人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2006年 02月 15日 ( 1 )
*
*
2006年 02月 15日 *
お姑と趣味が合わなくて、好みに合わないものをもらって困っている人は多いのではないでしょうか。こういうことをここに書くつもりはなかったのですが、ちょっと衝撃的なことがありまして…。
わたしのお姑はおおらかでとっても優しい人なんです。生活様式やものの考え方などが全然違うので、もし一緒に暮らすとしたらかなりキビシイような気はしますが、遠く離れていてお正月と夏休みの各1日一緒に食事をするくらいなので無難にやっています。
で、会うたびにいろいろくださるのですが、その9割以上はうちには不要なものなんです。レースやフリルのたっぷり付いたブラウス・エプロン・ティッシュケースカバー・ハンカチ、奇妙な色遣いのハデハデなバッグ・お財布(「わたしはもう歳だから、若い人に使ってもらおうと思って」って若い人も使いませんから~)、彼が着るはずはないおじさんぽいカッターシャツやポロシャツ(しかもサイズ小さい)、爪楊枝・排水口ネットなどうちでは使わない消耗品、ハイビスカス・波・椰子の木が原色で描かれた南の島の状差し、木彫りのマスコットにわたしの名が刻まれた民芸品、観光地のマスコットがついたキーホルダー・ボールペン、干支の描かれたタオル・湯飲み・箸、ロゴやイラスト入りのマグカップ・小鉢、などなど…。微かな良心の呵責は感じつつ、帰った途端に分別してごみ袋に入れてます。使えそうなものは人に譲ることもあります。
先日その義母から電話がありました。義父が株主優待でいろいろ手に入れるらしいのですが、お米が余っているのでいらないかというのです。お米ならいりま~す!というわけで送ってもらいました。届いた箱に入っていたのは魚沼産こしひかり。喜んでいたら、次の日もう1箱お姑から宅配です。一瞬お米を2箱送ってくださったのかと思ったのですが、なんだかかちゃかちゃ音がします。いやな予感がしつつ開けてみると…。中にはぎっしり食器などが!!もちろん干支・ロゴ・イラストばりばりです。わざわざお金をかけて遠くまで不燃ごみを輸送したわけですね。さすがに今回はげんなりしてしまいました。分別などの手間もけっこうかかったので。
でも今後もその場で拒否はしないと思います。「趣味じゃないのでいりません」ってきっぱり言う人もいますよね。どっちがいいのかよくわからないのですが、あまり会わないししょっちゅう大量にもらうわけではないのでその場は笑顔でお礼を言ってこっそり処分し続けるつもりです。アクリル毛糸を手編みした食器磨きも即捨ててるわたしは鬼ですか?でもものすごい色合いですよ。始めは試しに使ってみましたが、あれって繊維が残るので使い物にならないと思うのですが…。

毎週みているTV番組が2週お休みなので不思議に思っていたら、オリンピックなのですね。ほとんど興味がないもので。