人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
『スカイ・クロラ』『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』『イノセンス』
2008年 08月 17日 *
スカイ・クロラ』(クリックすると音が出ます)を観に行ったら、シネマコンプレックスの小さなスクリーンだというのにガラガラ。
この映画をきっかけに押井守祭。
『イノセンス』は初見でしたが、『GHOST IN THE SHELL』は前半と最後のあたりに見覚えあり。すっかり忘れてましたが一度観ていたようです。
こうして『スカイ・クロラ』と『攻殻機動隊』を同時に観るとテーマの一貫性が感じられます。いずれもループする人生に思い悩みつつ受け入れざるを得ない登場人物を描いている。
草薙水素と草薙素子は一文字違いですが、何か関係あるのでしょうか。
『攻殻機動隊』はちょっとグロテスクだけど、そういうのが苦手なわたしでも割と許容範囲でした。
『スカイ・クロラ』はそういった表現方法はまったく違って、すっきりときれい。
空の飛行や地上の生活が雰囲気よく描かれていて、リアルなCGとどこかかわいらしさのある人物との融合も違和感なく、堪能しました。
音のリアルさと音楽の調和の良さは聴いていてびっくりするほど。そして間のとりかたが秀逸です。
ただ、物語には予告編的な予備知識以上のものがなく、なんとなくもの足りなかった。
女性パイロットが皆ヒステリックなのも共感できない一因です。娼婦のふたりの方がよっぽど魅力的に感じました。男性パイロットの諦観のようなものには同調できたのですが。
淡々としてクールな草薙水素の感情の爆発もなんだか唐突で腑に落ちなかった。棒読み調のしゃべり方はわざとなのでしょうか。
キルドレという設定は心に残ったので、原作が気になりました。
ところで、友人が『スカイ・クロラ』を知らないと言うので簡単に説明したのですが、「終戦記念日もあるしちょうどいいよね」と言われました。
いや、そういう反戦映画とは違うんだけどなー。
どうやらあんまり伝わらなかったようです。

『スカイ・クロラ』2008年
『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』1995年
『イノセンス』2004年
日本 押井守
by pilsnerglass39 | 2008-08-17 10:27 | 映画など | Trackback | Comments(0) *
トラックバックURL : https://pilsner.exblog.jp/tb/8855639
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。