人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
Zarzuela
2007年 12月 15日 *
f0013029_21251895.jpgNHKスペイン語会話で紹介されていた料理から作る最後の一品はサルスエラ。魚介類の煮込みです。
メルルーサの代わりにアンコウやタラなど白身魚ならなんでもいいそうです。
季節の魚を2種類以上入れるのが美味しさのコツだとか。

作り方は…。にんにく3片、アーモンド6個、パセリ1/2本をすり鉢でつぶしておく。メルルーサ4切、めかじき4切、食べよく切ったイカ1ぱいに軽く塩・胡椒をし、小麦粉をまぶす。フライパンに油を引き、魚とイカの両面をこんがり焼き、取り出しておく。にんにく3片をみじん切りに、玉葱1個、赤ピーマン1/2個、青ピーマン1個を1.5cm角に切る。土鍋に油を引き、これらの野菜と赤唐辛子1本、ローリエ1枚、サフラン10本を入れて弱火で10分間炒める。1.5cm角に切ったトマト2個と粉末パプリカ少々を加え、トマトが炒めあがったら火を強くして、香りづけにブランデー少々を振る。すりつぶしておいたにんにく等に白ワイン250ccを加えて鍋に入れる。水200ccを加えて塩・胡椒で調味する。手長エビ4尾、芝エビ4尾、あさり250gを入れ、蓋をして中火にする。貝の口が開いたら魚とイカを入れ、焦げつかないようときどき鍋を揺すりながら弱火でじっくり煮る。器に盛ってみじん切りのパセリを散らす。

今回はメルルーサもめかじきも手に入らなかったので、タラと鯛を使いました。エビはブラックタイガー、あさりの代わりにはまぐり。
f0013029_2125294.jpgピーマンは手元に赤青2個ずつあったので全部入れてしまいました。
にんにく、アーモンド、パセリをすり鉢で細かくできるものかと思っていましたが、意外ときれいにつぶせました。ある程度切り刻んでからの方がいいかと思いつつ丸ごと試してみましたが、問題ありませんでしたよ。すりつぶすのではなく、叩き潰す要領ですね。丈夫なすり鉢でないと叩き壊してしまいそうです。
魚介類はすべて代替品で仕上げましたが、美味しくできました。
なにより部屋に漂う香りがとってもいいにおい!いかにもスペイン料理という香りでした。
by pilsnerglass39 | 2007-12-15 21:26 | 料理 | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/7067773
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。