房ガンガンの職場に朝から晩までいると体調がいい。アレルギー体質のせいで汗ばむと湿疹などが凄まじいので考えものです。
ということは、家でも24時間冷房にしてた方がいいのか?
今までは猛烈に働いていたので朝から晩まで職場にいたのですが、仕事を減らして家にいる日が多くなったので暑さに弱いわたしは夏はつらい。気象情報で報道される気温は百葉箱、即ち風通しのよい日陰で計ったもの。ということは、実際に活動している空間の温度は2、3℃は高いはず。わたしじゃなくても体温より気温の方が高いというのは皆さんかなりつらいですよね?
暑くて眠れないので、夜の入浴後から就寝時にかけては冷房をかけていますが、もしかしたら冷房を利かせていた方がわたしにとっては体にいいのかも…。
彼は「そんな全身痒くなってるくらいなら、クーラーつけなさい」とか「寝室だけでもクーラーつけて寝室にこもってなさい」といいます。今までは反発してましたが、よく考えるとそれも一理ある。
ただ、「冷房を使うとその分、外が暑くなる」というヘンなストレスを感じるんですよね。どうして冷暖房、特に冷房を使うことに罪悪感を感じてしまうのでしょう。現実を見つめない分ちょっと病的か。
アレルギー症状がひどいため、彼には「走らなくていいから、昼寝しなさい」と言われています。確かにたっぷり寝た後は湿疹も少しましみたい。でもうっかり昼寝しすぎると夜に寝苦しくなるので難しいところです。
暑くて何もできずに寝てばかりいるより、エアコンディショニングを使ってでも毎日元気に活動した方がいいのかなあ。
ジレンマ、とはちょっと違いますが、こんなことを考え込んでしまう今日この頃です。
よく思うのですが、一度みんなで一斉に冷房を止める、というのをやってみたらどうでしょう。外気温はけっこう下がるのではないかしら。不可能な試みですけどね。
氷河期といえば、次に氷河期が来たら、現代の科学でなんとかできるのかな?
by pilsnerglass39 | 2006-08-07 12:56 | 日々・所感 | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/3011829
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。