人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
braavaバッテリー交換
2018年 11月 30日 *
2年ちょっと使ってきたブラーバのバッテリーに寿命が来たようなので、オーバーホールをお願いした。
取扱説明書には1年半と書いてあるので、こんなもんだろう。
部品代8200円+作業費7000円+消費税。
支払いは配達時の代引きで、クレジットカード可でした。

使用頻度は週3回に落ち着きました。
家具などに当たるのが気になるというより、ブラーバが押した家具などが動いて壁などに当たるのが気になるのと、どうせなら家具などを移動した方がその場所も拭いてもらえるというのと、障害物がない方がロボットもシンプルな動線で動きやすかろう、という考えで、ロボット稼働前に動かせるものは部屋から出してたのだけど、それをするのにけっこう時間がかかっていることに薄々気づいていた。
それで、バリケードを築いたり家具類を移動して戻したりする時間と、自分で床にざっと掃除機をかける時間を計って比べてみたら、掃除機をかける方が少し短かった…。
今後は時間重視というわけで、バリケードとか必要最小限以外の家具類の移動をやめていろいろ試してみたら掃除機をかける時間より短くなったけど、床だけに掃除機をかけるならそんなに時間かからないなーとか、ブラーバより掃除機の方がきれいになるとか、消費電力や床拭きシートのコストは…とか、総合するとどちらがいいのかわからなくなってきてしまった。
とりあえず今ある床拭きシートを使いきるまではブラーバを使い続けるけど、その後はどうするか迷い中。

そもそもブラーバを導入した当初の目的は水拭きだったのですが、これはだめでした。
水が出過ぎるらしく、床がびしょびしょになってしまう。
何が悪いんだろう?ほかの人のはちゃんと用をなしてるのかなあ、水拭き。

あと、特に冷え込んだ昨シーズンの冬に不具合が起きて問い合わせたことがあったのですが、ブラーバは寒さに弱いそうです。
それまでは窓際で充電してたのだけど、家の中心部に替えたら解決した。
精密機器は暑さに注意する必要があるイメージだったけど、寒さに要注意なロボットもいるのね。
そのときついでに、満充電になったら充電をやめてることも話したのですが、満充電になっても外さずそのまま置いておく形で保管する方がいいそうです。
過充電になってしまうと思っていたので、これも意外だった。
by pilsnerglass39 | 2018-11-30 21:25 | 道具・消耗品など | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/30201554
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。