人気ブログランキング |
Ms.Xの覚書
pilsner.exblog.jp
Top
2006年 05月 17日 ( 2 )
*
*
2006年 05月 17日 *
f0013029_1632026.jpgf0013029_1632633.jpgゴーヤーがぐんぐん伸びるので、土の消毒は諦めて植え替えを行いました。大きな葉の陰になってわかりづらいですが、3本のうち左の1本を別の鉢に移しました。少し根が切れた感触が…。移した後は、くたっとしてましたが少し元気になってきたので大丈夫そうです。

鉢にわいて出てくる羽虫は、どうやら土の消毒が一番有効なようです。すべての鉢の土を消毒したいところですが、種を蒔いたり芽が出たりしたばかりのところなので当面は諦めます。時期が来たら順次、黒袋に入れて熱消毒したり熱湯をかけたりしようと思います。
2006年 05月 17日 *
アレルギー体質改善のため、冷水浴を始めました。
昨日も書いた小山内博さんが提唱していた健康法で、副腎が鍛えられるそうです。快適に整えられた環境で育った現代人は副腎の能力が低下していることが多く、副腎皮質ホルモンの分泌が不十分なので外部刺激に対する過剰反応であるアレルギーが抑えられない、という考えから、寒冷刺激で副腎を鍛えることを勧めています。
参考にしている本は
新潮社『今すぐできる体質改善の新常識』小山内博 高木亜由子
「朝食抜き」などちょっと首を傾げてしまうこともあってそんなに傾倒しているわけではないのですが、冷水浴は科学的にも説得力があるので納得できます。地域ぐるみの健康改善など、かなり実績があるようです。妹の子も乾燥肌が良くなってきれいになってきたと言っています。
方法は簡単。お風呂から上がるとき、よく温まってからシャワーで1分間水を浴びます。手桶なら10~20杯だそうです。
いきなり冷水を浴びるのはなかなか思い切れないので、ぬるいシャワーを浴びながら徐々に温度を下げていくと比較的ラクです。完全に水になってから1分浴びます。
本には頭から浴びる、とありますが、わたしは長い髪が冷水で濡れてしまうと手間なので顔から下にしています。お風呂から出た後は、温まって出たときのように湿気がとばずいつまでも肌が濡れたままなのでしっかり拭き取らなくてはならず、バスタオルがびしょびしょになります。逆にいえば、乾きにくいので感想肌の人にはいいようです。
本でも夏に始めることを勧めているので、この健康法を知ったのはお正月でしたが、暖かい気候になるのを待って始めました。ただ、夏~秋~冬は毎日均等に気温が下がるわけではなく、ある日急に寒くなりますよね。そうなったらつらいのでは…と少々心配です。が、それまでに水掛けに慣れてしまえば大丈夫なのかな。あと、子供の頃に、夏に水風呂に入ると火照ってかえって暑くなる、と言われていたのですが、真夏の水掛けがどうなるか興味深いところです。浴びるのは気持ちよさそうですけどね。
本当に丈夫になれるかわかりませんが、とにかく続けてみようと思います。水を浴びるだけで簡単ですし、副作用とか悪影響もなさそうですしね。多少の気合は要りますが…。