人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
山脇道子『バウハウスと茶の湯』
2007年 05月 24日 *
この頃、友人とバウハウスの話で盛り上がっています。
その友人がバウハウスに興味を持つようになったきっかけが『バウハウスと茶の湯』だというので読んでみました。
1930年代に夫婦でバウハウスに留学した経験が紹介されています。
もっと茶の湯と絡めて日本文化との対比や類似点を描いているのかと思っていたら、茶の湯については生い立ちや帰国してからの生活に関して少し触れているだけだったのでやや拍子抜けでしたが、バウハウスでの生活の詳細な模様はたいへん興味深いです。
現地では苦学生が多かったようですが、山脇夫妻は優雅な遊学だったのですね。昔の御大尽はスケールが違うなあ。
結婚当初は妻が横に並んで歩くのを嫌うほど亭主関白だったという夫。その後については言及されていませんが、欧米で生活してどう変わったのだろうかと想像が膨らみます。
by pilsnerglass39 | 2007-05-24 07:27 | | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/5450537
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。